シアトルの夏祭り♪
7月30日(土)
 7月最後の週末です。でもてっちんは仕事、結局7月は1日もお休み無しで働いてます。体、大丈夫かな・・・。装置の水没試験でPier(岸壁)で仕事しているてっちんを、ランチ持参で訪ねてみました。真っ青な空の下、海の傍にいると仕事とはいえ気分良さそう。でも肝心の仕事のほうは、この期に及んでなんやかやとトラブルが発生して、シアトルの空のようにスカッとはいかないようです。
c0030967_21423436.jpg

 しばらく作業を見学していたのですが、なかなか進まないので、車を借りて対岸のAlki Beach(アルカイビーチ)に行ってみることにしました。シアトルダウンタウンの南に半島のように突き出しているエリアで、ここからは海越しにシアトルの街並みが一望できるのです。夜景がとても美しいことで知られていて、絶好のデートスポットだそう。一度、夜に来てみたかったのですが、実現できませんでした。
c0030967_21424935.jpg 小さな半島を回る周回道路に沿って車を走らせます。道の右側は海で、その向こうにダウンタウンのビル群を眺めながら北上します。一番北側のポイントには、ポケットパークのような場所がありました。そこから道は半島の形をトレースするように南西方向へ。今度は海の向こうに、オリンピック半島と小さな島々が見えます。道の反対側には、リゾートマンション風のオシャレな建物がズラーッと並んでいました。今日は土曜日なので、ビーチ周辺は大混雑。まるで夏の江ノ島状態でした。でも、そんな海水浴風景がオシャレ~に見えるのは何故?(笑)
 ちょっと車を停めてビーチを歩いてみようと思っていたのですが、停められる場所も無いし、すごい人だし・・・、でUターンして来た道を戻り、岬のポケットパークでしばしボォ~っと休憩しました。日差しは強いんだけど海風が涼しくて、ベンチでついウトウトとしてしまいました。
 3時間くらい過ごして岸壁に戻ると、ちょうど試験が始まるところでした。6時くらいまで見学して、てっちんはまだ仕事なので一人でバスで帰ることにしました。ところがバスがダウンタウンの手前に差し掛かったところから、ピタッと進まなくなってしまったのです。最初は特に気にすることも無くぼんやりしていたんですが、さすがにこれはおかしいと思って外を見ると、なんとマラソン大会をやってました。(笑)シアトルは今Sea Fairというお祭り中で、これは1ヶ月くらいやっているようなんですが、どうやら今日が最高潮だったようです。夕方からトーチランというマラソン大会、そしてその後にパレードがあるようです。

c0030967_21435596.jpg で、全然進まないバスを降りて、少し歩いて別のバスに乗り換えることにしました。街中に入ってビックリ!ものすごい大勢の人が沿道に陣取り、マラソン大会の応援をしています。えっ、これってそんなに盛り上がる大会だったの?と不思議に思いましたが、実はこの後のパレードを見物するための場所取りだったのでした。パレードは4thストリートに沿って、ダウンタウンを縦断するそうです。そのため4thは通行止めでバスルートもかなり変更されていました。適当なバスをつかまえてアパートの近くで降りて歩いていくと、すでにパレードが始まっていました。アパートはちょうど4th沿い、ところがパレードの列が延々と続いていて道が渡れません。アパートの前まで来ていながら帰れない~。仕方ないので雑踏整理をしていた警官に事情を話して、ササッと渡らせてもらいました・・・。
c0030967_21441118.jpg

c0030967_21444865.jpg 6階の部屋の窓からパレードが見下ろせました。特等席です。ビールを飲みながらしばしパレード見物です。様々な形の巨大バルーンを引いて進む列や、いろんな国の特色を出した列、チアリーディング、山車のようなものまで・・・。パレードは延々と10時くらいまで続きました。このパレードのために街中いたるところ通行止めなので、てっちんに電話して状況を報告。

c0030967_2145229.jpgアパートの向かいには消防署があるんですが、パレードの最中も何回か消防車が出動していきました。けたたましいサイレンが鳴り響くと警官たちがパレードを止め、消防車が走り出て行きます。しばらくするとサイレンの音も賑々しく消防車が帰ってきます。沿道を埋め尽くした観衆たちが「Woooohhh!」と歓声をあげ、消防士たちは笑顔で手を振って応えます。うーん、さすがアメリカ。っていうか、日本だったら消防署の前の道を通行止めにして3時間もパレードしませんよね?
c0030967_21543785.jpg
 パレードの最後の方に登場した↑の海賊船、なんと空砲をズガァァァーーンと鳴らしながらやってきました。最初は何事が起きたのかわからず、花火が暴発したのかと思うくらいの大音響でした。こんなのも許されちゃうんですね、アメリカってよくわからない・・・。
[PR]
by p-kom | 2005-07-30 20:46 | 旅行
<< てっちん、お疲れ様 ひとりでマリナーズ >>