ウィークエンドトリップ
6月4日(土)
 今日明日の1泊2日でカナダへ週末旅行をすることになりました。シアトルのあるワシントン州はアメリカの最も北西にあって、その中でもシアトルは北の方に位置しています。(北緯47度でサハリンと同じくらいです。)カナダとの国境までI-5で2時間くらい、カナダ第3の都市バンクーバーまで3時間ほどで行くことができるのです。

c0030967_123396.jpg 朝9時半にアパートを出てI-5を北上、11時くらいに国境近くまで来てしまったので、いったんフリーウェイを下りて海のほうへ走ってみました。国境ギリギリに細く突き出したSemiahmooという岬の突端を目指します。どうも先っぽが気になるのです。(笑)先端にはマリーナとヴィラ、テニスコートなどのリゾート施設がありました。船着場から対岸のカナダを眺めたのですが、本当にすぐ近くでした。
c0030967_1232053.jpg

c0030967_1255872.jpg 再びI-5に乗ったのですが、合流するなり長い渋滞です。どうやらイミグレーションがとても混んでいるようです。日曜午後の中央高速小仏トンネル付近のように、全然動かない長~い車の列!じりじりと待っているうちに12時半を過ぎたので、作ってきたサンドウィッチを食べてお昼にしました。持ってきて良かった~。食べ物も無くこんな渋滞に巻き込まれたら、すごくイライラしたと思います。道路の両側は芝生の広い公園のようになっているのですが、この芝生を越えてワゴンを押してくる男の人がいました。ワゴンには発電機とクーラーボックス。飲み物でも売る気かなぁ、と思ってみているとワゴンを押したまま道を渡ってきます。2列で渋滞している車の間にワゴンを押し込んで、なんと路上でアイスクリームを売り始めました。こんなんあり?
 結局1時間半ほど待ってドライブスルーで入国審査、この時半年有効のビザありならばそのまま通過できるのですが、我々は持っていないので奥の建物で車から降りて審査を受けました。審査官のオネーチャンの質問がかなり細かくてびっくりしました。以前、デトロイトからカナダのウィンザーに入ったときは、ドライブスルーで簡単に入れたのに・・・。やっぱりテロの影響でしょうか。

c0030967_1271764.jpg なんとかカナダに入国できたのですが、ずいぶん時間がかかってしまいすでに2時近く。とりあえずバンクーバーに向けて走りました。市内を適当に走ったんですが、さすがに地図が無くては不便なので本屋で購入。USドルも普通に使えて便利です。それからダウンタウンのインフォメーションセンターに向かいました。バンクーバーは高層ビルの林立する大都市ですが、すぐ後ろには山々、手前には海があってとても美しかったです。ダウンタウンからノースバンクーバー地区に渡り、車で20分ほどのカピラノ渓谷というところに行ってみました。入場料がカナダドルで25$ほど。た、高い・・・。それでもせっかく来たのだから、と入場。
c0030967_1281716.jpg
 ここのいちばんの見物は高さ70m、長さ140mほどの吊橋です。思ったほど揺れなくてちょっと物足りなかったかなぁ。でも、橋の中ほどから見る景色は素晴らしく、谷底を流れる川も透きとおってキレイでした。ヴィッキーがいたら鼻ピーでうるさいに違いありません。橋を渡りきると林の中のトレイルがあって、手軽に森林浴気分が味わえました。樹齢300年ほどの針葉樹の幹を繋ぐように架けられているミニ吊橋もありました。その名もTree Top Adventure、地上30mくらいの高さで、木々の間を歩いて渡れるようになっています。トレイルを一回りして、再び吊橋を渡って戻りました。
c0030967_1284960.jpg

 すでに7時近かったので、まずはホテルにチェックインしてから食事に行くことにしました。バンクーバーは良いレストランがたくさんあるようなのですが、あまりリサーチしていなかったので、インフォメーションセンターにチラシが置いてあったMilestone'sというお店へ行ってみました。イングリッシュベイに面したとても良いロケーションで、沈み行く夕日を眺めながらテラスで食事ができました。食事の後、夜のビーチをのんびり車へと歩きながら空を見上げると、北斗七星がほぼ真上にありました。さっきの夕日も北寄りに沈んでいったし、ここは北緯50度に近い北の街なんだなぁ、と改めて実感したのでした。
c0030967_1212162.jpg

[PR]
by p-kom | 2005-06-04 20:58 | 旅行
<< 念願のオルカに遭遇 お買い物ツアー♪ >>