<   2005年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧
1月29日(土) お勉強もラクじゃない?
c0030967_9435580.jpg
 忙しさにかまけていたら、あっという間に10日ほども経ってしまいました・・・。『今年はダイアリーをマメに書くぞ!』と誓ったのに、早くもヤバいかも。それはそうと、明日は訓練競技会です。今回は地元埼玉で開催のクラブ競技会。ヴィッキーもよく遊びに行く秋ヶ瀬公園が会場です。こういう普通の公園で開催っていうのも珍しいです。普通はだだっ広いだけが取り得(笑)の河川敷が会場になることが多く、すぐ近くに川が流れていたりして、それはそれでものすごい誘惑なんだけど(ヴィッキーにとってね。)、秋ヶ瀬公園もヴィッキーのアタマの中では『遊べる場所』という刷り込みができている筈で、これまたテンション上がっちゃうんだろうなぁ、とちょっと不安です。
 普段、訓練競技会の会場には競技会に参加する人&犬、もしくは訓練競技に興味があって見学に来た人&犬、それに大会関係者くらいしかいません。だから、会場で練習中の犬がノーリードでいたり、競技中にリングの外まで逸走してしまう犬がいたりしても、その場にいる人は慣れたもので「おやおや・・・」くらいにしか思いません。ところが明日の会場は普通の公園。競技会をやる一角のすぐ隣には野球のグラウンドがあったりして、きっと野球少年とか親子連れとかもたくさんいるはず。そんな公園で犬がたくさん集まって何ヤラやっていたら、興味本位に近寄ってくる人もいると思います。「あ~、ワンワンだぁ!」と喜んでいる幼児と親の元へ例えば大きなシェパードとかが逸走してきたら・・・。きっと大騒ぎになってしまうのでは?
 もちろん、そういう場所での開催ですから、主催者側もその辺りのことはキッチリ考えているとは思います。それでも不要な事故・騒ぎを回避するためにも、競技会はしかるべき会場でやって欲しいなぁ、などと思ったりします。まぁ、一般の人には犬の訓練競技というのは馴染みの薄いものだろうし、そういう人たちへの認知を広めるという意味では良い機会なのかもしれませんね。

c0030967_1094879.jpg この前の日曜、同じ公園でGRT(ガンドッグ・レトリーブ・トライアル)の練習会がありました。我が家も初めて参加させていただきました。まったくの初心者で知識も経験も何もなかったので、最初は見学だけにしようかとも思ったのですが、せっかくだから・・・と挑戦してみました。ヴィッキーは案の定、遊びに来たんだと勘違いしたみたいでした。何しろたくさんのワンたちが疾走しているし、笛はピーピーなってるし、みんな楽しそうなボールやダミー持ってるし・・・。折角の講習の間もピョンピョン落ち着き無し。あああ、恥ずかしい。
 午前中は入門編の講習と練習、午後から参加者全員で試技が行われました。種目はレベル毎に何種目もあって、私たちは2番目に優しい種目『30mシングルダミー視覚・嗅覚各1回』ってのに挑戦しました。スタートラインにハンドラーである私とヴィッキーが立ち、30m地点でスローアーがダミーを放り投げます。ヴィッキーに目視させて合図でスタートです。ヴィッキーは『ばびゅ~~ん!』と飛び出していき一目散にダミーへダッシュ、なんたって『攻め際クイーン』ですからスピードを緩めることなくダミーをゲット、これまた猛スピードで戻ってきました。
c0030967_10184450.jpg

 戻ってきたヴィッキーから無理やり(笑)ダミーを強奪し、2回目に進みます。この時も最速でレトリーブしてきたのですが、スタートラインでダミーを地面に落としてしまいました。私の勉強不足で知らなかったのですが、GRTはトライアルなので回収のタイムを競うのです。そして回収してきたダミーはハンドラーの手に渡さなくてはならないのです。ヴィッキーは2回目の時に地面に落としてしまったので、プラス5秒のペナルティが加算されてしまいました。それでもトータル28秒台。初めてにしてはまずまずかな?何よりヴィッキーが楽しそうに回収してくるのは、見ていて嬉しいです。

c0030967_1024444.jpg 毎日のオサンポの時に立ち寄る雑木林があって、いつもそこでちょこっと服従の練習をしているのですが、今週からはGRTの練習も取り入れました。静の服従、動のGRTという感じでメリハリが付いて良い感じです。雑木林は目隠しになるような木もあるし、落ち葉がいっぱい積もっているのでボールが隠れたりして、そういう時はヴィッキーも鼻を使って一生懸命探します。

c0030967_1033740.jpg ヴィッキーを待たせて30mくらい先まで行き、そこで「マーク!」でボールを放ります。(上の写真、衝立の前に鎮座している黒い物体がヴィッキーです。)この時点で動いてしまったらアウト。ヴィッキーの待っている地点まで戻って、ボールの落ちている方向を手で指し示して確認をさせ「持って来い!」でスタートです。首尾よくボールをゲットして走ってくるヴィッキーはすごく嬉しそう。きっと服従のお勉強よりこっちのお勉強の方が好きなんでしょうねぇ。というかお勉強だとは思ってないかも。でもそれがイチバンの勉強法ですよね。
[PR]
by p-kom | 2005-01-29 10:45 | 訓練
1月20日(木) お気に入りの場所
c0030967_19363382.jpg どこんちのワンコも、フカフカしたものの上って好きですよね。ヴィッキーももちろん大好きです。
我が家の寝室はヴィッキー立ち入り禁止なので、私たちのベッドの上で寝ることはないけど、リビングに座布団とか毛布とか忘れていたりする時、(あっ、リビングでうたた寝していることがバレてしまう。)昼間、仕事の合間にふとリビングを覗いてみると、ちゃっかりその毛布の上で寝ていたりします。
 そんなイレギュラーもたまにありますが、基本的にヴィッキーは『ハウス(お古のフェザーケット入り)』→『ソファ(唯一ヴィッキーが上がっても良い場所)』→『ドッグベッド』の3箇所をローテーションしながら寝ています。
このドッグベッド、一昨年の夏にヴィッキーが足を怪我した時、ソファには上がれないだろうと思い急遽買ってあげたものです。と言っても本来はワンコ用のものではなく、近所のスーパーで1480円で売っていた人間用です。伸ばすと120cm×60cmくらいで結構大きい。そして真中で二つ折りに出来、キャンプなどに持っていくときは半分サイズになるので、まぁ省スペースともいえます。
c0030967_19483336.jpg しかしさすが1480円だけあって作りは非常にテキトーです。(笑)最大の欠点はカバーが外せないこと。脇のタグを見ると、洗濯機で洗濯可の表示がついているのですが、中の10cm厚のウレタンクッションごと洗えっちゅーのかい!と突っ込みたくなります。
 私たちの夕食の時、ヴィッキーには豚耳ちゃんを1枚あげます。豚耳ちゃんを貰うとヴィッキーはこのベッドにバフン!と伏せて、一心不乱にガジガジ、クチャクチャします。1年半もの間、毎日クチャクチャやったヨダレがたっぷり染み込んだこのベッド、もう他人様に見せるのが恥ずかしいほど汚れまくってしまいました。毎日目にしていると何となく麻痺してしまうのですが、あらためてしげしげと眺めるとホントにまぁ、汚い。

 ということで、年も変わったことだし、いっちょカバーでも作ってやるか・・・と急に思い立ちました。手芸屋さんで1m500円でバーゲンされていたスウェードタッチの布を2枚。ちゃんと洗濯できるようにファスナー付きにして、しめて材料費1112円(税込)。
c0030967_2024696.jpg
製図も引かずテキトーに作ったのでちょっと大きめになっちゃいましたが・・・。A面はオレンジ、B面は茶色。もちろんVICKI'sのロゴ入り♪そして、ちゃんと折りたためるようになってます。なかなかシックで良いカンジ~。あ、茶面の真中の手形は模様じゃありません。ポンポンってやったら付いたみたいです。(笑)

 早速いつもの場所にニューバージョンに衣替えしたベッドを置いてあげました。ヴィッキーは『ナニナニ?』と寄ってきて、クンクンと匂いを嗅いでからおもむろにバフン!ま、チミにはこのシックなデザインはわからんだろうけどね・・・。
c0030967_20104761.jpg

[PR]
by p-kom | 2005-01-20 20:23 | 徒然
1月15日(土)-16日(日) 今週もスノーシュー♪
c0030967_12174168.jpg 先週の玉原高原に引き続き、今週もGemini家と一緒にスノーシューを楽しんできました。今回は1泊で裏磐梯です。
土曜日、朝8時半頃に我が家を出発。天気予報では都内でも積雪があるかも・・・と言っていたのですが、那須高原まで走ってもずっと雨のまま。郡山で磐越道に入って、ようやく辺りがうっすらと白くなってきました。
車窓から見える雪にジェミニは早速鼻笛鳴らしてアピール。ところが、背の低いヴィッキーは窓から外が見えず、しばらく雪の存在に気付かないでボンヤリしていました。もちろん、フロントガラスから外の景色は見えるのですが、ずっと後ろ向きに座ったまま、半分ウトウトとしていたので折角の興奮ドコロを逃したのでした。

磐梯猪苗代で高速を降り、猪苗代の街中で喜多方ラーメンを食べ、いよいよ裏磐梯へと向かいます。標高が高くなるにつれて、だんだんに雪は深くなり、一面の白銀の世界。
まずは国民休暇村前の駐車場に車を停め、身支度を整えてスノーハイクに出発します。

c0030967_1455245.gif
 スノーハイクコースのマップなんぞを用意してみました。
土曜日はオレンジの『中瀬沼展望コース』、日曜日はグリーンの『桧原湖展望コース』です。
スノーハイク用の地図があるわけではなく、国土地理院のウェブサイトからダウンロードした普通の地形図を元に、コースを決めました。
(ちなみにこの地形図検索サービス、とっても便利です。我が家はカヤックでリバーツーリングをする時や、シーカヤックの時にも利用しています。)
グリーンシーズンにはたくさんの湖や沼などが点在するエリアなのですが、冬には水面は結氷し、雪が降り積もって雪原が広がっているように見えたりします。
まだ積雪量がそれほど多くないので、ついうっかりとこういう部分に立ち入らないように注意して、要所要所でコンパスで方角を確かめながら歩いていきます。

c0030967_12333321.jpg まずは桧原湖へと向かう細い車道沿いに進みます。ジェミニとヴィッキーは大喜びで先を走っていきます。この二人、こういう楽に歩ける場所だと『ウヒョヒョ~イ♪』と元気に走っていくくせに、ちょっと雪の深い場所に分け入ると体力温存派に宗旨変えして人間の後を歩くようになるのです。それでも前方は気になるのか、前を行く人のギリギリ後ろを歩く。傍目には可愛い光景なのですが、前を歩く人間からすると一歩ごとにスノーシューのかかとを踏まれ、とっても歩き難いのです。「前に行きなよ~」と道を譲ってあげても、脇からちょっと覗いて『え~、タイヘンそうだから遠慮します・・・』と出て行かない。そしてまたかかとを踏む。なんとかしてもらいたいものです。
ともかく、雪の積もった車道(と言ってもこの季節は桧原湖でワカサギ釣りをする人のスノーモービルしか通りませんが)を少し歩き、そこから林に入って小さなピークに登りました。(1)
まだあまり密度が高くない雪なので、ときどきズボッと足がはまったりします。ピークから下る時、ヴィッキー、てっちんと順番に穴にはまってました。(笑)

c0030967_12455418.jpg 車道に戻ってしばらく歩き、中瀬沼への標識に従って左折します。ちょっと広いエリアがあったので、ここで休憩をしてSSSを遊ばせました。(2)
Geminiママが持ってきた『ムササビ君』は、フワ~ッと雪の上に着地するので雪遊びにはピッタリです。そういえば去年、初めてこの裏磐梯で雪遊びをした時にボールをロストしました・・・。ボールは雪に埋まっちゃうからね。ムササビ君を追いかけて、SSSは深い雪をラッセル、ラッセル。水遊びではジェミニが圧倒的に有利なのですが、雪の中ではヴィッキーが優勢でした。たまにジェミニがゲットしても、ヴィッキーが猛然と追いつき奪い取り、得意げに戻ってきます。ジェミたん、いつもいつも申し訳ない・・・。

 遊んでいるとクロスカントリースキーのガイドツアーの一団が追い抜いていきました。ムササビ君を仕舞って我々も出発。先週の玉原で新雪の上を歩くとき、先頭はエライ疲れるのですが、2番手3番手は結構ラクチンでした。ところが今回の雪は割と湿り気が多く、そういう雪だと人の付けた踏み跡を歩くのも意外とタイヘンだったりして、つまり何番目を歩いていても疲れ度に差は無いようでした。エッチラオッチラと3人と2匹が一列になって進み、坂を登りきったところに中瀬沼を望む東屋が建っていました。中瀬沼は8割方結氷していて、遠くに磐梯山のシルエットが霞んでいました。(3)とても日本的な情緒のある、美しい景色でした。
c0030967_1352447.jpg

c0030967_13214110.jpg 展望台を後にして坂を下り、ブナ林が両側に広がる林間コースを歩き(4)、再び道無き道に分け入ってみることにしました。クロカンスキーでは超えられない小山を越えて北に向かいます。ブナ林をこのまま抜ければ、レンゲ沼の付近に出るはずです。ヴィッキーは先頭を行く私の後ろをワッセワッセと付いてくるのですが、お嬢様なジェミたんは『もう疲れちゃってあんまり歩けな~い』と、雪からちょこっとだけ顔を出しているブッシュの小枝を跨ぐのも億劫そうでした。(笑)ところが、ブナ林を出て再びクロカンコースに合流し、足場がしっかりとした雪に変わった途端、タッタカタ~と元気に走り出しました。ジェミニの本性、見たり。(笑)

c0030967_13263096.jpg 完全に凍ったレンゲ沼を左手に見ながら半周して、車道が見える場所まで戻って来たので最後のお遊びタイム。夏場はレンゲ沼の駐車場となる広い場所でムササビ君で遊びました。さんざん雪の中を歩いて疲れているはずの2匹なのに、夢中になってムササビ君争奪戦をしていました。車に戻ると4時半過ぎ。国民休暇村から車で5分ほどのゲストハウスサンディーズに、またまたお世話になりました。
夕食の前にお風呂に入り、美味しいお食事とお酒をいただき、部屋で本日の反省会などを催し(ウソ)、TVを見ているうちに眠くなって11時過ぎには就寝。


c0030967_13335935.jpg
 日曜日。この日は桧原湖まで行って見ることにしました。一日中結構な雪が降っていたので、あまり写真は撮りませんでした・・・。レンゲ沼畔のサイトステーションから出発して、沼の西側を回り、雪のこんもりと積もった木道を歩いて(6)、中瀬沼方面へ向かうコースに出ます。土曜日のムササビポイントで再びしばし遊び、そこからジェミニチームはクロカンコース沿いに車道に出、ヴィッキーチームは林間に入って小山を越え、無駄に体力を消耗するコースで進みました。中瀬沼から桧原湖に注ぐ川に掛かる橋のたもとで両チームが合流し、そこから10分程で桧原湖に到着です。

c0030967_14571097.jpg 桧原湖はワカサギ釣りのメッカです。岸に近いところは既に結氷していました。(7) 犬の目には一面の雪原が広がっているように見えるのでしょう、2匹とも氷の上をトットコ走り回ります。ここでもムササビ君で遊んだのですが、どうやらヴィッキーはムササビ君に恋をしてしまったよう。「もうオシマイ!」と片付けても、Geminiママのリュックにくっ付いているムササビ君に向かって、ピョンピョンジャンプを繰り返し、終いには「ヴィッキー、うざい!」と叱られていました。
ヴィッキーがいつまでもムササビ君にご執心なので、気を紛らわすために湖の上を歩いて小島に渡ってみました。ストックで氷の具合を確認しつつ、ゆっくりと歩きます。湖面は遮るものが無いので風がとても冷たかったです。
c0030967_1444079.jpg 朝、サンディーズをチェックアウトする時、雪の影響で高速道路が通行止めになっているという情報を聞いていたので、早めに帰ることにしました。お昼過ぎにスノーシューを切り上げて猪苗代湖まで下り、石窯ピッツァのランチを食べているときに交通情報を調べたら、やっぱり磐越道と東北道の一部が通行止め。白河まで一般道で行く羽目になってしまいました。でも運転するてっちんは雪道が楽しかったようです。東北道もまったく渋滞が無く、思っていたよりも早く我が家に到着しました。
 1泊2日のスノーハイク、ヒトもイヌも雪を堪能できました。さーて、次のフィールドは何処かなぁ。
[PR]
by p-kom | 2005-01-16 23:26 | アウトドア
1月13日(木) ワンのオタカラ ヴィッキー編
Geminiママのブログに、『ワンのオタカラ』ってのがありました。
犬飼いだったら、みんな「うん、うん」って頷いちゃうような記事でした。

先日のスノーシューの帰り、Geminiママがヴィッキーのオモチャ箱を見て
「ヴィッキーもオモチャ大尽(だいじん)だね~。」と言っていました。
60cm×45cm×40cmくらいの籐のバスケットに、おもちゃがてんこ盛りです。
圧倒的にヌイグルミが多くて、ピーピー鳴るオモチャも大半はヌイグルミです。
ラテックス系も少々。あ、あとヴィッキーが公園でゲットしてきた、テニスボール、ソフトボール、硬球なんかも。

うちではヴィッキーが勝手にオモチャ箱からオモチャを取り出すことは認められていません。
ヴィッキーはオモチャで遊びたいときは、遠慮がちにバスケットを鼻ツンします。
私が「ハイ」と渡してあげたオモチャがヴィッキーの第1希望でなかったとしても、
とりあえずは嬉しそうに、それを咥えてパカランパカランと狂喜のダンスをします。
でも所詮は第1希望ではないので、すぐにその辺にフイッと置いて、再度バスケットの近くをウロウロ~。
私の機嫌が良ければ、「それじゃないの~?じゃあコレ?」といろいろ出してもらえますが、忙しかったり腹の虫の居所が悪かったりすると、「遊ばないんなら片付けるよ!」と唯一出してもらったオモチャも仕舞われてしまいます。
そういう時の『アッ、シマッタ~!』っていうヴィッキーの顔が、結構笑えます。

自分のオモチャ箱からは、けして勝手にオモチャを引っ張り出さないヴィッキーなのに、オトモダチの家に行くとイヌが変わるようです。
まずは一目散にオモチャ箱とおぼしき場所へ突進し、顔を突っ込んで手当たり次第です。
うちではこうじゃないのに~、と言ったところで、ヴィッキーの行状を見ると説得力ゼロです。
これって何故なんでしょうか。家では勝手すると叱られるから?
それともオトモダチがどんなオモチャを持っているのか、確かめずにはいられないとか?
オトモダチの家では、私が本気で怒らないとタカをくくっているのか?ナゾです。

c0030967_1011512.jpgそれはそうと、ヴィッキーはオモチャをとっても大切にします。
大切っていうのは、守って他のコに渡さないという意味ではなく(まぁ、そういうところも多分にありますが)、後生大事に壊さないように長く愛玩する、という意味です。
一昨年、健太ママからいただいたキティちゃんの頭のイチゴも、去年くみさんからいただいたカエルちゃんの花飾りも、もちろん顔のパーツも全部健在です。
破壊しないまま、いかにヨレヨレガビガビにするかがヴィッキーの命題だったりして。(笑)

Geminiママの中国土産のパンダちゃんが、今いちばんの『お気に』です。
合計3ピキいただいたのですが、一等可愛いフカフカでリアルなコは、ヴィッキー立ち入り禁止の寝室のベッドにいます。
次に可愛いチャイナ服を着たコは、工房のシェルフの上の方に鎮座しております。
で、マペットタイプの一番安そうなコ(笑)だけ、ヴィッキーにあげました。
マペットタイプなので手を入れて動かしてあげると、もう『ヴィッキー、大興奮!』状態です。
このパンダちゃん、ヴィッキーに咥えられ、振り回され、カミカミされ、時には投げられ、もうヨレヨレ・・・。非常に良い仕上り具合です。

c0030967_1014663.jpgGeminiママのところに『片目がない』って書いてありましたが、よく見てください。
最初から、左眼が超奥目だったんです。しかもずっこけてるし。
鼻は、実家に持って行ったときに、実家のテンテン(パグ)に齧り取られました。
テンテンが鼻を取ってしまった時、ヴィッキーは猛烈に怒っておりました。
『なんで取っちゃうのよ~!大事にしていたのに~~!』ってカンジ。
むしりたがり、脱がせたがりのジェミニと、ダイジダイジのヴィッキーの真中に、新しいヌイグルミ(もちろん着衣)をひとつ置いたら、大変なことになりそうです。
[PR]
by p-kom | 2005-01-13 10:07 | ワンコ
1月9日(日) スノーハイク@玉原高原
年が明けたらいきなり寒い日が多くなりました。
天気予報を見ても、山間部は雪マークが付いてる日が多いし、これはいよいよスノーシューシーズン!ということで、群馬の玉原(たんばら)高原に行ってきました。
メンバーは隊長てっちん、副隊長ぴーこ、訓練兵Geminiママ(笑)、そして斥候のSSS。
SSS:ジェミニとヴィッキーの『なんちゃってシスターズ』の別名、Super Stupid Sistersの略です。)

前日、Geminiママに、「8時にうちに集合ね~。」と言っておきながら自分たちの準備に時間がかかり、出発が9時くらいになってしまいました・・・。イカン、イカン。
気を取り直して関越に乗ったのですが、人間考えることは同じようで、スキー場に向かう車であちこち渋滞してました。
最後の沼田IC出口付近の渋滞をナントカ抜け、スキー場手前の駐車場渋滞をノロノロと進み、やっとこさ目的地に到着したのですが、さらに身支度に手間取り・・・。
あ、Geminiママは準備万端、素早く支度をしていました。申し訳ない。

で、駐車場脇の雪の壁を登って林の中に入ることには、すっかりお昼も回ってました。

c0030967_21302680.jpg林に一歩足を踏み入れると、スノーシューを履いているにもかかわらず膝の辺りまで雪に埋もれてしまいます。
まさにフッカフカの新雪。スノーシューでないと踏み入ることができない銀世界でした。
最初は『ウッヒョヒョ~イ!』とばかりに弾けていたSSSですが、すぐにラッセルのシンドさを学習したのか、ちゃっかり人間の付けた踏み跡をトレースするようになりました。
キミたち、それでは斥候の役目を果たさないではないか。

枝にいっぱいの雪を乗せている針葉樹の森から、ブナ林へと植生が変わると体感温度が一気に下がり、指先や足先が凍えます。
ブナは落葉樹なので葉っぱがすっかり落ち、風が吹き渡って寒いのです。
SSSは駐車場に付くまでは、鼻笛二重奏で喧しかったくせに、いざフィールドに入ったらあまりの雪の多さに畏れをなしたのか、基本的に人間の近くをウロウロしていました。
雪球を作って「ボールだよ~」と挑発し、放り投げて「探せ!」と無理難題を言ってみたのですが、「そんなの探せるわけないじゃん!」と抗議の目で睨まれてしまいました。
c0030967_21305584.jpg

去年、同じフィールドでスノーハイクをした時は晴天で、駐車場の1200m付近から、スキー場のリフト降り場よりも上、1450m付近まで歩いたのですが、
今回は雪がずっと降り続いていたのと、一歩進むたびに膝まで埋まる新雪のため、なかなか先に進めず、キャンプ広場の炊事場にたどり着いた時点で既に3時近く。そこで遅~いお昼ご飯を食べて、引き返しました。

帰り道、お約束の『新雪にダーイブ!』を3人でやりました。
だーれも他に人がいないブナ林で、ゲラゲラ笑いながら雪まみれになっている飼い主たちを
横目で見るSSSの表情は、心なしか冷ややかだったような・・・。
ともかく、とても楽しかった2005年の初スノーハイクでした。
[PR]
by p-kom | 2005-01-09 23:28 | アウトドア
1月6日(木) VICKI's工房オープン!(笑)
早いもので、今年でVICKI'sも3年目に入ります。
いやぁ、我ながらよく頑張った。(笑)
今年は更なる飛躍の年にしなくては・・・。

c0030967_21284046.jpg

で!自宅にVICKI's工房なるものを作ってみました。
と言っても、北側のPC部屋を模様替えしただけなんですが。
実は、今までVICKI'sのお洋服は、和室の座卓にミシンを置いて
座椅子に座りながら、まさに内職的雰囲気で製作されていたのでした。
しかしながら長時間畳に座りながらの作業は腰に来る!
途中でPCも使うこともあるし、布の裁断はダイニングテーブルの上だし・・・。
非常~に効率が悪かったので、すべて一ヶ所にまとめることにしました。
年末、てっちんも動員して床張りから始め、今日ようやく大体のカタチになりました。
気分を盛り上げるために表札なんかも出しちゃったりして。

一ヶ所集約型だと、やっぱり作業性が格段にアップします。
モノをあちこち探す必要も無いし。
実は、私はモノを適当に置いて忘れちゃうタイプなんですよね・・・。
創作系家庭科は得意なんですが、片付け系家庭科がどうもニガテなのです。
[PR]
by p-kom | 2005-01-06 21:27 | 徒然
1月4日(火) 2005年もヨロシク。
2005年がスタートしました~。
今年もてっちん、ヴィッキー共々ヨロシクオネガイイタシマス。

それにしても大晦日の雪は凄かったですね・・・。
我が家は大晦日の朝に自宅を出発して、伊豆の私の実家へ向かったのですが、
実家到着2時間後には、東名をはじめ高速道路や首都高が軒並み通行止めになってました。
あと出発が3時間遅かったらアウトだったかも・・・。

2日に我が家に帰ってきて、3日には青梅のてっちんの実家へ行きました。
青梅は東京都ですが、かなーり寒い。
大晦日の雪は20cmくらい積もったそうです。
実家の裏に広いグラウンドがあって、ここはヴィッキーのお気に入りポイントなんですが、
3日になっても、多いところで10cmくらいの積雪がありました。
早速、2005年の初雪遊びができました。
c0030967_2127296.jpg


さてさて、2005年はどんな年になるんでしょうか。
去年は災害が多い年だったので、今年は平穏であるといいなぁと思います。
我が家的には、去年に引き続きてっちんの海外出張が多い年になりそうです。
留守をしっかり守りつつも、ヴィッキーとふたりで冒険しちゃおうかなぁ。(笑)
[PR]
by p-kom | 2005-01-04 08:25 | 徒然