2005年 08月 04日 ( 1 )
時刻表はちゃんと調べなくちゃね
8月4日(木)
 Nanaimoから州都Victoriaの間にはたくさんのワイナリーがあります。バンクーバー島の気候は夏涼しく冬暖かく、あまり雨の降らない準地中海気候だそうです。ということは葡萄の生育に適しているんでしょうね。ルート1を走っているときも、『この周辺にワイナリー3箇所あり』というような標識がよくでていました。せっかくなので、どこかのワイナリーに寄ってみようということになりました。てっちんも私も、ちょっと前まではワインといえば白の方だったんですが、今回のシアトル滞在中に特にてっちんが赤ワインを飲む機会に恵まれて、すっかり赤ワインファンになりました。
c0030967_11424531.jpg Victoriaを目指して南下途中、Mill Bayという町にビジターセンターがあったので、ここでワイナリーの情報を仕入れました。本当にたくさんのワイナリーがあってどこが良いのかわからないので、ビジターセンターのおじさんにお勧めを聞き、Cherry Point Vineyardsという小さなワイナリーを訪ねました。このワイナリーは海を見下ろす断崖の上に広がる葡萄畑を持っています。海の近くに葡萄畑があるっていうのはなんだか意外な気がしますが、それはそれで土壌に特徴を与えているんでしょうね。
 ここでも試飲ができました。タダです。4種類テイスティングして、赤と白を1本ずつ、さらにここのスペシャリテだというブルーベリーから作られたポートワインをお買い上げしました。小さいワイナリーだからかお値段はかなり安め。1本15カナダドル前後でした。でも後で調べたら、ちゃんと賞を取ったこともある、なかなか優秀なワイナリーのようでした。
c0030967_1143168.jpg
買ったワインを持ってホクホク顔です~。

 ルート1はVictoriaの手前で高みに上がります。木々の間から真っ青な海と小島が浮かぶ絶景がちらちらと見えるんですが、車を停める場所がありません。ようやく素晴らしいビューポイントに建つレストランを見つけ、そこで遅めのランチにしました。切り立った断崖の上に作られたテラスに席を取り、景色は堪能できたんですがかなり暑かったです・・・。料理はちょっと味付けが濃い目だったかな。でも美味しかったです。
c0030967_11545571.jpg

c0030967_12154196.jpg Victoriaに着いたのはほぼ3時。パーキングエリアを見つけ、少し街を歩いてみることにしました。ブラブラと歩いていたら港に出ました。ウォーターエリアを取り囲むように、まるでお城のようなホテルや議事堂が建っています。街は色とりどりの花で飾られていて、本当に美しかったです。自然の景色を見てキレイだなぁとため息が出ることは多いんですが、街並みを見て感動するくらいキレイなのって珍しいかも。てっちんもしきりに感心していました。明らかにシアトルとは、そしてバンクーバーとさえも違う街並みでした。街歩きをしているときにてっちんが、「シアトルとは絶対的に違う部分がある。」と言うのです。「シアトルには信じられないくらいのおデブがいっぱいいるけど、ここには太った人があまりいない。」と。確かに!シアトルでよく見かけた、ウヒョ~と思うくらいの超弩級おデブのおばちゃんや、ローライズジーンズにぽっこりお腹を乗っけた『おデブ予備軍』の女の子達が、ここではいないんです。何故なんだろう?まさか、美しい街並みに似合うように、住民にもシェイプアップ&ブラッシュアップを義務付けているという訳ではあるまいに・・・。食生活とか、何かが根本的に違うんでしょうか。それとも人種が違うとか?

c0030967_12155917.jpg アーティストの卵や自称アーティスト達が、自分の作品を並べて売っている小道がありました。クラフトや絵画、アクセサリーが多かったんですが、ワンコ服を売っているお店もありました。ふーん、こっちでもワンコ服ってあるんだ~。(後日、英会話教室のカナダ人教師に聞いたら、カナダでは犬に服を着せるのは割とポピュラーなんだそうです。)残念ながら製作者が近くにいなかったんですが、ちょっと話をしてみたかったなぁ。お洋服は、コートやセーターが殆どでした。夏なのに・・・。
 さて、今日はここVictoriaから国境を越えるフェリーに乗って、ワシントン州オリンピック半島のPort Angelsに渡る予定でした。1時間半ほど街歩きをして5時前にフェリー乗り場に行ってみると、次のフェリーは7時半というではありませんか。前の便は3時に出たそうです。うわ~、やってしまった。もっと便数が多いと思っていたのに、どうして事前に調べておかなかったのかなぁ。いつもそうなんです。用意周到にいろいろ調べているようでも、どこか一箇所でポカするんですよね・・・。他の方法も考えてみたんですが、やっぱり効率が悪いので諦めて待つことにしました。本当はオリンピック半島に住む知人を訪ねる予定だったのに、何時に着くかわからないのでお断りの電話をいれる羽目になってしまいました。せっかくお土産にワイン買ったのになぁ。参った、まいった。
[PR]
by p-kom | 2005-08-04 22:22 | 旅行