2005年 03月 13日 ( 1 )
3月13日(日) 2005年初キャンプ♪
c0030967_2057290.jpg
 てっちんがシアトルで1ヶ月頑張っているというのに、私は伊豆で今年の初キャンプを楽しんでしまいました。Geminiママ&ジェミニちゃんと、私&ヴィッキーでオンナふたり♀2ピキのキャンプです。伊豆市にあるキャンプ場ポマトランドは、実は私の実家から車で30分足らずの場所。(笑)でも以前から気になっていたのでした。大人2名で5000円、子供はタダというバリバリのファミリーキャンプ場なので、混み合うオンシーズンは遠慮したいところなんですが、ワン連れキャンパーに対しても理解があるキャンプ場なので、晩秋~早春の空いている時期であれば行っても良いかな?と思いました。
 今回はジェミニ家の心強いギアであるリビングシェルにホットカーペットを敷いて、食べるのも寝るのもこの中、という非常にぐ~たらなスタイルでした。折りしも強風吹き荒れる川ッぺりのキャンプ場、この一点豪華主義的選択は正解でした。設営&撤収が楽チンですから。
 土曜日のお昼前にジェミニ家と待ち合わせ、SSS(お馬鹿ななんちゃってシスターズ)を川遊びさせ、人間は美味しいお寿司ランチに舌鼓を打ち、キャンプ場にチェックイン後ボール遊びをし、リビングシェルの中でゆったりまったり晩ご飯。この部分はどうぞGeminiママのブログをご覧下さいね。

c0030967_21152741.jpg さて、明けて日曜日。朝メシ前のひと遊びということで、まずはサイト下を流れる狩野川での激流スイミング。去年、大きな台風が立て続けに上陸したので、岸には大きな流木がゴロゴロしてました。そのうちの1本をSSSが争ってレトリーブしてました。流れに乗って実力以上のスピードで泳ぎ流木に喰らいついたヴィッキー、さて戻ろうとターンしかけたのですが、流木が大きすぎてバランスを崩し、危うく水没するところでした・・・。それでも2度3度とトライ。その度にガボッと沈みそうになります。最後には諦めて流木を放し、必死の形相で戻ってきました。(笑)・・・いや、笑っちゃいけないよね。ヴィッキーなりに頑張ったんだから。
 夜半過ぎまで吹き荒れていた風もだいぶ収まったとは言え、それでも朝はかなり冷え込んでました。全身ずぶ濡れの2匹はかなり寒そう。で、川遊びは早々に切り上げ、キャンプ場から続く『Pet Walk』なる川沿いのあぜ道をお散歩です。こういう道を歩くとき、本当に2匹とも楽しそうです。前になり後になり、軽やかに歩いていきます。眼下に流れる川が気になるようでしたが、護岸工事されたコンクリ斜面がほぼ垂直に近く、流石の水キチ2ピキも『行っちゃいけない』と悟ったようでした。
c0030967_2129126.jpg あぜ道の突き当たりまで歩いて、引き返しました。あぜ道にはハコベ・ヨモギ・フキノトウなどの春の野草が芽吹いていました。春の野に出ると、ついつい下を向いて歩いてしまいます。ナニカ食べられるものは無いかな~。(笑)キャンプの時、こういう山野草を摘んできて食すのが、また楽しいのです。今回も河原で食べごろの菜の花の蕾を見つけ、ありがたく頂いてきました。その菜の花と昨夜の残り物で、菜の花ペペロンチーノの朝ご飯を作りました。適当に作ったわりには案外美味でした~。

c0030967_21353897.jpg 朝ご飯を食べ、ボチボチと片付けをし、リビングシェルを撤収してからもうひと遊び。最初、チェックアウトは10時だと思っていたのですが、なんだかどこのサイトもノンビリしているし、だったら良いかということでボール争奪戦です。
 ジェミニとヴィッキーをラインに並んで座らせ、待ての状態でボールを離れた場所に置きにいき、合図と共にスタート!です。もう、フライングだろーがにじり寄りだろーが、どんな手を使ってでもゲットするわよ!とふたりとも真剣そのもの。でも、全然見当違いのところを一所懸命探しているのが、所詮犬智恵なんだなぁ。(笑)キミ達、もっと上を見て生きようね。
 ひとしきりボール遊びに興じた後は、訓練ゴッコ。このサイト、地面の境界線にロープが張ってあるので、それを競技会のコの字コースに見立てて練習です。こんな時でも練習を怠らないのに、どうして実を結ばないのかなぁ。ともかく、ふたり順番に練習・練習。でもやっぱりジェミニちゃんはどよよ~んとなってしまったようでした。(笑)
c0030967_2149554.jpg
 ジェミニちゃんの気分を盛り上げるため、Geminiママがボールを持って楽しそうに歩いていたら、ヴィッキーが『チョーダイ、チョーダイ』と妨害行動。あんまりまとわりついてくるので、それじゃあと考案された、名付けて『ダブル脚側行進』。おお~、結構マトモに歩いているではないか。いつも競技会では、お互いの存在が気になって仕方ないふたりなので、いっそのコトこうやってまとめて出るってのはナシかなぁ。この後、『伏せ』や『立って』も一緒にやってみたのですが、ヴィッキーは日本語のコマンド、ジェミニちゃんは英語コマンドなので、非常に紛らわしくちぐはぐなことになってました。ヴィッキー、英語で質問されて意味もわからず「イエ~ス!」と頷いてる情けない日本人みたいだった・・・。
c0030967_2152950.jpg お昼に近くなってキャンプ場を出発し、またまた狩野川の河原へ。いつも実家に来ると遊んでいる、ヴィッキーの秘密基地にジェミニちゃんをご案内~。ゴロゴロ石の河原を歩いていたら、丁度良い大きさの割と新しそうなバスケットボールを発見!早速このボールでレトリーブごっこ開始です。
 簡単にパクッと出来ない大きさなので、水面でこれを咥えるのは結構タイヘンそうでした。勢いをつけてボールにアタックするも、咥える前に自分の鼻で押してしまい、そうするとボールは一旦沈んで1mくらい前に飛び出てきます。必死にモノにしようと頑張れば頑張るほど、ボールはピョンピョンと前方へ・・・。まるでヘタな水球ゲームか、はたまた滑稽なアシカショーか。首尾よく咥えることが出来ても、顎は90度開いた状態だし、犬歯がストッパーになってボールが口にはまってしまう始末。やってる本犬たちは必死なんでしょうが、実に笑えました。
 この河原の一段上に、広い野芝のグラウンドがあります。濡れた体を乾かすついでに、今度はここで遊びました。2匹とも目一杯遊びまくってきっと楽しかっただろうと思います。こうやって遊んでいると、やっぱり性格の違いがはっきり出て興味深いです。ヴィッキーは思ったことがすぐ顔に出る、わかりやすい性格なんですが、ジェミニちゃんはすました顔していろいろやっちゃう、実は策略家だったんですよ~。(笑)
 ともあれ、いっぱい遊びいっぱい食べ、とても楽しい1泊2日のキャンプでした~。
[PR]
by p-kom | 2005-03-13 20:56 | アウトドア