むかしみち散歩
11月18日(土)
 この週末で初冬キャンプに行こうと気合で体調を戻したのに、天気予報は『日曜は雨確実』。暖かい季節なら雨のキャンプでもガマンできるけど、この季節の雨は病み上がりにはキツイ。で、キャンプを諦めて日帰りで軽くハイキングに行ってきました。この前の御岳山は紅葉の見頃までもう一歩でした。今日当たりは結構いいかも、と奥多摩へ向かいました。回復したとはいえまだ本調子じゃないかもしれないので、今回は軽く遊歩道のハイキングです。
 東京の奥座敷、奥多摩駅と奥多摩湖を結ぶ『奥多摩むかしみち』。青梅街道の裏手にひっそりと残る古道で、甲州裏街道とも呼ばれているそう。曲がりくねった古道に沿って小さな集落が点在していて、古びたお地蔵様や道祖神があったり、「どうやってこんなところに家を建てたの?」と思うような廃墟があったり。多摩川の上流の渓谷沿いの道は紅葉まっさかりの絶景でした。
 珍しく写真をいっぱい撮ったので、旅ルポ的に紹介しま~す。

c0030967_2385533.jpg

奥多摩むかしみちの案内板。本当は全行程歩きたかったんだけど、ヴィッキーも一緒だとバスに乗って戻れないので、奥多摩湖からスタートしてシダクラ吊橋で引き返すというピストンコースにしました。地図の右上、濃い青線が歩いたコースです。

c0030967_23122499.jpg



 スタートは奥多摩湖手前の水根駐車場。ここって秩父多摩国立公園だったんだ~。知らなかった。


c0030967_23135056.jpg





 国道411号線(青梅街道)を渡って、小さな沢(水根沢)沿いの脇道に立つむかしみちの案内板。むかしみちなのに案内板はピッカピカだな。


c0030967_23164711.jpg
 張り切るヴィッキーに半ば引っ張られて坂道を登っていくと、青空をバックに鮮やかに真っ赤なモミジ。そうそう、こんなのを見たかったのよ~。


c0030967_23214122.jpg


 水根沢にかかる趣のある古い橋。水の音にヴィッキーは大興奮。沢に下りられないことを確認してから、橋を渡ってみました。歩き始めなのにいきなり入水は困るし。


c0030967_23233086.jpg

 沢の反対岸からは、大麦代展望台へと至るハイキングコースが出ていました。こっちも行って見たいけど時間がないので、次回へ持ち越し。水へ入れなくて残念しきりのヴィッキー、後ろ髪を引かれる思いで橋を渡ってるのかなぁ。


c0030967_23265478.jpg


 沢を離れ案内板に沿って脇道に入っていきます。ヘアピンカーブの車道を登っていくと、聳え立つ石の壁に刻み付けられたような、狭い小道が現れます。なんとそれがむかしみちの正式ルートなのでした。案内板がなかったら絶対に通り過ぎてしまいます。
 写真の左側、恐ろしく急な斜面の上に何軒か家が建っています。うーん、どうしてこういうところに住んでいるんだろう・・・。


c0030967_23351369.jpg


 集落を抜けると青目不動尊があります。その後は急な下りの階段です。放し飼いになっている柴系MIXのワンコと鉢合わせして、ヴィッキーも私たちもビックリ。この集落の住民なんでしょうね。民家がなくなると狭い山道になります。すれ違うのがやっとくらいの道幅なんですが、崖側の路肩が脆くてちょっとコワイです。山側には『落石注意』の看板が。どこに逃げろっちゅーねん。



c0030967_23445945.jpg

 青梅街道の中山トンネルの上に、中山集落という小さな集落があります。超急斜面に張りつくように段々畑が拓いてあります。その先に小さなお墓。ここに住む人々は、いつからどうしてここに住むようになったんでしょう。
 集落を過ぎて薄暗い杉の植林地帯を下っていきます。登ってくる人は肩で息をしていました。そうか、帰りはこれを登らなくちゃならないんだ・・・。



c0030967_234189.jpg
 山道を歩いていると、やがて浅間神社という小さなお社が現れます。そこから少しの見晴らしの良い広場では、お弁当を食べている人がいっぱいいました。ここは開けていて日当たりがいいので、モミジも見事に色づいていました。
 この広場を過ぎるとググーッと下ってやがて舗装された道に出ます。




c0030967_23495314.jpg


 中山トンネルの上を通過したので、道は多摩川の渓谷沿いになります。山道はオシマイ。舗装された道なので歩きやすくてドンドンいけます。この風景、まさに東京奥座敷です。


c0030967_23522159.jpg



 道所橋という吊橋がありました。高度はあるけどワイヤーでキッチリ吊られているので殆ど揺れません。

c0030967_23534556.jpg




 知る人ぞ知るビビリ~なヴィッキーも、この吊橋はヨユウで渡ってます。でも、ヨユウでいられるのは今のうちだけなんだよね。フッフッフ。




c0030967_2355947.jpg



 道と渓谷の間の急な崖の上に身を乗り出すように建てられた廃墟がありました。なんだってこんな場所にわざわざ。周辺は小さな集落で、縁結びのお地蔵様やむし歯地蔵(笑)、昔の馬の水呑場なんかもありました。そしていよいよ折り返し地点のシダクラ吊橋に到着~。

c0030967_23583089.jpg

 こっちの吊橋は揺れます。欄干(というか金網)も低くて、しかも脇から下が覗けます。こういうところには滅法弱いヴィッキーさん。案の定思いっきり腰が引けてます。なぜだか足をパーにして歩いてます。立ち止まると後足がプルプル震えてて笑っちゃいました。


c0030967_001772.jpg
 橋の真ん中で立ち止まって見渡す絶景かな。紅葉の鮮やかさ、巨石の転がる渓谷のダイナミックさ。ここが東京だってこと、ちょっと信じられません。


c0030967_051670.jpg 吊橋を渡りきると小さなお社が祀ってあります。その脇から下に下りられる小道を見つけたのでいざ探検。段々と大きくなる水音にヴィッキーがダ~ッシュ。どうやら下までおりられるようです。
 ここは惣岳渓谷というらしいです。多摩川と支流が合流する地点です。支流には小さな滝があったりして雰囲気バツグン!ここでお昼ご飯を食べることにしました。

c0030967_091626.jpg
 ようやく水に突入できて、満面の笑みのヴィッキー。そうかそうか、よっぽど嬉しいんだね。思う存分水遊びしておくれ。って、水、超冷たいんですけど・・・。


c0030967_0111852.jpg
 おにぎりとカップスープのお昼を食べた後、さらに探検を続けます。支流を渡って斜面を慎重に下ると多摩川の河原に出ました。橋の上から見た巨石、間近で見ると想像以上に巨大です。こういうのを見ると登らずにいられないおバカさんがひとり。早速登ってみました。おお~、高い~。ヴィッキーが小さく見えるぞ。

c0030967_0143750.jpg



 巨石の間をゴウゴウと音を立てて流れていく清流。私が写真を撮っている巨石には上がってこれないヴィッキーが、下でウォンウォン癇癪を起こしてました。ヴィッキーがここでバシャバシャやった水が、明日くらいには下流のジェミキャロのところに流れていくかも。


c0030967_0174787.jpg
 河原から見上げる吊橋は、遥か上空です。人も米粒大だし。あんなところ渡ってるなんて、ちょっとお尻がムズムズするカンジ~。


c0030967_0221748.jpg


 お昼ご飯の片付けを終えて、てっちんも河原に下りてきました。この巨石たち、どこから転がってきたんでしょうね。明治時代に大水があったらしいんだけど・・・。





c0030967_024135.jpg


 ついついノンビリしちゃいました。そろそろ帰らないと日が暮れちゃう~。来た道をテクテク引き返します。往きはイケイケですごい引きだったヴィッキーも、帰りはスバラシイ脚側で歩きます。行き交う人も少なくなってきたので、オフリードで大丈夫かな。山道に入ると気分が高揚するのか、タタタ~とちょっと先まで行って、振り返って私たちを待つヴィッキーです。

c0030967_027122.jpg



 青目不動尊の柴MIX君も、おうちに帰ったようです。この辺りはちょっとゴツゴツした石畳の道です。フェンスの向こうの家は茅葺屋根でした。この集落って、面している車道ってあるんでしょうか。だって、車がなかったら買い物とかタイヘンだろうし。

c0030967_030837.jpg

 茅葺屋根の向こうに奥多摩湖が望めます。奥多摩湖はダム湖(小河内ダム)なんですが、ダムが出来る前からここにあったんですよね、この家は。その時分はどんな景色だったんでしょか。
 ここまでくればゴールまであと一息です。なんとか日が暮れる前に帰りつきました。




 往復で8kmくらい歩いたけど、やっぱり端から端まで完歩してみたいなぁ。ところどころ急な山道もあったけど、景色もバツグンだったし、ヴィッキーとしては水遊びも出来たし、なかなかに楽しいハイキングでした。これくらいだったら、筋肉痛の心配もないしね~。
 以上、奥多摩むかしみちルポでした。お休みの日の長~いお散歩のつもりで、ワンコと一緒にいかがですか?(笑)
[PR]
by p-kom | 2006-11-18 22:57 | アウトドア
<< 2007年も10日過ぎましたが... 今年の風邪って胃にくる? >>