カテゴリ:徒然( 60 )
近況報告
c0030967_9122057.jpg


 最後に記事をアップしてから3ヶ月も経ってしまいました。もうこのブログの存在も忘れられちゃっただろうなぁ・・・。ヴィッキーは相変わらず元気にしています。ご心配なく。

 この前の記事、6月のアタマの頃は、新居にてっちん&ぴーこ&ヴィッキーの3人で暮らしていました。その一週間後、伊豆の実家を引き払って、私の母と小母がやってきました。それまでの静かで穏やかな生活が、その日から一転してしまった訳で・・・。なんせ年寄り二人ですから、生活パターンから食生活からすべてが違う。それでもなんとか折り合いをつけようと努力してみました。

 私の体に異変が現れたのは、約一ヶ月後の7月アタマでした。不注意からひいてしまった夏風邪がなかなか治らず、そのうちに激しい咳が昼夜を問わず出続けるようになりました。それと前後して猛烈な胃痛。内科医を訪ねるも咳の原因は分からず、いろいろな薬を処方してもらっても改善しません。次に耳鼻科に行きました。のどの病気かもしれない、と思ったからです。検査の結果、大量の胃酸が食道に逆流して、その刺激によって喉の奥から食道にかけて炎症を起こす『逆流性食道炎』という診断がつきました。それだけ胃酸が出て激しい胃痛もあることから、内視鏡で検査をすると胃潰瘍も発見されました。どちらもストレスからです。

 お薬を処方してもらって、気分転換を兼ねて夏休みに旅行に行ったのですが、その後さらに病状は悪化し、次第に神経に異常をきたすようになってしまいました。新居は2階が私たち夫婦のスペース、1階がLDKをはじめとするパブリックスペースと母たちの個室なのですが、1階に下りられないようになってしまったのです。いわゆる、ヒッキー予備軍です。なんとかリビングにいようとすると、激しい頭痛と吐き気に襲われ、また家中に漂う悪臭に悩まされ、母の声や足音が聞こえただけで動悸や呼吸困難に苛まれ・・・。最後は家に入れなくなってしまい、買い物から帰ってきても、2時間以上もガレージの車の中に籠り続け、てっちんにメールでSOSを出すところまでいきました。このままではいよいよダメになると思い、心療内科の扉を叩きました。

 高校卒業と同時に実家を出て25年、すっかり忘れていたのですが、小学校高学年から高校卒業するまでの間、自分の母親の職業や生き方に対して忸怩たる思いがあり、またそれを理由に執拗にイジメを受けた経験もあり、その強烈な悪感情が今回の同居によって蘇ってしまったようでした。母親は嫌い、だけど一人っ子である私が面倒を見なくては・・・という葛藤があって、なんとか仮面親孝行な娘を演じてきたのですが、限界に達しました。精神科医のお見立ては「適応障害」。神経症のひとつなのですが、かの皇太子妃も苦しんでおられる病です。今は2種類の抗不安薬と睡眠薬、そして胃潰瘍の薬、とかなり薬漬けの生活で、日中も朦朧としていてヴィッキーのお散歩もままなりません。調子が良い時は普通に仕事もできるんだけど長続きしないし、ちょっとしたきっかけでかなり落ち込んでしまうし、訳もなく涙は出るし、自分の意志や気分の持ちようでコントロールできないのがシンドイです。

 お医者様とソーシャルワーカーは、すぐに環境を変えないとさらに大変なことになると判断し、今週の火曜日に母たちは伊豆の家に戻りました。静かな生活が戻ってきた訳ですが、自分のせいで二人を追い出した格好になるのがツライです。でも姿や顔を見るどころか、電話で声を聞くだけでもパニック症状が出てしまう現在の状況では、どうすることもできません。時間が経って少しずつ改善されればいいんですけど、大丈夫だと思えるようになってもまた症状が出たら・・・と想像すると、いたたまれないきもちになります。

 事情を知らない親戚などは、「アンタがもう少し堪えて合わせてあげなきゃ」なんて無責任に言うんですが、それができたら精神科にはかかってない、って話ですよね。
久しぶりの記事がこんなんでごめんなさい。今、私に一番必要なのは、明るく気分転換することと、何でも話せるオンナ友達を作ることだそうです。ヴィッキーじゃ話を聞いてるうちに赤目になっちゃうしなぁ。アドバイスっていってもハァハァいうだけだし・・・。川で遊びがてら、誰か来ませんか?貴重な体験談が聞けるかも、ですよ。(^m^)
[PR]
by p-kom | 2007-09-14 09:47 | 徒然
食い倒れたBD
6月2日はワタクシのお誕生日でありました。ちょうど一週間前6歳になったヴィッキーを人間の年齢に置き換えると、ほぼ同い年くらいです。オバサンコンビだ・・・。でも、気分は35歳から歳を取ってませーん。

例年、ちょうどこの時期に海外出張やらが多いてっちんですが、今年は日本にいました。で、土曜日でお休みなので、BDプレゼントを買ってもらいに立川まで出かけました。なぜに立川?って感じですが、イナカに引っ越しちゃったので都会に出るのが億劫なんです。(笑)
途中で昭和記念公園に寄ってヴィッキーのオサンポ。ドッグランのある公園内に入るには、入場料を払わなくてはならないので、無料のエリアだけオサンポしました。そのあと駅ビルでお買い物。AIGLEの乗馬ブーツを買ってもらいました。今年から乗馬を始めるつもりなのです。ああ、カミングアウトしてしまった・・・。夢は大きく、「モンゴルの大草原を馬で疾走」なのです。下半身のダイエットにも効果アリってことだしね。楽しみです~。
立川ってそんなに遠いわけじゃないのに、駅周辺に来たのはほぼ四半世紀ぶり?高校生のころ、立川の美術研究所に通っていたんですが、その頃は雑然とした基地の街っていう印象だったんだけどな。今じゃ駅前には大きなビルが立ち並んで、モノレールなんかも通ってて、随分とイメージが変わりました。ちょっと遠い目になっちゃいました。

c0030967_1042262.jpg
夕方、いったん家に帰ってヴィッキーにゴハンを食べさせてから、飯能市内の『蜻蛉亭』という会席料理のお店へ。窓際の席から暮れゆく空とまたたく金星を眺めながら、ゆっくりとお食事とお酒を楽しみました。この蜻蛉亭はヴィッキーエンスーポイントの入間川に面した高台にあって、眼下に鬱蒼と茂る木々と川のみなもが望める雰囲気の良いお店です。先付けから前菜、吸物、お造り、煮物、焼物、揚物、蒸物、酢物、それから茶蕎麦にデザート。どれもオイシくってシヤワセ~。少しずつ何種類も出てくるお料理に、いつしか超満腹状態。ほろ酔い加減で家に帰って、ちょっとのつもりで畳に横になったらいつの間にかマジ寝。てっちんはリビングのソファでこれまたマジ寝。ハッと気付いたら日付が変わってました・・・。ま、何はともあれシアワセな誕生日なのでした。
c0030967_1042361.jpg
会席 月コースのお料理いろいろです。

[PR]
by p-kom | 2007-06-04 22:13 | 徒然
今年の風邪って胃にくる?
11月17日(金)
 先週の日曜日にてっちんのお祖母ちゃんの四十九日法要があり、そして翌月曜日が新居の現場監理と、二日続けて寒風吹きすさぶ屋外に長時間いたせいか、火曜日にダウンしてしまいました・・・。火曜日の朝、ヴィッキーのオサンポの途中で胃に違和感があり、そのあと仕事していたらジッとしていても胃が痛くなってきて。合わせて吐き気・寒気・下痢。最初は「何かヘンなもの食べたか?」と思いました。この時期に食中毒ってことはないだろうけど、腐ったもの食べちゃったとか?慌てててっちんにメール。でもてっちんは別状なしということで、じゃあ風邪なのかなぁ、と熱を計ったら7度6分でした。それほど熱がある感じはしてなかったので、ちょっとビックリ。とりあえず横になったものの、激しい胃とお腹の痛みは続き、熱はとうとう8度越え。それでも必死にヴィッキーをトイレサンポに連れて行き、そこで力尽きてダウン。
 火・水はひたすら寝て過ごし、昨日の午後にようやく復活いたしました。症状がキツい割には治りは早かったです。いったい何だったのだ?胃が痛くて二日間まともな食事ができなかったので、体重は1キロ減ったものの体脂肪率は増えてしまいました・・・。なぜだ~っ!

c0030967_10545787.jpg
 今日は3日ぶりのヴィッキーの朝サンポです。この季節は、ヴィッキーも歩くのが楽しいらしくって、ついつい長いオサンポになってしまいます。晩秋から初冬にかけて、空気がキリッと冷たくなってくる今の季節が、私は一年の中で一番好きです。でも今年は秋の冷え込みがキッチリときていないせいか、公園の紅葉も今ヒトツ。ハウチワカエデは赤くなっているけど、イロハモミジはまだまだ緑のままです。銀杏は黄緑から黄色のグラデーション。雌の木が何本かあるので、地面に落ちた果肉がクッチャイです。ギンナン拾う人が、果肉を剥いて捨てていくんで、地面のあちこちに散らばっていて歩くのも一苦労。せめて埋めていってくれればいいのに。コレを踏んじゃって靴底にへばりつこうもんなら、ワンコの乾燥ウンPライクな臭いが、歩くたびに漂ってきて『もしや?』と思うに違いないです。
c0030967_1055963.jpg


 家の近所に小さな畑があって、朝も早くからトウチャン・カアチャン・ジイチャンが3人で蕪を収穫しています。毎日、卸す分だけ収穫するんでしょうね、緑の畑が少しずつ茶色の地面になっていきます。私は蕪が大好きです。真っ白でまぁるい見た目も可愛らしいし、緑と白のコントラストも美しくてヨシ。採れたての瑞々しいヤツは、生でオリーブオイルと塩だけで食べるとほんのり甘くてジューシーで。ちょっと苦味がある葉っぱも美味しいし、ビタミンもたっぷり。和・洋・中とどんな料理にもあう蕪さんは、冬野菜のクィーンって感じです。書いていて無性に食べたくなってきた~っ。今日の晩ご飯は蕪にしようかな。
c0030967_10552121.jpg

[PR]
by p-kom | 2006-11-17 10:58 | 徒然
はっ、こんなところに・・・。
10月30日(月)
 週末の土曜日、季節外れの大掃除をしました。なぜかというと・・・。新居を建築中ということは、当然いま住んでいるマンションは売却するわけで。で、先週の金曜日(上棟式の日)に不動産業者と仲介契約を結んだんですが、早速翌日の土曜日にお客さんが来ることになったのでした。なにもわざわざ上棟でバタバタする時期に、って今になれば思うんだけど。でも、売却に時間がかかるかもしれないし・・・なんて思ってコトを進めたら、予想以上に早い展開になってしまったのでした。
c0030967_958847.jpg
 和室を片付けていたてっちんが、突然「あっ、こんなところにヴィッキーが!」と言いました。我が家は和室はヴィッキーは立ち入り禁止です。もしや、ヴィッキーが和室に入った痕跡でもあったのか?と思ったら。飾り棚に並べてある青銅製の置物。以前、上海美術館に行った時に買った、紀元前6世紀頃の春秋時代の酒器のレプリカです。牛の形をしているんですが、似ているじゃないか~!ヴィッキーに!!
 いや、顔とかというわけじゃなくて(顔も似てるか?)、全体の雰囲気がですね。こう、肢を踏ん張って顎を突き出した感じが、ボールを前にして頑張っているヴィッキーに似てます。鼻の穴のおっ広がり方といい、頭のおハチの感じといい、見れば見るほど似てますねぇ。これを買ってから数年経つんだけど、初めて気付きました。

 マンションの方は、本日、最初に見に来てくれた方から正式に購入希望のお返事をいただきました。仲介契約して一週間も経たずに売れちゃった。あー、良かった。でも、仲介手数料3%プラス6万円はしっかり取られちゃうんだよなぁ。もうちょっとまかんないかなぁ。(笑)
[PR]
by p-kom | 2006-10-30 20:39 | 徒然
てっちんのバースディ~
10月29日(日)
 今日はてっちんの誕生日です。さそり座B型で~す。日曜日なんで、どこかでディナーorランチとも思ったけど、出かけるのもちょっと億劫・・・。近所でイタリアンかフレンチ?と迷ったあげく、ぴーこの手作りメシでお祝いということにしました。てっちんの誕生日だからね。

 夕方、近所のWILD1に行ってバースディプレゼントを購入。レザーマンのツールナイフか、mont-bellのウルトラライトのダウンベストか・・・。レザーマンのツールナイフは本格的なプライヤー(ペンチ)が装備されていて、仕事でも重宝するということで、こちらに決定!WAVEというモデルで、18種類のツールが収納されてます。お値段は1万円ちょっと。充実機能の割にお手ごろ価格です。でも冬キャンプの防寒ミドルウェアとして薄手のダウンベストも必要だし。そういえば、去年私は家計費で買ったっけ。てっちんはその時はサイズ切れで買えなかったんだよなぁ。今の時期ならまだサイズがあるけど、本当に必要になる頃にはまたサイズ切れかも。ということで、結局ダウンベストも買いました。家計費で。てっちんがもしベストを選択してたらこれだけだったのに、ナイフを選択したらふたつとも手に入っちゃいました。なんかヘンだな。

c0030967_14171414.jpg
 歳と共にドカ喰いできなくなってきたので、お誕生日ディナーは冷製オードブル3種とメイン、デザートに抑えました。赤ワインを一本開けて乾杯。オードブルはいつもの通り、適当にレシピを考えた3種。サラダは作らなかったので、お野菜タップリ目にしました。『プロシュートとトマトのミルフィーユ仕立て』、『スモークサーモンの生春巻き』、『生蛸のマリネ 粒マスタード風味』です。イタリアンなのか、フレンチなのか、アジアンなのか・・・不明です。

c0030967_14182277.jpg
 どこかに書いておかないとレシピ忘れるので、簡単に。どれも短時間でできます。プロシュートは豚肉と塩だけで熟成させたパルマ産の生ハム。高価だけどメチャウマです。それにフルーツトマト、モッツァレラチーズのスライスとバジルの葉を重ねていって、最後にエクストラバージンオリーブオイルをかけてブラックオリーブを添えるだけ。プロシュートは塩気が効いているので、他の味付けは必要ありません。トマトの甘み、チーズのコク、バジルの香りが絡まってとっても美味。ぜひお試しを♪
 生春巻きはサーモン、水で戻した春雨、レタス、キュウリの千切り、プロセスチーズをライスペーパーでクルッと巻いて、スィートチリソースでいただきます。
 蛸のマリネは、生蛸のスライスにレモン汁、塩少々を振ってしばらく置きます。セロリは根元に近い部分の筋を取って繊維に沿って縦に薄切り、パプリカも縦に薄切り。こちらも塩を振ってしんなりさせてから、水で洗って絞っておきます。ブドウはピオーネ、ロザリオ、甲斐路などの大粒のものの皮を剥き種を取っておきます。ボールに粒マスタード(大さじ1.5くらい)、レモン汁(大さじ1くらい)、エクストラバージンオリーブオイル(大さじ1くらい)、白ワイン少々を入れて混ぜ、塩で味を調えて、そこに水気を拭いた蛸、絞ったセロリとパプリカ、ブドウを果汁ごといれて和えます。冷蔵庫で30分くらい寝かせて、食べる直前にイタリアンパセリを散らして出来上がり。粒マスタードの酸味とブドウの甘み、蛸の歯ごたえとセロリのシャキシャキ感が美味しい一品になりました。

c0030967_141831100.jpg
 メインはお昼前から仕込んでおいた、牛モモ肉のワイン煮込み。本当はすね肉あたりが美味しいんだけど、カロリーオフのためにモモ肉を使いました。付け合せはマッシュルームのソテーとジャガイモのガレット。マッシュルームはバターでソテーした後、お肉のソースでサッと煮ました。ジャガイモのガレットは、実は韓国料理の『いもチヂミ』を参考に作ってみたんだけど、これが大正解。とても美味しいです。
 じゃがいもはメークインだとシャキシャキ、男爵やキタアカリだとモッチリと仕上がると思います。1個は千切り、1個はすりおろします。千切りは水にさらさないで、すりおろしたものと混ぜます。(じゃがいもの澱粉だけで固めるので、水にはさらしません。)金属の下ろし金を使うと変色するので、プラスチックか陶器の下ろし金で。ここに塩・胡椒・粉チーズを適当に加えてさっくりと混ぜ合わせ、バターを溶かしたフライパンに一気に流し込んで丸く整え、蓋をして中火で蒸し焼きにします。端の方が半透明になってきたらひっくり返して反対側も焼きます。キツネ色に焼きあがったら、切り分けていただきます。
 二人分でジャガイモ2個です。付け合せにもいいし、多めにつくればおやつやブランチにもいいかも。卵や砕いたナッツを混ぜてもイケそう。簡単で美味しいから、これからも定番にしようっと。

 てっちんは今年厄年です。忙しいけど体に気をつけて、何事も無く元気に一年が過ごせますように。ぴーことヴィッキーのお願いです。
[PR]
by p-kom | 2006-10-29 23:34 | 徒然
カモちゃん、お帰り~♪
10月11日(水)
 ふっふっふっ・・・。とうとうリアルタイムだもんね。やったーーーー!
 最近、朝晩は非常に涼しくて過ごしやすくてありがたいです。夏場は普通の歩きサンポだとイマイチ気乗りがしなかったヴィッキーも、ここんとこ張り切ってルンルン歩いてます。朝のオサンポは弁天の森っていう雑木林っぽい公園まで行きます。距離にして約4.5km、時間にして1時間強の足腰増強コースです。
 この公園を貫くように水路が流れていて、秋~春にはたくさんのカモちゃんたちが観察できます。カルガモちゃんは渡りをしないので、一年中見られるんだけど。10月に入ると、冬場レギュラーメンバーのオナガガモ・マガモ・コガモが相次いで飛来します。昨日、この三種類が全部見られるようになりました。お帰り、カモちゃんたち~。

 前にも書いたと思うんだけど、私は結構カモちゃんが好きです。キレイだし、デカいから観察しやすいし、ケンカやディスプレイなどの生態観察も手軽に出来て楽しいのです~。北から渡ってきたばかりのこの時期だと、♂カモちゃんの変身も楽しめます。ちょっとマニアックな話なんで、なんじゃそりゃって感じですが、お付き合いくだされ~。
 鳥や動物や魚って普通♂の方が派手でキレイですよね。これは♀にアピールするためだというのは、多くの方がご存知だと思います。特に繁殖期には鮮やかな色や姿になります。カモちゃんもやっぱりそうなんですね。日本に飛来する秋~冬に番を形成して、春に繁殖地に飛んで行って子育てして、子供が成長したところでまた帰ってくる・・・を繰り返してます。カモの番っていうのは、毎年その都度相手が変わります。卵が生まれると番を解消しちゃうんです。だから、カルガモさんも子育てしてるのは♀だけでしょ?オトコは子育てしないんですね~。
 で、♀にアピールするのに必要不可欠な♂の派手派手の羽も、繁殖地では外敵の標的になってしまうので、その間は♂は地味~な羽に変わるのです。これを雌化(エクリプス)といいます。でもまったく同じになっちゃうんじゃなくて、ちょろっと♂っぽい部分が残ったりするんですけど。

 さてさて、ここまで何を延々と説明してきたかといいますと、北から渡ってきたばかりのこの時期の♂は、まだエクリプスの状態なんですね~。だから、一見地味~な♀だけの集団に見えますが、実は♂♀が混じっているんです。ここ一ヶ月くらいしか見られないエクリプスちゃんなので、頑張って携帯で写真撮ってみました。

c0030967_21142191.jpg
 まずは私の好きなオナガガモのエクリプスです。↑の♂はまだまだ冬羽の気配すら見えてませんね。一瞬、メスか?って思ったんだけど、♀は嘴が黒っぽいのに較べて、♂は嘴のサイドがブルーグレーなんですね。見逃しませんよ~♪

c0030967_21143587.jpg
 ↑はちょっと冬羽っぽい感じになってきてます。でもまだ頭の色がまだらで地味~です。

c0030967_2147556.jpg
 これは去年の冬に撮った、番の写真。前が♂、後が♀です。ね、♀の嘴は黒いでしょ。オナガガモは朝のゴハンの時間、水に頭を突っ込んで一心不乱に水草を食べてる姿がカワイイです。長い尾羽が水面にピョコピョコ突き出てるの見ると、うひょ~ってなります。

 お次は一番ポピュラーなマガモちゃん♪ヴィッキーの大好きなヌイグルミのカモちゃんも、マガモがモデルです。
c0030967_21185421.jpg
 このコは典型的な初期エクリプスです。限りなく♀に近いんだけど。でも♀は嘴がオレンジで、嘴の上側に黒い斑点があるのです。カルガモにも似てるけど、やっぱり嘴が違う。この黄色い嘴は、マガモ♂の動かぬ証拠なのです~。

c0030967_21221930.jpg
 こっちのコは胴体部分がちょっと冬羽っぽくなってきています。でも、マガモのトレードマークのメタリックグリーンの頭の色がまだ来てません。これから徐々に頭のグリーン度合いが増えてくるのです。ウシシ、楽しみ。

c0030967_21472740.jpg
 これも去年の番の写真。♀の嘴はこんな感じです~。♂はヴィッキーが本栖湖で猛烈に遊び狂っていたカモっちと瓜二つですねぇ。うん、あれは実にリアルに出来てます。ちなみに最近は、マガモとカルガモのF1なんてのもいるそうです。あとは、マガモとアヒルのF1も。アオクビアヒルなんて名前が付いてるらしいですよ。

 写真撮ってて気が付いたんだけど、今日はオナガガモ、マガモ共に♂しか発見できませんでした。子育てしない♂たちが、第一陣で渡ってきたのかな。

c0030967_21274025.jpg
 「あー、もう少しこっち向いて~」とか言いながら携帯構えていたら、ヴィッキーがこっち向いてくれました。さすが写真慣れしてますわ。
[PR]
by p-kom | 2006-10-11 21:33 | 徒然
追いついた。
10月8日(日)
 夏休みからずーッと溜め込んでいた宿題のようなダイアリー、ようやくほぼリアルタイムにまで追いつきました。9月の半ばからまた下関に行っちゃっているてっちんの帰りが遅れています。ヴィッキーとふたりで変わりばえのしない日々を送っております・・・。オンナ同士でどこか行こう!と思った先週は、嵐のようなお天気で断念。
 家の工事も雨続きで遅れているようです。と言っても、着工したばかりだからそんなに深刻じゃない筈ですが。気分転換にヴィッキーと偵察に行ってきました。今は基礎の工事中です。家の形に合わせて地面が掘られ、砂利が敷かれていました。来週には基礎のコンクリートが敷設されるのかな。

c0030967_23161040.jpg
 ヴィッキーはずんずんと丘の上公園を目指して歩いていってしまいます。かなりの急勾配なんで、ヴィッキーに引っ張ってもらいました。いつもは引っ張るのはNGなのに、こういう時だけOKっていうのはホントはいけないんでしょうけど。でもまぁ、その辺りの曖昧さっていうのも、ヴィッキー的になんとなく理解しているみたいなんでいいかな。

 来週てっちんが帰ってきたら、のんびりキャンプに行きたいなぁ。
[PR]
by p-kom | 2006-10-08 22:42 | 徒然
燃える花
9月24日(日)
c0030967_22382749.jpg
 彼岸花って、本当にお彼岸にあわせて咲きますね。何も無い土の上に、緑の茎があれよあれよと伸びてきて、あっという間に花が開きます。最低気温が20度を切る日が数日続くと開花するらしいです。最近は白花の彼岸花が人気だけど、私はやっぱり燃える赤花が好きです。春の桜と同じで、なんとなく切なくなる花です。
[PR]
by p-kom | 2006-09-24 22:33 | 徒然
こっそり帰還
ようやくてっちんが帰ってきました~
って、ぴーこがダイアリー書いてくれないもんで、いつまでも登場できない・・・。しかたないので、自分で書いてます。
先週、5週間ぶりに陸に上がりました。やっとヴィッキーとぴーこと3人の普段の生活に戻ってきました。やっぱり揺れない地面の上が良いです。

ぴーこはこのところ、頭からしゅうしゅう湯気出しながら1日中仕事してます。
というのも、この忙しかった1年余りを締めくくる無休の洋上生活を終えて、ようやく一息つけたので、来週から2週間ほど連続休暇をとれることになったからです。
混まない時間差ゴールデンウィークですね。遠出しようと思っています。
どこ行くかな。
[PR]
by p-kom | 2006-05-18 01:05 | 徒然
洋上軟禁生活、始まる
4月3日(月)
c0030967_23331128.jpg
 一昨年秋のシアトル出張から始まって、今回の仕事のためにてっちんは何回長期出張したでしょうか。去年一年は、家にいたのは通算で半年くらいでした。今年に入ってからも下関に一ヶ月近く行っていたし。もう無い、もう無いと言いつつ、またもや5週間です。しかも今度は船に乗って、はるか南方の海で作業するのです。万が一何かあってもすぐには帰って来れないし、電話も衛星電話しかないし。何事も無く無事に帰ってきて欲しいものです。
 途中で買い足しが出来ない洋上生活5週間ともなると、運び込む個人の荷物も結構な量です。その荷物の大半がお酒類。海況が悪くて仕事ができない日が続くと、お酒でも飲んで寝てしまわないとやっていられないと言うけれど、それって言い訳のような気もするなぁ。ちなみに持ち込んだお酒は、ビール350ml45本、ワイン3リットルボックスを2箱、焼酎1.8リットルを2本。帰ってきたらお腹のプヨプヨ度に拍車がかかってそうです。一応、健康に配慮して野菜ジュース日数分も持たせました。
c0030967_23333473.jpg
 船橋の岸壁に停泊している第二白嶺丸、出航予定時間は午後4時です。出航前に稲毛海浜公園に行ってヴィッキーと遊んで、レストランでランチして、コストコで足りないものを買って・・・と思っていたのに、急遽てっちんが歯医者に行くことになってしまって、船橋に着いたのは3時過ぎ。結局そのまま出港準備となってしまいました。
c0030967_23334865.jpg
 今回は結構長い航海なので、見送りの人も大勢いました。紙テープの一本をヴィッキーの首輪につけて、もう一本を私が持って、てっちんに手渡しました。出航の時によく見る風景だけど、自分でやったのは初めてです。風がとても強くて、私たちは風下に立っていたので、他の人たちの紙テープが押し寄せてきてすごいことになってました。船は予定通りに出航して、岸壁を離れ埠頭を回って見えなくなりました。さて、帰ろうかと思って車に乗り込むと、なぜかてっちんから電話。どうしたのかと思ったら、なんと保険証がお尻のポケットに入ったままだと!午前中、歯医者に行ってそのままになっていたらしいです。ということは、GW明けまで私も病院にかかれない~。気をつけないと。
c0030967_2334532.jpg


c0030967_23373440.jpg
 てっちんを見送って、もう夕方だったけど稲毛の公園に行くことにしました。駐車場は5時半でクローズだということであまりのんびりできなかったけど、ヴィッキーは嬉しそうに飛び回ってました。てっちんが行っちゃったのに、ヴィッキー的にはあまり関係ないみたいです。
c0030967_23343687.jpg
てっちん頑張って~。遊ぶのはヴィッキーに任せてね!

[PR]
by p-kom | 2006-04-03 23:04 | 徒然