2005年 06月 09日 ( 1 )
消費と摂取(笑)
6月9日(木)
 O夫妻の住んでいるThe Metropolitanは新しい高級なCondoです。8階に最新設備のフィットネスセンターがあります。今日はお昼前にそこで少し汗を流しました。シアトルに来て約2週間、毎日あれやこれや食べ歩いているせいでちょっとウェイトが気になってきたので・・・。日本に帰ってから体重計に乗るのが怖いです~。
 1時間ばかりエクササイズして、それからルーフガーデンのベンチで休憩。この建物は7階までがパーキングで、その屋上が広い人工庭園のようになっています。芝生の庭やBBQスペース、デッキチェアやベンチなどがあり、住人がワンコのサンポにやってきたり。恰幅の良いオジサンが、ダルメシアンとヨーキーを遊ばせにきました。オモチャを投げるとダル君がダッシュ、その後ろを懸命にヨーキー君が追いかけて、見ていて可愛かったです。
 ランチの後、キッチンツールを見に行きました。アメリカには実に種種雑多なキッチンツールがあります。とても便利そうなツールもありますが、中には使いみちがわからないようなものも。大体がひとつの目的のために作られていて、例えばニンニクの皮むき器とか、アボガドのくりぬき器(アボガド限定です)とか、柑橘類の皮をクルンとカールさせるためのピーラーとか・・・。これでは料理ひとつ作るのに、たいへんな数のお道具が必要になってしまいます~。そういえば、こちらの家具付きアパートのキッチンに備え付けてある包丁はどれも切れ味が悪く、去年の秋に来た時に1本新しく買いました。もしかしたらこちらの人は包丁なんてあまり使わないのかもしれません。皮を向くのはピーラーだし、刻むのはフードチョッパー、日本人みたいに包丁1本で何でもやっちゃうってことが無いのかも。そう思うと納得です。
c0030967_843457.jpg

c0030967_8431731.jpg てっちんが今一緒に仕事をしている、W&Aという会社のHerbさんが夕食に招待してくれました。海に面した、とても雰囲気のあるRay's Boathouse。シアトルでも人気のお店です。Herbさんの23歳の娘さんも同席。6人でとても素敵なディナーを楽しみました。お料理はどれもすごく美味しかったです。今までシアトルで食べた中で間違いなく最高ランク。新鮮なシーフードは味付けも繊細でしつこくなく、残さずペロッと平らげてしまいました。ぜひまた来たいお店です。後から調べたところ、ここは1階がボートハウス(レストラン)、2階がカフェになっていて、カフェではもう少しカジュアルなお料理をお手ごろ価格で楽しめるとか。それなら自腹で来れるかなぁ。なんせ今日のディナー、6人分で400ドルオーバーは確実だったので・・・。
[PR]
by p-kom | 2005-06-09 22:19 | 旅行