2005年 05月 27日 ( 1 )
長かった1日
5月27日(金)
 夜中の1時ごろ実家から帰ってきて、それから荷造りやらなんやらやっているうちに夜が明けて来ました。明け方から最後のお洋服3着の製作をスタート。出発2時間前に完成して、それから郵便局と銀行を巡り、足りないものを買いに行き、なんとか出発に間に合いました。またしても完徹、しかも食事する暇もなしでした~。去年の秋、成田まで電車で行って乗り換えでとても大変な思いをしたのですが、今回は川越からバスを利用することにしたのでラクチンでした。
 今回のシアトル行きも前回と同様、マイレージの特典旅行を使うつもりだったのですが、どうしても帰りに希望の便が取れず、直前で格安チケットを購入。なぜだか今はシアトル便は混みあっているようでした。徹夜明けの効果で、今回も飛行機の中でぐっすり。8時間半のフライトの後、無事シアトルの空港に到着しました。
c0030967_15322633.jpg

 シアトルは雨が多い街なのですが、長い雨のシーズンがようやく終わりかけ、日中は晴れている日が増えてきたということでした。それでも涼しいかなぁと思っていたのですが、今日はなんと30度を越える夏日。これはかなり異常なんだそうです。あまりの暑さに、夏服をいきなり購入。街行く人々もタンクトップ&ショートパンツ&サンダルの夏の装いでした。空も真っ青で日差しも眩しく、時差ぼけ状態の頭にクラクラきました。

c0030967_15331767.jpg  てっちんは2月のシアトル出張に引き続き、会社のO君とふたりで8週間の出張です。なので今回はその人の奥さんも私と一緒にシアトルにやってきました。夜、4人で食事をしたのですが、北に位置するシアトルは日が長く、ワインを飲んで良い気分で店の外に出ると、空には仄かに明るさが残っていました。日没は夜9時近くなので、8時くらいでも日本の5時くらいの明るさです。
c0030967_1536232.jpg  酔い冷ましにホテルまでのんびり歩くと、シアトルのシンボル、スペースニードルがライトアップされていて綺麗でした。ホテルの近くに洗車場があって、そこのサインがピンクの象なんですが、夜は派手にネオンが灯っていて妙に気に入ってしまいました。アメリカにも車を磨くのが好きな人がいるんですね~。
[PR]
by p-kom | 2005-05-27 15:30 | 旅行