錦秋キャンプ
10月22日(土)-23日(日)
c0030967_12111343.jpg
 てっちんが来週からまた下関に行ってしまうので、過密スケジュールを縫うようにキャンプしてきました。直前まで行けるかどうかわからなかったため、近場の穴場(笑)を探して決行。土曜日の朝もてっちんは仕事関係の大量の英文メールを書くのにてんてこ舞い。お昼に近くなっちゃったけど、ともかく出発です。目指すは『奥利根自然の森キャンプ場』。偶然見つけたこのキャンプ場、『キャンプ場』という名前はついてますが、実際はトレッキングする人のための駐車場で、「野営したかったらしても良いよ」という程度のものです。なのでトイレはあるけど水場は無し。でも何と無料なのです~。関東エリアで無料は貴重だ!

c0030967_12112734.jpg 関越を水上ICで下り、奥利根方面へ向かいます。やがていくつかのダム湖があるエリアを通り過ぎます。藤原湖、奥利根湖、奈良俣湖などがありますが、10年前奥利根湖でカヤックをしたことがあります。今はどちらかというと奈良俣湖でカヌー・カヤックがさかんみたいです。来年は奈良俣湖でやってみようかな。
 やがて道はだんだん狭くなり、照葉峡に差し掛かります。ここは紅葉の名所。今まさに紅葉の最盛期で、いくつもの滝が連なる渓谷に赤・オレンジ・黄色の紅葉が美しかったです。錦秋、という言葉がぴったりでした。
 高度が増すに連れて、紅葉の度合いが変化します。麓の水上ではまだ少し色づく程度でしたが、照葉峡は最盛期、さらに登ったキャンプ場周辺はすでに見頃を過ぎ、ブナの林もかなり落葉していました。キャンプ場は広い駐車場で、車が40~50台くらい停められそうなスペースのすぐ脇にテントを張れば、なんちゃってオートキャンプの体裁がとれます。到着は3時ごろでしたが、ほぼ満車状態。でも大半がトレッキングや観光客の車で、実際にテントを張っているのは7~8組くらいでした。

c0030967_1212023.jpg この駐車場から荷物を担いで小川の橋を渡ると、ブナの林の中で野営も可能です。駐車場は落ち着かないような気がしたので、エッチラホッチラ荷物を運んで、ブナの落ち葉の上にテント&タープを設営しました。駐車場から少し離れただけなのに静かで、この雰囲気が無料で味わえるのなら大満足です。水場は無いので、水は家から持参しました。
 暗くなる前にワインを開け、のんびりと夕食の支度をしているうちにだんだんと冷えてきました。小雨もパラついて寒いので、焚火にあたりながらご飯。あっという間に真っ暗になり、お腹も膨れ、薪も底をついたところでテントにもぐりこみました。時計を見たらまだ7時半。ビックリです。9時くらいかなぁ~と漠然と思っていたのに。てっちんはテントの中で仕事する、といってパソコンを開いたのに、すぐに眠くなってしまって、そのまま就寝。しばらくすると雨が激しくなって、雷も鳴り出しました。駐車場にテントを張っていたおじさんがアイリッシュを連れていたんですが、そのコがウォ~ンと吠えてました。ヴィッキーは雷には無反応で爆睡です。
c0030967_1213264.jpg
てっちん、ネズミ男みたいだ~


 雨は強くなったり弱くなったり一晩中降っていました。朝6時、ヴィッキーにオシッコをさせようとテントのファスナーを開いてビックリ!なんと雪に変わっていました。初雪です。早朝からトレッキングしようかなぁ~と考えていたのに、いきなり出鼻をくじかれて2度寝。起きたのは8時過ぎで、12時間くらい睡眠を取ってしまいました。ここんとこの睡眠不足がかなり解消されました。
c0030967_12155537.jpg
雪の重さでタープがたわんでます・・・

c0030967_12185847.jpg 雪がちらつく中、朝ごはんの準備。体を温めるため、具沢山の煮込みうどんを作りました。今回はゴミをなるべく少なくするように、野菜ものは殆ど冷凍のカット野菜を使いました。夜は冷凍ロールキャベツと豚肉、ひよこ豆の水煮パックとトマト缶でポークビーンズを作り、朝は冷凍和風野菜と夜のお肉の残りで煮込みうどん。ゴミも少ないし、冷凍食品はそのものが保冷材になっていい感じです。
 ヴィッキーはほんの少しだけ積もった雪ではしゃぎまわり、盛んに『遊ぼう!』オーラを発していました。タープに降り積もった雪を落としていたら、落ちてくる雪の下に入って大喜びでした。やっぱりアホアホ犬です・・・。



c0030967_12245358.jpg
道端に雪が残ってます

 ご飯のあと、テントを撤収。雪は氷雨に変わり、ご飯を食べているうちに止んでくれたので助かりました。片づけを全て終え、なんとか天気がもちそうだったので、少し山歩きをすることにしました。キャンプ場から森に入り、沢を越えて、ぬかるんだ山道を登ります。ヴィッキーは浮かれまくって、泥を跳ね上げながら行ったり来たりを繰り返してました。ところどころ激しくぬかるんでいるので歩きにくいのですが、色とりどりに染まった山々を眺めながらのトレッキングは気持ちよかったです。
c0030967_12261395.jpg
田代湿原に到着~

 キャンプ場から距離にして片道2.5km程度、標高差にして180m程度を、のんびりと田代湿原まで往復しました。天気がよければ田代湿原から南西方向に武尊山が望めるはずです。武尊山は標高2160mほど、来年の良いシーズンに登ってみようかな、と考えています。
c0030967_12262674.jpg

[PR]
by p-kom | 2005-10-23 23:20 | アウトドア
<< ひ、ひみつ基地が・・・。 いいトコ、めっけ! >>