ふたたびシアトルへ
7月17日(日)
 夕方5時55分発のUA便で成田より飛び立ちました~。今回はマイレージの特典旅行でサンフランシスコ経由なんですが、ギリギリまでサンフランシスコ~シアトルの便が決まらずやきもきしてしまいました。結局3時間待ちの乗り継ぎで、無事シアトルに到着。1ヶ月ぶりにあったてっちんは髪の毛もヒゲも伸び、かなーり怪しい人相になってました。(笑)
c0030967_16174923.jpg

c0030967_16274087.jpg 乗り継ぎは時間がかかって疲れるんですが、サンフランシスコからシアトルまでの約2時間は、景色がきれいで楽しめました。カリフォルニア・オレゴン・ワシントンの西海岸各州上空を北上していくので、山や湖がたくさん見えました。カリフォルニア上空はちょっとウトウトしていて見逃したんですが、ちょうど1時間ほど経った頃、まん丸の湖が見えてきました。湖面が恐ろしいくらい真っ青で、湖の外周をグルッと山が取り囲んでいます。まるで大きな隕石でも衝突してできたクレーターのように丸いのです。あとで調べてみたら、なんとその名もクレーターレイク。でも隕石が衝突したのではなく、7000年前に火山が噴火して、その頂上が陥没してできたそうです。湖面の標高は2100m!そして水深が約600m!!アメリカで一番深い湖だということでした。うわー、行ってみたい!
 そのクレーターレイクを過ぎてしばらくすると、ポートランドの街とマウントフッドが見えてきました。6月にセントヘレンズ火山に行ったとき、遠くに輝いていたマウントフッドを、今日は上空から眺めました。1ヶ月ちょっとの間に雪はかなり溶けてしまったようでした。

c0030967_16201790.jpg

 そして、すぐにセントヘレンズ火山とマウントアダムズが。セントヘレンズの周囲だけ木々が枯れているのが、上空からだとハッキリとわかります。馬蹄型の火口が開いている北側が特に広範囲に茶色くくすんでいて、裾野を流れる川に沿って荒地が広がっているのは火砕流の影響でしょうか。ひと月前は実際に山の近くから見て感動して、今度は上空から全体を眺めてあらためて自然の力の凄さを実感しました。火口からまだ噴煙が上がっているのも確認できました。
c0030967_16204762.jpg

 今日は快晴なので、マウントレーニアもその優美な姿を現していました。6月に雪が降っていたParadiseも、今頃はきっとお花畑が満開になっているはず。もう1回行ってみたいなぁ。
 さて、今日から8月5日までシアトルに滞在します。てっちんの仕事が佳境を迎えているので、どこかへ出かけるわけには行かないけど、こちらの日常をお伝えしていきたいと思います~。
[PR]
by p-kom | 2005-07-17 20:50 | 旅行
<< やっぱ晴れオンナなのか・・・? またもやお留守番 >>