2006年 03月 19日 ( 1 )
この冬最後のスノーシュー
3月19日(日)
c0030967_2355518.jpg
 玉原高原にスノーシューに行きました。冬のうちにもう一回くらいスノーキャンプしたかったんだけど、てっちんの出張続きで断念。せめてスノーシューだけでもということで、一番近い玉原です。雪、まだあるかなぁ・・・と心配だったんですが、玉原はまだまだ厳冬期でした。
c0030967_2355826.jpg
 いつもの駐車場に車を停めて、3人で身支度を整えて出発~。まずはヒノキの林の中を歩きます。ヒノキの林を抜けるとブナ林が雪に煙る幻想的な風景が現れます。かなり気温が低くて風もあって、顔が冷たいを通り越して痛くなってきます。でもヴィッキーは元気、元気。雪遊びのオトモの円盤ボールで一生懸命遊んでます~。雪は3月とは思えないほどフカフカでした。普通のボールじゃ一瞬でロストしてしまうけど、円盤ボールはその点安心です。
c0030967_23552244.jpg
うっひょ~い♪


c0030967_2356428.jpg
 玉原のスキー場を左に見ながら、少しずつ斜面を登っていきます。このコースはスキー場と尾根線に挟まれたエリアなので、迷うこともないし斜度も適度にあって楽しいです。1時間半ほど歩いてお昼休憩にしました。いつも風が同じ方向から吹き付けているのか、ブナの巨木の根元には風洞のような穴が出来てました。この中に入り込んでジェットボイルを設置。雪の壁が風除けになって、ちゃんとお湯が沸きました。良かった~。カップ麺を食べてレモネードを飲みました。
 休憩をしている間、ヴィッキーは風洞に下りてこないで、ずっと私の目の前にお座りしてました。座っている私の首の高さくらいが雪面なので、ヴィッキーのお腹を見ながらカップ麺をすすることになってしまいました・・・。雪が一方向からずっと吹き付けてるので、ヴィッキーの顔も半分だけ白くなってます。半分に割れたジェイソンのお面か・・・、いや、これは阿修羅男爵だな。(ってわかる人いるかなぁ・・・。)
c0030967_23563311.jpg

 休憩の後、最後のひともがきで急斜面を登って、スキー場のリフト降り場のところまで行きました。天気が良ければここから武尊山が眺められるんだけど・・・。3時くらいまでには駐車場に戻りたいので、ここで引き返すことにしました。

 帰り道、前方にこんもりとした小山のようなものがありました。なんだ~?と思って近づいてみると、キャンプ場のトイレでした。雪原を歩いているとどれくらい雪が積もっているのか分かりにくいんですが、こうやってみるとまだまだかなりの積雪量です。反対側は雪面と屋根の雪が繋がってしまっていて、早速てっちんとヴィッキーが上ってみました。
c0030967_002257.jpg

 トイレの建物はコンクリートブロックで作られていて、雪ですっぽりと包まれています。建物と雪壁の間に隙間があったので降りてみました。もちろん、雪壁の強度はちゃんと確かめましたよ~。崩れて閉じ込められたらタイヘンですからね。外は強風なんですが、この雪壁の中は実に平和でした。大きなかまくらみたいな感じです。ここでお昼食べればよかったね~、なんて話したんですが、よく考えたらトイレなんですよね。でも、匂いもしないしOKかな。
c0030967_033836.jpg

 トイレよりもう少し下がったところに炊事場もあります。前にGeminiママと来たときは、ここでお昼休憩しました。そのときは中に入れた炊事場も、すっかり雪に取り囲まれてました。やっぱり今年は雪が多かったんですね。
c0030967_23572727.jpg

 駐車場まで降りて気温を確かめたらマイナス6度でした。ということは、上はマイナス10度以下?3月なのに侮れない玉原です。
[PR]
by p-kom | 2006-03-19 23:16 | アウトドア