ア~ア~、アアアア、ア~、ア~♪(笑)
6月22日(水)
c0030967_137324.jpg

 早いもので、北海道旅行も最終日。今日は麓郷を午前中にまわって、それから苫小牧に向かう予定。
 朝、ヴィッキーが車の中でヴォンヴォン吠えていました。どうしたんだ~?とトレーラーからもぞもぞと出て見ると、なんと我々のサイトに羊さんたちが・・・。このキャンプ場では羊が飼われていて、このコたちが勝手気ままにキャンプ場内をお散歩しているのです。昨夜、オーナーさんが私たちのリビシェルを尋ねてきたときに伺ったんですが、けして放牧しているわけではなく、羊さんたちが自分の意思で柵を飛越え、サイト内の草を食べ、また柵の中に戻っていくそうです。飛越えるとわかっていても柵を高くしないあたり、確信犯と見受けられます。(笑)でも、突然の訪問者を喜ぶキャンパーが大半だそう。羊さんたちもとても慣れていて、仔羊をなでても親羊は文句言いません。
c0030967_1373455.jpg

 でも、ヴィッキーには歓迎せざる客だったのか(あ、ヴィッキーが客か。)、背中の毛を逆立てまくって吠えてました。実は昨日、リビシェル設営中に草っぱらを爆走していたヴィッキーは、やっぱり羊に遭遇してビビリまくってしまい、車に緊急避難したのでした。で今朝は昨日の雪辱を晴らす!とばかりに、車から降りるや否や、すごい勢いで羊さんたちを蹴散らしていました。柵の近くまで追い立てていってから戻ってきたヴィッキーは、エラい得意そうだったけど、それってちょっと恥ずかしい・・・。
c0030967_1382163.jpg

c0030967_1383716.jpg チャチャッと朝ごはんを食べて撤収し、いったんキャンプ場を出て麓郷地区へ向かいました。母は20年位前の『北の国から』のドラマシリーズを見ていたそうです。私はドラマシリーズは最近DVDで見たけど、リアルタイムでの放送は記憶にありません。おかあさん、いったい何処で見ていたんだろう。(笑)『拾ってきた家』『五郎さんの石の家』『麓郷の森』などを見てまわりました。あまり足場が良くないので、車椅子に座った母がヴィッキーのリードを握り、私が車椅子を押します。この時もヴィッキーはしずしずと車椅子の横について歩くので、完全に介助犬と誤解されてました。フラットの介助犬、いたらすごいと思います~。
 キャンプ場から麓郷へ続くベベルイという地区には陸上自衛隊の演習場があります。(このところ演習に精を出しているらしく、時折ドォォォ~ンというお腹に響く砲弾の音が聞こえてました。)その演習場の脇に農業用水のような小川のような水路があって、ここが実に水遊びにピッタリ。昨日すでに目をつけていたので、麓郷からの帰り道にちょっと遊んじゃいました。
 お昼にまたキャンプ場に戻りました。このキャンプ場、ジンギスカンが食べられる施設があって、これが地元の人も絶賛、というほど美味しいらしいのです。ちょっと厚めの生ラム肉に玉ねぎだけのシンプルなジンギスカンが、なんと780円!ライス200円と野菜盛300円、合計1280円で頬っぺたが落ちるほどのジンギスカンが食べられます。富良野に行く予定のある方、ぜひお試しを!普段はあまり量を食べない母も、お肉もご飯もペロッとたいらげました。
 最後のランチが大満足で良かった~。あとはひたすら苫小牧を目指すだけです。占冠・日高を抜け、海沿いに出て苫小牧へ。ずっと晴れていて暑いくらいだった6日間でしたが、フェリーに乗る直前に雨が降り出しました。母は超晴れオンナなのです。ヴィッキーもそうだし、私もまぁ、その部類かな。ということで、オンナ3人の北海道旅行、とても楽しかったです♪シアトルで休み無く働いているてっちん、私たちだけ楽しくて美味しい思いしちゃって、ごめんね~。
[PR]
by p-kom | 2005-06-22 22:05 | 旅行
<< いつもの土曜日 母のキャンプ初体験 >>