カテゴリ:訓練( 4 )
2007年も10日過ぎましたが・・・。
c0030967_2143421.jpg
 さすがに2ヶ月も書かないっちゅーのはマズかろう・・・と、わが身に鞭打って(大げさな・・・)書いております。先月はとうとう一回も更新してませーん。世間ではイベント盛りだくさんのはずの12月だったのに。我が家も2回ほど冬キャンプに行ったりしたのだけれど、今更なのでスッ飛ばしまーす。↑の写真は、クリスマスキャンプの時に撮ったものです。富士山とヴィッキーの晴れやかな表情が、年頭にふさわしいかなぁ~と採用。

 そもそもダイアリーっていうのがいけないのではないか。なんかね~、ちょっと滞るとヤバイ、ヤバイ・・・っていう強迫観念に捕らわれてしまって。反動でついつい後ろ向きになっちゃうのよ。それに両極端な性格なんで、好きなことはどんなにシチメンドクサイ作業でも厭わないくせに、撮った写真をPCに取り込むっていう単純作業はメンドウでやりたくないんだなぁ。誰か変わりにやってくれないかな。

 年も変わったことだし、この際、『ダイアリー』にするのは止めようっと。ついでに文体もちょっと変えてモノローグ風ね。うんうん、こっちの方が自然だ。だからって筆が進んでマメに書くってこともないだろうけどね、と牽制。というか自己肯定。寡筆に拍車がかかった原因を考えてみるに、てっちんのアオリがなくなったっていうのが大きい。前はてっちんは会社で昼休みにブログやBBSをチェックしていたようだけど、会社のPCからはそういう類のサイト閲覧が、いっさいできないようになってしまったそうな。だから、「早くダイアリーをアップしろ~」と言われなくなったのだ。

 この前、「そのうちオイラがブログを乗っ取ってやろうかな。」と言っていたが、どーぞどーぞ、思うままやってくださいまし。『Yes! I am Tecchin!!』になって、そのうち『-オイラ日記-』なんてのに変わっていたら面白いのになぁ。でも、私以上に忙しいてっちんだから、きっと計画倒れだな。

c0030967_21444421.jpg 2007年もすでに三分の一が過ぎてしまったけど、ヴィッキー家は忙しくも元気にしております。1日・2日は私の実家、3日・4日はてっちんの実家へ。5日から全開で仕事を始めて、6日も仕事、7日は新居の様子を見に行ってから初詣とてっちんの厄除け祈願、8日はわんわん倶楽部で雪&水遊び。そして昨日・今日と仕事・・・で、すでにお正月気分は遥か彼方に飛び去ってしまったなぁ。こんな風にあっという間に1月が過ぎ、春・夏・秋と過ぎ、気が付いたら年末かも・・・。

 でも今年の春には、新居完成&引越しという一大イベントが待ち受けているのだ!お家ができるのは嬉しいけど、引越し準備と片付けを考えると、ちょーっとユウウツかも。だいたい、3月ってVICKI'sのアニバーサリー月だし。どーするかな。いざとなったら丸ごとお任せパックを使うか。

 ということで、遅ればせながら、今年も一年ヨロシクオネガイシマス!
c0030967_21445629.jpg

[PR]
by p-kom | 2007-01-10 21:48 | 訓練
3月5日(土) 盛りだくさんな1日
 自分なりにいろいろ研究・試行錯誤して続けているヴィッキーの服従訓練、ちょっと壁にぶつかってしまいました。ヴィッキーは練習では楽しげに集中してやるのですが、これがいざ競技会となるとウヒョってしまって出だしの脚側行進でつまづきます。まぁこれはヴィッキーのせいではなく、実力を発揮させることの出来ない私の不甲斐なさに尽きるのですが。
 昨シーズンは、近所の警察犬養成学校に通ってトレーニングをしていました。警察犬養成学校でもあり、訓練士養成学校でもある訓練所なので、当然のごとく沢山のシェパードがいます。根がビビリ屋のヴィッキーは、ここの雰囲気がオシッコちびるくらい怖かったようです。最初の頃は楽しく脚側も出来ていたのですが、だんだん雑になり、競技会でも集中せずに逸走すること数回。なので今年は独学で頑張ってきたのですが、やっぱり限界があるようです。
 そこで、競技会の時に顔を合わせることもあり、時々アドバイスをいただくこともあった、K先生に習うことにしました。ヴィッキーはTちゃん、ジェミニちゃん、ララちゃん&ジルバ君の後輩になりました♪お稽古の場所までは遠いけれど、なによりジェミニちゃんたちがいる前で練習できるのが良いと思ったのです。本番(競技会)と似通った状況で練習できるっていうのは、きっとプラスになるはずです。

c0030967_12154336.jpg
 ヴィッキーは服従訓練自体は好きなようなのですが、とにかく落ち着きが無くすぐに興奮してしまいます。いつだって尻尾は上がってブンブンです・・・。勢い余って私から離れたり、先に行ったり。そういうコの方がトレーニングは楽だという話はよく聞くのですが、その落ち着きのなさに悩んでいる私にしてみると、指導手の1歩後くらいを静々と淡々と歩けるコが羨ましくて仕方ありません。なんとかヴィッキーを私に集中させようと、ことさら褒めてみたり自分がキビキビ動いてみたり。
 ところが、ヴィッキータイプのコにはそれが逆効果だったようです。ヴィッキーはほんの少し褒められるだけでも『嬉しい~♪』となるので、かるーく頭を撫でる程度の褒め方でも十分で、大袈裟に褒めるとウヒョりを増幅してしまうことになるそうです。おお、そうだったんだ~。
 時々フラフラする度に、後で隠れてリードを持っている先生にチョークを入れられ、真上に上がっていた尻尾も徐々に下がり、最後には斜め下でパタパタ振る程度になりました。(笑)一度それくらいまでクールダウンさせて、『訓練は遊びでは無くて落ち着いてやるもの』という認識がヴィッキーの中で出来上がったら、少しずつアクセルを開けていくのが良いそうです。フムフム。
 ともかく、いっつも真上でブンブン振っているヴィッキーの尻尾が、水平に近い位置でリズミカルに左右に振れるようになるのを目指すことになりました~。とても勉強になり、充実したお稽古でした。

 ジェミニちゃん、ヴィッキー、ジルバ君と順番にお稽古をして、お昼に近い時間になったので、Geminiママと駒沢の『餉餉(けけ)』でランチをしました。有機野菜をふんだんに使った和食のお店で、珍しいブッフェスタイルです。土曜のお昼時で店内は混んでいて、ついた席は窓に近い犬連れOKの場所でした。でもヴィッキーもジェミニちゃんも車中待機です。
 私たちの周りはほぼ100%がワンコ連れ。しかも9割以上が小型犬でした。同じ犬種を飼っているお友達同士がワンコ連れでランチしているのですが、はっきり言ってマナーは最悪でした。椅子の上には座らせるは、テーブルに足を掛けたりお皿から料理を盗み食いしても注意しないは、ギャンギャン吠えるは・・・。特にトイプーグループが甲高い声で吠えつづけているので、思わず「うるさいなぁ。(怒)」と小声で言ったら聞こえたらしく、「うるさいって言われちゃったよ。(怒)」とヒソヒソやられました。
 トイプードルは本来はとても賢く、競技会でも上位入賞するコがいる程なのに、飼い主の意識の違いでこうもなってしまうのか・・・と考えさせられました。私はワンコ服を作ることを仕事としているので、こう言ってはナンなのですが、ゴテゴテと着飾らせたりヘアカラー(!)させたりする金と労力があるなら、もうちょっと躾に目を向けたら?と腹立たしくなりました。ま、所詮他人の犬だから、どーでもいいんですが。
 せっかく良い雰囲気、美味しいお料理のお店なんだから、スタッフがもっと毅然とした態度で注意すればよいのに、などと思ってしまいました。しかし、こんなこと言ってるのも、なんだか文句好きのオバチャンみたいですね~。ヴィッキーと同じで私も興奮性なんでしょうか・・・。

c0030967_11274552.jpg ランチのラストオーダーまで居座って(笑)、その後ジェミニちゃんの秘密基地、多摩川の中洲に案内して貰いました。ちょっとだけ雪が残っている寒風吹きすさぶ多摩川に、嬉々として入水する黒犬2匹と、長靴履いて一緒に水の中を歩いて渡る酔狂なヒト2人を、河原にいる人々は半ば呆れ顔で眺めていました。大好きなジェミねーたんと河原で遊んだヴィッキーはとっても嬉しそうでした。
 川面には沢山の鴨のグループがノンビリと浮いていました。小さくて鳴き声が可愛いコガモの一群や、尾っぽが長くてシックなオナガガモさんたちは、黒い物体がざぶざぶと水に入ってくると、さりげなーく背中を向けて、さりげなーく遠ざかって行きました。でも我々が撤収すると、元の場所に戻ってきました。やっぱり中洲の近くが安心で良いんでしょうね。安息の場にドカドカと踏み入ってしまってゴメンね~。

c0030967_12164956.jpg ジェミニちゃんは多摩川で泳ぐと必ずカイカイになってしまうそうです。ヴィッキーも初めて泳ぐ場所だし、それに砂にまみれて遊んでキチャナイ犬になっていたので、いぬたまのセルフシャンプーに直行して2匹を順番に洗いました。ヴィッキーは家では「お風呂?」と聞くと尻尾を丸めてハウスに避難します。でもけっしてシャンプー嫌いなわけではなく、洗ってあげると気持ちよさそうな顔をします。今日は初めてのシャンプーシンクに入れられ、Geminiママと私の2人がかりで洗われて神妙な顔でジーッとしていました。シャンプーの後はトリミング台に乗せられ、ドライヤーでブオォォォ~っと乾かしてフコフコ犬の出来上がりです。
 綺麗になったところでお洋服着せて、ガーデンアイランドのJOKERまでお買い物に行きました。トレーニングに使うブンブンボール、ヴィッキーは紐タイプのはあまり好きでは無いらしく、ゴムタイプがお気に入りです。この前の競技会の時にゴムが切れてしまったので、同じモノを2個新調しました。買い物の後、店内に設置してある体重計で体重測定。冬毛でモコモコになっているヴィッキー、ちょっと太ったかな?と思ったのですが21.6kgでした。やっぱりチビスケだ~。
 Geminiママが、ヴィッキーサイズだったら中型犬だよ、というのですが、私もまったくそう思います。アメリカではフラットは中型犬ですが、日本ではレトリーバー種は大型犬に分類されます。『大型』か『中型』かで、飛行機やフェリーで受け入れが左右されたり、宿泊の値段が違ったりするのですが、それってなんだか理不尽です。訓練競技会もしかりです。フラットというだけで大型犬に分類され、障害飛越のハードル高は70cmです。例えばボーダーコリーのような中型犬は40cm。でもヴィッキーは体高も体長も、ボーダーと殆ど同じなんです。体重はちょっと重いけど。

c0030967_1255247.jpg で、『ヴィッキーは中型犬』という事実を証明するために、中型犬用のドッグキャリーに乗せて見ました。(笑)ちょっと(かなり?)窮屈だけど、一応オスワリして乗れます!この証拠写真を持参して、競技会の時に「中型犬です!」とゴネれば、ハードル40cmでOKだったらいいのになぁ。
 すっかり夜になってしまったのですが、Geminiママのおうちにお邪魔して、人間もワンコも晩ご飯を食べました。なんちゃって姉妹のジェミニちゃんとヴィッキー、ご飯を食べるタイミングもスピードもまったく一緒でした。どうもヴィッキーはジェミニちゃんの真似がしたいようです。「おねーちゃん♪」と甘える妹と、「うるさいわねぇ」とちょっぴり邪険にする姉、という感じで見ていて可愛いです~。
 別にお泊りするわけではないけど、お揃いの赤パジャマを着て記念撮影。ヴィッキーは普通にしているのですが、ジェミニちゃんはちょっとご機嫌ナナメ。どうもパジャマを着たら眠くなってドンヨ~リしちゃったようです。イジケモードが少し入って、両手両足折りたたんでイジイジしていました。(笑)そういうところが人間臭くて、なんだか笑ってしまいます。ヴィッキーは直球真っ向勝負!な犬生を突き進んでいて、『駆け引き』なんて考えは微塵も無いようですが、どうやらジェミニちゃんの脳みそはヴィッキーの数倍大きくて皺もいっぱいありそうです。
 あー、長い1日でした。最後まで読んでくれた方、お疲れ様でした~。
c0030967_1214160.jpg

[PR]
by p-kom | 2005-03-05 23:06 | 訓練
2月27日(日) 1年ぶりの・・・という期待は見事裏切られ。
c0030967_20564282.jpg

 てっちんがシアトル出張でいないので、初めてヴィッキーと私ふたりだけで競技会に参戦してきました。埼玉ブロック競技会、去年初めてヴィッキーがポイントをゲットした競技会です。それから苦節1年、鳴かず飛ばず(でも走る)のヴィッキーでも、今度こそポイントゲットなるか・・・。とほのかな期待を抱いての参戦でしたが、期待は見事に裏切られました。まぁ、今月半ばに風邪をひいて以来、殆ど練習もしてないし、気分も今ひとつ盛り上がりに欠けていたので、当然の結果と言えば結果だけど。

c0030967_2102141.jpg 今回はなんとGeminiママ&ジェミニ組と出陳番号が前後するというめぐり合わせ。顔を合わせれば遊んでいるふたり(犬が、です。)なので、競技前に会ってしまうと遊ぶ気マンマンになってしまう・・・と会わせないように努力したのですが、前後の出陳ではかなり難しかったです。
 先に競技に臨んだジェミニちゃんは、ヴィッキーに似た吠え声が聞こえて、「あっ、ヴィッキーがいる=てっちんもいるわ~♪」と競技中にうわの空状態になり、ヴィッキーはヴィッキーでGeminiママの気合が入ったコマンドを聞きつけて、「あっ、あの声が聞こえるってことは、ジェミねーたんがいる~♪」と、これまた地に足が付かない状態になってしまったのでした。はぁぁ、お互い足を引っ張り合っているってことですね。

c0030967_2155683.jpg 競技前から『心ここにあらず』状態のヴィッキーだったので、最初の課目の紐付き脚側行進スタート時に既に余所見。紐無し脚側はさらにひどく、折り返し地点でギャラリーの中からジェミたんを見つけようと、ファッションショーのモデルさんばりの大回りをし、復路では左側をフラフラと歩き、遅れて後を歩いたと思えば、グルッと回って右側に付き、さらには指導手の前まで歩く、という超フラフラフラットぶりでした・・・。(涙)
 いつもはまぁまぁ切れの良い停座招呼もそっぽ向いてて2声符だし、行進中の作業3ポーズも脚側がメロメロ。最後の据座に至っては、どこかのリングで逸走した犬がいたらしく、指導手の必死の「来いっ!来~いっ!」という連呼にハラハラしっぱなし。結局、今シーズンで最悪の出来でした・・・。でもまぁ、あの集中力の無さにもかかわらず走らなかったということは、ヴィッキーなりに成長してるのかな、なんてダメな飼い主は良かった点を無理やり探したりして。

c0030967_2113064.jpg
 ジェミニ組もヴィッキー組も、11時前には競技が終わったので後はダラダラと結果発表を待ちました。まぁどんなに奇跡が起こったとしてもポイントゲットは無理なのですが、それでも結果が張り出されるとドキドキしたりして。でも、「やっぱりダメか・・・」とガックリ肩を落とすことになるのですが。私たちのC班は、出陳26頭でポイントゲットできたのはたったの1頭でした。う~ん、それって適正な審査と言えるのかなぁ。他の班は、だいたい3分の1はポイント貰ってたのにな。なーんて言っても所詮『負け犬の遠吠え』なんですけど。
[PR]
by p-kom | 2005-02-27 20:55 | 訓練
1月29日(土) お勉強もラクじゃない?
c0030967_9435580.jpg
 忙しさにかまけていたら、あっという間に10日ほども経ってしまいました・・・。『今年はダイアリーをマメに書くぞ!』と誓ったのに、早くもヤバいかも。それはそうと、明日は訓練競技会です。今回は地元埼玉で開催のクラブ競技会。ヴィッキーもよく遊びに行く秋ヶ瀬公園が会場です。こういう普通の公園で開催っていうのも珍しいです。普通はだだっ広いだけが取り得(笑)の河川敷が会場になることが多く、すぐ近くに川が流れていたりして、それはそれでものすごい誘惑なんだけど(ヴィッキーにとってね。)、秋ヶ瀬公園もヴィッキーのアタマの中では『遊べる場所』という刷り込みができている筈で、これまたテンション上がっちゃうんだろうなぁ、とちょっと不安です。
 普段、訓練競技会の会場には競技会に参加する人&犬、もしくは訓練競技に興味があって見学に来た人&犬、それに大会関係者くらいしかいません。だから、会場で練習中の犬がノーリードでいたり、競技中にリングの外まで逸走してしまう犬がいたりしても、その場にいる人は慣れたもので「おやおや・・・」くらいにしか思いません。ところが明日の会場は普通の公園。競技会をやる一角のすぐ隣には野球のグラウンドがあったりして、きっと野球少年とか親子連れとかもたくさんいるはず。そんな公園で犬がたくさん集まって何ヤラやっていたら、興味本位に近寄ってくる人もいると思います。「あ~、ワンワンだぁ!」と喜んでいる幼児と親の元へ例えば大きなシェパードとかが逸走してきたら・・・。きっと大騒ぎになってしまうのでは?
 もちろん、そういう場所での開催ですから、主催者側もその辺りのことはキッチリ考えているとは思います。それでも不要な事故・騒ぎを回避するためにも、競技会はしかるべき会場でやって欲しいなぁ、などと思ったりします。まぁ、一般の人には犬の訓練競技というのは馴染みの薄いものだろうし、そういう人たちへの認知を広めるという意味では良い機会なのかもしれませんね。

c0030967_1094879.jpg この前の日曜、同じ公園でGRT(ガンドッグ・レトリーブ・トライアル)の練習会がありました。我が家も初めて参加させていただきました。まったくの初心者で知識も経験も何もなかったので、最初は見学だけにしようかとも思ったのですが、せっかくだから・・・と挑戦してみました。ヴィッキーは案の定、遊びに来たんだと勘違いしたみたいでした。何しろたくさんのワンたちが疾走しているし、笛はピーピーなってるし、みんな楽しそうなボールやダミー持ってるし・・・。折角の講習の間もピョンピョン落ち着き無し。あああ、恥ずかしい。
 午前中は入門編の講習と練習、午後から参加者全員で試技が行われました。種目はレベル毎に何種目もあって、私たちは2番目に優しい種目『30mシングルダミー視覚・嗅覚各1回』ってのに挑戦しました。スタートラインにハンドラーである私とヴィッキーが立ち、30m地点でスローアーがダミーを放り投げます。ヴィッキーに目視させて合図でスタートです。ヴィッキーは『ばびゅ~~ん!』と飛び出していき一目散にダミーへダッシュ、なんたって『攻め際クイーン』ですからスピードを緩めることなくダミーをゲット、これまた猛スピードで戻ってきました。
c0030967_10184450.jpg

 戻ってきたヴィッキーから無理やり(笑)ダミーを強奪し、2回目に進みます。この時も最速でレトリーブしてきたのですが、スタートラインでダミーを地面に落としてしまいました。私の勉強不足で知らなかったのですが、GRTはトライアルなので回収のタイムを競うのです。そして回収してきたダミーはハンドラーの手に渡さなくてはならないのです。ヴィッキーは2回目の時に地面に落としてしまったので、プラス5秒のペナルティが加算されてしまいました。それでもトータル28秒台。初めてにしてはまずまずかな?何よりヴィッキーが楽しそうに回収してくるのは、見ていて嬉しいです。

c0030967_1024444.jpg 毎日のオサンポの時に立ち寄る雑木林があって、いつもそこでちょこっと服従の練習をしているのですが、今週からはGRTの練習も取り入れました。静の服従、動のGRTという感じでメリハリが付いて良い感じです。雑木林は目隠しになるような木もあるし、落ち葉がいっぱい積もっているのでボールが隠れたりして、そういう時はヴィッキーも鼻を使って一生懸命探します。

c0030967_1033740.jpg ヴィッキーを待たせて30mくらい先まで行き、そこで「マーク!」でボールを放ります。(上の写真、衝立の前に鎮座している黒い物体がヴィッキーです。)この時点で動いてしまったらアウト。ヴィッキーの待っている地点まで戻って、ボールの落ちている方向を手で指し示して確認をさせ「持って来い!」でスタートです。首尾よくボールをゲットして走ってくるヴィッキーはすごく嬉しそう。きっと服従のお勉強よりこっちのお勉強の方が好きなんでしょうねぇ。というかお勉強だとは思ってないかも。でもそれがイチバンの勉強法ですよね。
[PR]
by p-kom | 2005-01-29 10:45 | 訓練