2005年 01月 09日 ( 1 )
1月9日(日) スノーハイク@玉原高原
年が明けたらいきなり寒い日が多くなりました。
天気予報を見ても、山間部は雪マークが付いてる日が多いし、これはいよいよスノーシューシーズン!ということで、群馬の玉原(たんばら)高原に行ってきました。
メンバーは隊長てっちん、副隊長ぴーこ、訓練兵Geminiママ(笑)、そして斥候のSSS。
SSS:ジェミニとヴィッキーの『なんちゃってシスターズ』の別名、Super Stupid Sistersの略です。)

前日、Geminiママに、「8時にうちに集合ね~。」と言っておきながら自分たちの準備に時間がかかり、出発が9時くらいになってしまいました・・・。イカン、イカン。
気を取り直して関越に乗ったのですが、人間考えることは同じようで、スキー場に向かう車であちこち渋滞してました。
最後の沼田IC出口付近の渋滞をナントカ抜け、スキー場手前の駐車場渋滞をノロノロと進み、やっとこさ目的地に到着したのですが、さらに身支度に手間取り・・・。
あ、Geminiママは準備万端、素早く支度をしていました。申し訳ない。

で、駐車場脇の雪の壁を登って林の中に入ることには、すっかりお昼も回ってました。

c0030967_21302680.jpg林に一歩足を踏み入れると、スノーシューを履いているにもかかわらず膝の辺りまで雪に埋もれてしまいます。
まさにフッカフカの新雪。スノーシューでないと踏み入ることができない銀世界でした。
最初は『ウッヒョヒョ~イ!』とばかりに弾けていたSSSですが、すぐにラッセルのシンドさを学習したのか、ちゃっかり人間の付けた踏み跡をトレースするようになりました。
キミたち、それでは斥候の役目を果たさないではないか。

枝にいっぱいの雪を乗せている針葉樹の森から、ブナ林へと植生が変わると体感温度が一気に下がり、指先や足先が凍えます。
ブナは落葉樹なので葉っぱがすっかり落ち、風が吹き渡って寒いのです。
SSSは駐車場に付くまでは、鼻笛二重奏で喧しかったくせに、いざフィールドに入ったらあまりの雪の多さに畏れをなしたのか、基本的に人間の近くをウロウロしていました。
雪球を作って「ボールだよ~」と挑発し、放り投げて「探せ!」と無理難題を言ってみたのですが、「そんなの探せるわけないじゃん!」と抗議の目で睨まれてしまいました。
c0030967_21305584.jpg

去年、同じフィールドでスノーハイクをした時は晴天で、駐車場の1200m付近から、スキー場のリフト降り場よりも上、1450m付近まで歩いたのですが、
今回は雪がずっと降り続いていたのと、一歩進むたびに膝まで埋まる新雪のため、なかなか先に進めず、キャンプ広場の炊事場にたどり着いた時点で既に3時近く。そこで遅~いお昼ご飯を食べて、引き返しました。

帰り道、お約束の『新雪にダーイブ!』を3人でやりました。
だーれも他に人がいないブナ林で、ゲラゲラ笑いながら雪まみれになっている飼い主たちを
横目で見るSSSの表情は、心なしか冷ややかだったような・・・。
ともかく、とても楽しかった2005年の初スノーハイクでした。
[PR]
by p-kom | 2005-01-09 23:28 | アウトドア