さすがっ!
1月28日(土)
c0030967_12281816.jpg
 家造りは少~しずつ前に向かって進んでます。本日は建築デザインをお願いしている高野保光さんから、第1回目のプラン提案をいただく日です。去年の暮れ、要望や希望をまとめた資料を提出してからひと月半。どんなカタチを見せてくれるのか、とても楽しみにしていました。
 打ち合わせは阿佐ヶ谷の遊空間設計事務所で13時半から。で、その前にヴィッキーを秋が瀬公園に連れて行きました。青空に映えるメタセコイアの樹形がとてもきれいな、お気に入りの場所でまずはボール遊び。先週の雪が溶けた影響か、地面がどろどろでヴィッキーの足も泥まみれ。で、その足でお構いなく靴を踏むもんだから、私たちの靴も泥まみれ。あーあー、これから都会に行くのに・・・。
c0030967_12283042.jpg
 それにしてもヴィッキーは嬉しそうだなぁ。ヴィッキーとボール遊びするには、少々コツがいります。何が何でもすぐにボールを取りたいヴィッキーは、人間がボールを拾うそばからくらいつきます。普通のスピードで拾うと、投げる前に持っていかれます・・・。だから、ヴィッキーの目を見据えながら、ゆっくりとした動作で拾わなくてはなりません。この間、ヴィッキーは前脚をプルプルさせながら体勢を低く構えて、いつでもダッシュできる状態をキープ。
 さて、無事ボールを拾い上げても、まだ気を抜いてはいけません。大きく振りかぶったりして、手が体の後ろに行った瞬間にジャンピングインターセプトされます・・・。ブンブンボールの場合は、確実に持っていかれます。ヴィッキーに届かない位置でモーションを開始しなくてはならないのです。
c0030967_12284111.jpg
 で、投げると同時にダッシュ!ものすごい勢いでボールに突っ込み、草や土も一緒に咥えて戻ってきます。でもすぐにはボールを放しません。投げてもらいたいくせにボールを放さない、訳わかんないヤツです。「オシマイ!」と目を見ながら言うと、ポロッと落とします。人間の手に直接渡すなんていう芸当は、絶対に無理。
 落ちたボールを見ながらピョンピョン垂直飛びして、「投げて~」ってアピールするんですが、これはジェミニから教わったみたいです。それでボールを拾おうとすると、すかさずインターセプト・・・。この繰り返しが延々と続きます・・・。

 とりあえずヴィッキーのガス抜きをして、そのまま車で阿佐ヶ谷へ。事務所のミーティングルームのテーブルの上に、将来の我が家の模型が乗っていました。おお~、すごい。イメージどおりだぁ。文字だけの要望書から、実に見事に形にするものです。さすがプロ。特にファサード(道に面した正面の意匠)が気に入りました。ちょっと蔵っぽい雰囲気もあります。今日が初めてのプラン提案だったんですが、基本的にこの流れで行くことにしました。
 でもまだまだ大きすぎるので、これから絞り込んでもう少し面積を押さえないと。なにぶん予算が限られているのでね。帰りの車の中で、「あー、宝くじとか当たらないかなぁ」って言ったら、てっちんに「買わなきゃ当たらないんだよ。」と返されました。そうだけど。宝くじ、高いんだもん。どうせハズれると思うと、その数千円が勿体無い。いつも宝くじスタンドの前を通るときは、買おうかなって思うんですけどね。
[PR]
by p-kom | 2006-01-28 22:57 | 徒然
<< 黒犬大集結! スノーシュー日和 >>