キレイ、楽しい、美味しい
6月20日(月)
c0030967_0385670.jpg

 早朝、ヴィッキーとコテージ周辺をお散歩。朝は涼しいんだけど蚊が多い!昨日の夕方もあまりの蚊の多さに閉口したのです。ヴィッキーがオシッコしてると、あれよあれよという間に蚊の大群が・・・。これっていつものことなんでしょうか、それとも今年が特別?
 朝ごはんを食べてから、いよいよ観光スタート。ニセコパノラマラインを走って岩内に下り、そこから積丹半島をグルッと回って余市を抜け、小樽でお寿司の晩ご飯を食べてからニセコに戻る、という盛りだくさんなコースです。

c0030967_0365787.jpg ニセコの山々を間近に見るパノラマラインは、道路脇に結構雪が残っていました。広い雪原があったので車を停め、しばし季節外れの雪遊び。ザラメのような雪だったけどヴィッキーは嬉しかったようです。岩内を通過し泊で鰊御殿を見学して、いよいよ積丹半島の周回道路です。去年の夏も走った道なんですが、秋の台風直撃で高架橋になっている部分が崩落し、復旧しているかどうか不明・・・。かなり大規模に崩れちゃってたし、どうかなぁと心配していたんですが、なんと仮設の橋が完成してました。やっぱり生活道路だし、頑張って復旧させたんでしょう。


c0030967_0404832.jpg

c0030967_042502.jpg 日本海に面した荒々しい断崖絶壁を眺めながら、神威岬へと向かいました。海が見渡せる山門のような場所までは、駐車場から坂道を300mほど登らなくてはなりません。母には無理かなぁと思ったんですが、美しい積丹ブルーの海をぜひ見て欲しくて、車椅子を押していく覚悟を決めました。でも母は自力で歩く、と言います。で、本人の意思を尊重して、ゆっくり一歩ずつ坂道を登っていきました。ヴィッキーは知らない場所に来ると我先に進もうとするんですが、母が一緒のときは不思議とゆっくり歩きます。これがハタから見るととっても良いコに思えるんでしょうね~。さかんに「いい子ね~」「えらいわね~」と観光客から声がかかったんですが、それは普段の姿を知らないからで・・・。神威岬から見る海の美しさは、1年前と変わっていませんでした。ちょうどカンゾウが咲き乱れていて、緑にオレンジ色が映えてとてもキレイ。頑張って歩いた母もとても満足そうでした。やっぱり登ってきて良かった!
c0030967_043310.jpg

 神威岬を後にして半島を時計回りに走り、夕方5時前に小樽に到着。いよいよ本日のメインイベント、去年感激した富士鮨での夕食♪早めにご飯を食べてから、ライトアップされた小樽の街並みを散策するプランです。このお寿司屋さんは、積丹の新鮮な魚介類を使っていて、安くて美味しいのです。旬のにぎりコース、なんと12カンで2800円。安いっ!これだけでお腹いっぱいだったんですが、他にも美味しそうなネタがいろいろ。で、バフンウニ(コースにはムラサキウニが入ってました)・活蛸・キンキ・カンパチなどをお好みで注文。ふぅぅ、食べ過ぎた・・・。
 日が暮れてライトアップされた小樽の運河周辺はとても情緒があります。ヴィッキーを車で待たせ、母を車椅子に乗せて、涼風の吹く街をゆっくりと回りました。ガラス工芸のお店を覗いたり、明治時代に建てられた石造りのビルを眺めたり。母も目をキラキラさせて楽しそうにしていました。それから夜道をひたすらニセコに向けて帰りました。コテージに着いたら10時近く。疲れたけど、充実した1日でした。
[PR]
by p-kom | 2005-06-20 21:07 | 旅行
<< 母のキャンプ初体験 こうなったら遊びまくってやるぅ。 >>