<   2005年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧
3月15日(火) 黄色いニクいヤツ
c0030967_2213326.jpg
 うちにもとうとうやって来ました。黄色いニクいヤツ!そう、ダイソン君です。ずーっと前から欲しいなぁ、でも高いし~、それに今の掃除機壊れてないし~、とモンモンとしていたのですが、ようやく3年越しの恋が実りました。
 アメリカの家庭に遊びに行くと、必ずと言って良いほどダイソン君が鎮座ましましているんですよね。この前シアトルに行った時も、ショーン君のおうちにありました。連れて行ってもらったCOSTCOで400ドルくらいで売っているのを見つけ、買って帰ろうかと真剣に悩んだのですが、箱のサイズが大きくて超過料金取られそうで諦めました。
 今回もてっちんに偵察してきてもらったのですが、今COSTCOに売っているのは縦型スタンドタイプのDC07ってやつのみ。これは、ヘッド部分が巨大!なので、広くて調度もスッキリしているアメリカ家庭には良くても、狭くてゴチャゴチャしている日本の家には向かないだろうと、またも諦めたのですが。
 最近、ワン飼いでダイソン君を迎え入れる方が増え、どーにもこーにも欲しくなってしまったのでした。ネットでいろいろ調べ、最安値の見当を付け、業者を探し出し、直接話をつけて(笑)4万チョイでゲット~。本当は翌日に配送してくれるという話だったのですが、週末家を空けるので日時指定をして、本日午前中めでたく我が家の一員となったのでした。
 取説を読み、組み立て(さすがにデカイ)、スイッチオン!ブヲヲヲヲォォォォンンン!と昔の掃除機のような頼もしい(喧しい)音。今まで使っていたのが国産コードレス掃除機で小型だったので、ヒヨッコとオトナくらいの違いがあります。そして、その吸引力。謳い文句にしてるだけあってスゴイ。
 我が家はヴィッキーが入れる場所は、タイルカーペットやコルクタイルを置き敷きにしています。それらがヘッドにくっ付いて持ち上がる!廊下のタイルカーペットは1枚1枚別々だからまだいいけど、リビングのコルクタイルは連結式なので、芋づる式に持ち上がる!!いや~、参りました。掃除のたびにコレでは困るので、早速ミラクルジェットというヘッドを購入いたしました。これもかなりの優れモノらしいので、来るのが楽しみです。
 で、肝心の集塵能力なのですが。クリアビンに溜まったヴィキ毛、人毛、埃、土、塵あくた・・・。うわぁ~、こんな中で生活していたんだ・・・とかなりショックを受けました。今までだって、チョコチョコと掃除機掛けていたのになぁ。溜まったゴミの9割方はヴィキ毛と推測されるのですが、白茶色の細かい粉がクリアビンの壁にビッチリ。これってヴィッキーが運び込む泥と、人&犬のフケや垢なんでしょうねぇ。ううう。
 あまりに良く吸い込むので楽しくなって、1時間も掃除してしまいました。何事も結果が見えるっていいですよね。掃除の後は部屋の空気が心もちクリーンになったような。風邪ひき以来ずっと続いている咳も、ちょっとは軽くなったような。ともあれ、ダイソン君、広告に偽りナシ!でした。
[PR]
by p-kom | 2005-03-15 22:13 | 徒然
3月13日(日) 2005年初キャンプ♪
c0030967_2057290.jpg
 てっちんがシアトルで1ヶ月頑張っているというのに、私は伊豆で今年の初キャンプを楽しんでしまいました。Geminiママ&ジェミニちゃんと、私&ヴィッキーでオンナふたり♀2ピキのキャンプです。伊豆市にあるキャンプ場ポマトランドは、実は私の実家から車で30分足らずの場所。(笑)でも以前から気になっていたのでした。大人2名で5000円、子供はタダというバリバリのファミリーキャンプ場なので、混み合うオンシーズンは遠慮したいところなんですが、ワン連れキャンパーに対しても理解があるキャンプ場なので、晩秋~早春の空いている時期であれば行っても良いかな?と思いました。
 今回はジェミニ家の心強いギアであるリビングシェルにホットカーペットを敷いて、食べるのも寝るのもこの中、という非常にぐ~たらなスタイルでした。折りしも強風吹き荒れる川ッぺりのキャンプ場、この一点豪華主義的選択は正解でした。設営&撤収が楽チンですから。
 土曜日のお昼前にジェミニ家と待ち合わせ、SSS(お馬鹿ななんちゃってシスターズ)を川遊びさせ、人間は美味しいお寿司ランチに舌鼓を打ち、キャンプ場にチェックイン後ボール遊びをし、リビングシェルの中でゆったりまったり晩ご飯。この部分はどうぞGeminiママのブログをご覧下さいね。

c0030967_21152741.jpg さて、明けて日曜日。朝メシ前のひと遊びということで、まずはサイト下を流れる狩野川での激流スイミング。去年、大きな台風が立て続けに上陸したので、岸には大きな流木がゴロゴロしてました。そのうちの1本をSSSが争ってレトリーブしてました。流れに乗って実力以上のスピードで泳ぎ流木に喰らいついたヴィッキー、さて戻ろうとターンしかけたのですが、流木が大きすぎてバランスを崩し、危うく水没するところでした・・・。それでも2度3度とトライ。その度にガボッと沈みそうになります。最後には諦めて流木を放し、必死の形相で戻ってきました。(笑)・・・いや、笑っちゃいけないよね。ヴィッキーなりに頑張ったんだから。
 夜半過ぎまで吹き荒れていた風もだいぶ収まったとは言え、それでも朝はかなり冷え込んでました。全身ずぶ濡れの2匹はかなり寒そう。で、川遊びは早々に切り上げ、キャンプ場から続く『Pet Walk』なる川沿いのあぜ道をお散歩です。こういう道を歩くとき、本当に2匹とも楽しそうです。前になり後になり、軽やかに歩いていきます。眼下に流れる川が気になるようでしたが、護岸工事されたコンクリ斜面がほぼ垂直に近く、流石の水キチ2ピキも『行っちゃいけない』と悟ったようでした。
c0030967_2129126.jpg あぜ道の突き当たりまで歩いて、引き返しました。あぜ道にはハコベ・ヨモギ・フキノトウなどの春の野草が芽吹いていました。春の野に出ると、ついつい下を向いて歩いてしまいます。ナニカ食べられるものは無いかな~。(笑)キャンプの時、こういう山野草を摘んできて食すのが、また楽しいのです。今回も河原で食べごろの菜の花の蕾を見つけ、ありがたく頂いてきました。その菜の花と昨夜の残り物で、菜の花ペペロンチーノの朝ご飯を作りました。適当に作ったわりには案外美味でした~。

c0030967_21353897.jpg 朝ご飯を食べ、ボチボチと片付けをし、リビングシェルを撤収してからもうひと遊び。最初、チェックアウトは10時だと思っていたのですが、なんだかどこのサイトもノンビリしているし、だったら良いかということでボール争奪戦です。
 ジェミニとヴィッキーをラインに並んで座らせ、待ての状態でボールを離れた場所に置きにいき、合図と共にスタート!です。もう、フライングだろーがにじり寄りだろーが、どんな手を使ってでもゲットするわよ!とふたりとも真剣そのもの。でも、全然見当違いのところを一所懸命探しているのが、所詮犬智恵なんだなぁ。(笑)キミ達、もっと上を見て生きようね。
 ひとしきりボール遊びに興じた後は、訓練ゴッコ。このサイト、地面の境界線にロープが張ってあるので、それを競技会のコの字コースに見立てて練習です。こんな時でも練習を怠らないのに、どうして実を結ばないのかなぁ。ともかく、ふたり順番に練習・練習。でもやっぱりジェミニちゃんはどよよ~んとなってしまったようでした。(笑)
c0030967_2149554.jpg
 ジェミニちゃんの気分を盛り上げるため、Geminiママがボールを持って楽しそうに歩いていたら、ヴィッキーが『チョーダイ、チョーダイ』と妨害行動。あんまりまとわりついてくるので、それじゃあと考案された、名付けて『ダブル脚側行進』。おお~、結構マトモに歩いているではないか。いつも競技会では、お互いの存在が気になって仕方ないふたりなので、いっそのコトこうやってまとめて出るってのはナシかなぁ。この後、『伏せ』や『立って』も一緒にやってみたのですが、ヴィッキーは日本語のコマンド、ジェミニちゃんは英語コマンドなので、非常に紛らわしくちぐはぐなことになってました。ヴィッキー、英語で質問されて意味もわからず「イエ~ス!」と頷いてる情けない日本人みたいだった・・・。
c0030967_2152950.jpg お昼に近くなってキャンプ場を出発し、またまた狩野川の河原へ。いつも実家に来ると遊んでいる、ヴィッキーの秘密基地にジェミニちゃんをご案内~。ゴロゴロ石の河原を歩いていたら、丁度良い大きさの割と新しそうなバスケットボールを発見!早速このボールでレトリーブごっこ開始です。
 簡単にパクッと出来ない大きさなので、水面でこれを咥えるのは結構タイヘンそうでした。勢いをつけてボールにアタックするも、咥える前に自分の鼻で押してしまい、そうするとボールは一旦沈んで1mくらい前に飛び出てきます。必死にモノにしようと頑張れば頑張るほど、ボールはピョンピョンと前方へ・・・。まるでヘタな水球ゲームか、はたまた滑稽なアシカショーか。首尾よく咥えることが出来ても、顎は90度開いた状態だし、犬歯がストッパーになってボールが口にはまってしまう始末。やってる本犬たちは必死なんでしょうが、実に笑えました。
 この河原の一段上に、広い野芝のグラウンドがあります。濡れた体を乾かすついでに、今度はここで遊びました。2匹とも目一杯遊びまくってきっと楽しかっただろうと思います。こうやって遊んでいると、やっぱり性格の違いがはっきり出て興味深いです。ヴィッキーは思ったことがすぐ顔に出る、わかりやすい性格なんですが、ジェミニちゃんはすました顔していろいろやっちゃう、実は策略家だったんですよ~。(笑)
 ともあれ、いっぱい遊びいっぱい食べ、とても楽しい1泊2日のキャンプでした~。
[PR]
by p-kom | 2005-03-13 20:56 | アウトドア
3月10日(木) サヨナラ、健ちゃん
c0030967_20274457.jpg
 昨日3月9日、ヴィッキーのお友達の健太君がこの世を去ってしまいました。闘病生活を乗り越えて、いつかまた遊べる日が来ることをお祈りしていただけに、辛い悲しい出来事でした。人間も犬も限りある命、いつかはお別れの日が来ることは避けて通れない自然の摂理とは言え、やっぱり理屈では片付けられない淋しさがあります。健ちゃんはヴィッキーの初めてのボーイフレンドでした。

 健ちゃん、そして健太ファミリーに初めて出会ったのは3年前の4月の終わりでした。ヴィッキーを連れて出かけた朝霧FDGで偶然にお会いしたのでした。メスの中でも小柄なヴィッキーを見慣れた目には、立派な4歳の男の子フラットはとても大きく、逞しく映りました。健ちゃんのボールが欲しくて後を追いかけるヴィッキーに、ちょっと困った顔でそれでも優しく遊んでくれた健ちゃんでした。
 次に会ったのは半年後、やっぱり朝霧でした。それから時々一緒に遊ぶようになり、ドッグランや健太プール、水泳、雪遊び、キャンプ・・・。ヴィッキーは何故だか健ちゃんの持っているオモチャが欲しくて仕方ないようでした。健ちゃんがボールを咥えると、すかさずはみ出しているボールをヴィッキーが思いっきり引っ張るのです。
 このボールの引っ張りッコはふたりが会うと必ず始まりました。上の写真もそう。頬っぺたをくっつけあったまま、数分間ふたりで固まってました。そんなふたりが可笑しくて、周りにだんだん人が集まってきたり。自分よりずっと小さいヴィッキーなのに、無理やり奪い取らないところが健ちゃんの優しさでした。

c0030967_20465071.jpg
クリックで拡大します

 いつだってヴィッキーの良きアニキだった健ちゃん。いっぱいツーショットのお写真がありました。写真を1枚1枚眺めていると、その時の健ちゃんの笑顔が蘇ってきます。私がVICKI'sを立ち上げる前、ヴィッキーのものではないお洋服を作ったのは健ちゃんが初めてでした。あの1着があったから、今のVICKI'sがあるのかもしれません。
 本当は最後に一目会いたかった。でも、頑張って病気と闘っている健ちゃんに遠慮して、会いにいけませんでした。それがとても心残りです。

 昨日はとても暖かい、まるで春のような日でした。今朝、オサンポで公園を横切ったら、桜が一枝咲いていました。立ち止まって見上げたら、枝の向こうに白っぽい春の空がありました。
 健ちゃん、さようなら。たくさんの思い出をありがとう。
[PR]
by p-kom | 2005-03-10 21:18 | ワンコ
3月9日(水) 花粉が見えそう・・・
 今日はエラく暖かい1日でした。最高気温が19度!?昼間、テクテクと買い物に行ったら汗ばむくらいでした。きっと花粉もすごーく飛んでるんでしょうね。我が家はマンションの12階なんですが、窓から外を眺めると白っぽく煙っています。あれって花粉なんでしょうか・・・。

c0030967_1832461.jpg ヴィッキーのサンポは朝がメインです。油断すると(笑)1時間半くらいかけてしまいます。歩くだけだったら1時間くらいのコースなんですが、折り返し地点の雑木林で遊ぶのが楽しいのです。遊ぶ前にちょこっと訓練、訓練。
 ヴィッキーは訓練のモチベーションとしてボールを使うと超興奮状態になるので、まずはクッキーや砂肝チップを使って抑え気味に練習。この前の土曜日に教わったことを復習しつつ、少しずつ新しい技も練習します。今は『くぐり系』を練習してます。落ち着いている時はスムーズにできるようになりました。落ち着いている時は、ね。興奮するとあらぬ方向からくぐろうとしたり、勢い余って高速回転したり・・・。溶けてしまいそうな勢いです。いかに落ち着かせるか、これが永遠の課題です。
c0030967_1844928.jpg
 15分ほどお稽古してからボール遊び。ヴィッキーはおもちゃで遊ぶ時、テキを咥えると激しく頭を振ります。猟犬としての本能的な行動なんでしょうが、あまりに激しく振るので脳みそが溶けないか心配です。ブンブンボールのゴムの部分を咥えたりすると、体にボール部分がバッツンバッツンぶつかってます。痛くないんでしょうか・・・。頭を振りながらロデオよろしくピョンピョン回るので、たまにボールが私の足を直撃します。私は痛いです・・・。

c0030967_18485154.jpg 今日、ヴィッキーのフードが宅配で届きました。ヴィッキーは吉岡油糧さんのフードを食べてます。ヴィッキーの体調に合わせて調合してもらえるし、午前中にオーダーすれば、当日製造して翌日には届くので、安心・便利なのです。1kgに小分けされたフードの封を切ると、なんとも言えず美味しそうな匂いがします。実際に私も味見したけど、本当に美味しかったです。牛乳かけてシリアルみたいにして食べたら結構イケるかも。
 今回はフードと一緒に、オヤツをいくつか頼んでみました。和牛の骨と馬肉チップス、それとプロテイン配合のスティック状のクッキー。さっそく和牛の骨をあげてみたら目の色が変わりました。ゴリゴリ齧っているときの目は、ものすごく怪しいです。
 一度に食べ過ぎるとお腹をこわすと困るので、5分くらいでオシマイにしました。「後でね」と言ってハウスの上に置いたのですが、どうやらずっと気になっていたようです。夕方のオサンポの後、足を拭いて家に上がった途端、リビングにダッシュ!オモチャも出してないし、なにかなぁと思ってリビングに入ってみたら、ヴィッキーはハウスの上の牛骨を見つめて足踏みしていました。(笑)ちょっと背伸びすれば届くところにあるのに、『取って~』って言ってるヴィッキー、いじらしいぞ、ちくしょー。
[PR]
by p-kom | 2005-03-09 19:08 | ワンコ
3月5日(土) 盛りだくさんな1日
 自分なりにいろいろ研究・試行錯誤して続けているヴィッキーの服従訓練、ちょっと壁にぶつかってしまいました。ヴィッキーは練習では楽しげに集中してやるのですが、これがいざ競技会となるとウヒョってしまって出だしの脚側行進でつまづきます。まぁこれはヴィッキーのせいではなく、実力を発揮させることの出来ない私の不甲斐なさに尽きるのですが。
 昨シーズンは、近所の警察犬養成学校に通ってトレーニングをしていました。警察犬養成学校でもあり、訓練士養成学校でもある訓練所なので、当然のごとく沢山のシェパードがいます。根がビビリ屋のヴィッキーは、ここの雰囲気がオシッコちびるくらい怖かったようです。最初の頃は楽しく脚側も出来ていたのですが、だんだん雑になり、競技会でも集中せずに逸走すること数回。なので今年は独学で頑張ってきたのですが、やっぱり限界があるようです。
 そこで、競技会の時に顔を合わせることもあり、時々アドバイスをいただくこともあった、K先生に習うことにしました。ヴィッキーはTちゃん、ジェミニちゃん、ララちゃん&ジルバ君の後輩になりました♪お稽古の場所までは遠いけれど、なによりジェミニちゃんたちがいる前で練習できるのが良いと思ったのです。本番(競技会)と似通った状況で練習できるっていうのは、きっとプラスになるはずです。

c0030967_12154336.jpg
 ヴィッキーは服従訓練自体は好きなようなのですが、とにかく落ち着きが無くすぐに興奮してしまいます。いつだって尻尾は上がってブンブンです・・・。勢い余って私から離れたり、先に行ったり。そういうコの方がトレーニングは楽だという話はよく聞くのですが、その落ち着きのなさに悩んでいる私にしてみると、指導手の1歩後くらいを静々と淡々と歩けるコが羨ましくて仕方ありません。なんとかヴィッキーを私に集中させようと、ことさら褒めてみたり自分がキビキビ動いてみたり。
 ところが、ヴィッキータイプのコにはそれが逆効果だったようです。ヴィッキーはほんの少し褒められるだけでも『嬉しい~♪』となるので、かるーく頭を撫でる程度の褒め方でも十分で、大袈裟に褒めるとウヒョりを増幅してしまうことになるそうです。おお、そうだったんだ~。
 時々フラフラする度に、後で隠れてリードを持っている先生にチョークを入れられ、真上に上がっていた尻尾も徐々に下がり、最後には斜め下でパタパタ振る程度になりました。(笑)一度それくらいまでクールダウンさせて、『訓練は遊びでは無くて落ち着いてやるもの』という認識がヴィッキーの中で出来上がったら、少しずつアクセルを開けていくのが良いそうです。フムフム。
 ともかく、いっつも真上でブンブン振っているヴィッキーの尻尾が、水平に近い位置でリズミカルに左右に振れるようになるのを目指すことになりました~。とても勉強になり、充実したお稽古でした。

 ジェミニちゃん、ヴィッキー、ジルバ君と順番にお稽古をして、お昼に近い時間になったので、Geminiママと駒沢の『餉餉(けけ)』でランチをしました。有機野菜をふんだんに使った和食のお店で、珍しいブッフェスタイルです。土曜のお昼時で店内は混んでいて、ついた席は窓に近い犬連れOKの場所でした。でもヴィッキーもジェミニちゃんも車中待機です。
 私たちの周りはほぼ100%がワンコ連れ。しかも9割以上が小型犬でした。同じ犬種を飼っているお友達同士がワンコ連れでランチしているのですが、はっきり言ってマナーは最悪でした。椅子の上には座らせるは、テーブルに足を掛けたりお皿から料理を盗み食いしても注意しないは、ギャンギャン吠えるは・・・。特にトイプーグループが甲高い声で吠えつづけているので、思わず「うるさいなぁ。(怒)」と小声で言ったら聞こえたらしく、「うるさいって言われちゃったよ。(怒)」とヒソヒソやられました。
 トイプードルは本来はとても賢く、競技会でも上位入賞するコがいる程なのに、飼い主の意識の違いでこうもなってしまうのか・・・と考えさせられました。私はワンコ服を作ることを仕事としているので、こう言ってはナンなのですが、ゴテゴテと着飾らせたりヘアカラー(!)させたりする金と労力があるなら、もうちょっと躾に目を向けたら?と腹立たしくなりました。ま、所詮他人の犬だから、どーでもいいんですが。
 せっかく良い雰囲気、美味しいお料理のお店なんだから、スタッフがもっと毅然とした態度で注意すればよいのに、などと思ってしまいました。しかし、こんなこと言ってるのも、なんだか文句好きのオバチャンみたいですね~。ヴィッキーと同じで私も興奮性なんでしょうか・・・。

c0030967_11274552.jpg ランチのラストオーダーまで居座って(笑)、その後ジェミニちゃんの秘密基地、多摩川の中洲に案内して貰いました。ちょっとだけ雪が残っている寒風吹きすさぶ多摩川に、嬉々として入水する黒犬2匹と、長靴履いて一緒に水の中を歩いて渡る酔狂なヒト2人を、河原にいる人々は半ば呆れ顔で眺めていました。大好きなジェミねーたんと河原で遊んだヴィッキーはとっても嬉しそうでした。
 川面には沢山の鴨のグループがノンビリと浮いていました。小さくて鳴き声が可愛いコガモの一群や、尾っぽが長くてシックなオナガガモさんたちは、黒い物体がざぶざぶと水に入ってくると、さりげなーく背中を向けて、さりげなーく遠ざかって行きました。でも我々が撤収すると、元の場所に戻ってきました。やっぱり中洲の近くが安心で良いんでしょうね。安息の場にドカドカと踏み入ってしまってゴメンね~。

c0030967_12164956.jpg ジェミニちゃんは多摩川で泳ぐと必ずカイカイになってしまうそうです。ヴィッキーも初めて泳ぐ場所だし、それに砂にまみれて遊んでキチャナイ犬になっていたので、いぬたまのセルフシャンプーに直行して2匹を順番に洗いました。ヴィッキーは家では「お風呂?」と聞くと尻尾を丸めてハウスに避難します。でもけっしてシャンプー嫌いなわけではなく、洗ってあげると気持ちよさそうな顔をします。今日は初めてのシャンプーシンクに入れられ、Geminiママと私の2人がかりで洗われて神妙な顔でジーッとしていました。シャンプーの後はトリミング台に乗せられ、ドライヤーでブオォォォ~っと乾かしてフコフコ犬の出来上がりです。
 綺麗になったところでお洋服着せて、ガーデンアイランドのJOKERまでお買い物に行きました。トレーニングに使うブンブンボール、ヴィッキーは紐タイプのはあまり好きでは無いらしく、ゴムタイプがお気に入りです。この前の競技会の時にゴムが切れてしまったので、同じモノを2個新調しました。買い物の後、店内に設置してある体重計で体重測定。冬毛でモコモコになっているヴィッキー、ちょっと太ったかな?と思ったのですが21.6kgでした。やっぱりチビスケだ~。
 Geminiママが、ヴィッキーサイズだったら中型犬だよ、というのですが、私もまったくそう思います。アメリカではフラットは中型犬ですが、日本ではレトリーバー種は大型犬に分類されます。『大型』か『中型』かで、飛行機やフェリーで受け入れが左右されたり、宿泊の値段が違ったりするのですが、それってなんだか理不尽です。訓練競技会もしかりです。フラットというだけで大型犬に分類され、障害飛越のハードル高は70cmです。例えばボーダーコリーのような中型犬は40cm。でもヴィッキーは体高も体長も、ボーダーと殆ど同じなんです。体重はちょっと重いけど。

c0030967_1255247.jpg で、『ヴィッキーは中型犬』という事実を証明するために、中型犬用のドッグキャリーに乗せて見ました。(笑)ちょっと(かなり?)窮屈だけど、一応オスワリして乗れます!この証拠写真を持参して、競技会の時に「中型犬です!」とゴネれば、ハードル40cmでOKだったらいいのになぁ。
 すっかり夜になってしまったのですが、Geminiママのおうちにお邪魔して、人間もワンコも晩ご飯を食べました。なんちゃって姉妹のジェミニちゃんとヴィッキー、ご飯を食べるタイミングもスピードもまったく一緒でした。どうもヴィッキーはジェミニちゃんの真似がしたいようです。「おねーちゃん♪」と甘える妹と、「うるさいわねぇ」とちょっぴり邪険にする姉、という感じで見ていて可愛いです~。
 別にお泊りするわけではないけど、お揃いの赤パジャマを着て記念撮影。ヴィッキーは普通にしているのですが、ジェミニちゃんはちょっとご機嫌ナナメ。どうもパジャマを着たら眠くなってドンヨ~リしちゃったようです。イジケモードが少し入って、両手両足折りたたんでイジイジしていました。(笑)そういうところが人間臭くて、なんだか笑ってしまいます。ヴィッキーは直球真っ向勝負!な犬生を突き進んでいて、『駆け引き』なんて考えは微塵も無いようですが、どうやらジェミニちゃんの脳みそはヴィッキーの数倍大きくて皺もいっぱいありそうです。
 あー、長い1日でした。最後まで読んでくれた方、お疲れ様でした~。
c0030967_1214160.jpg

[PR]
by p-kom | 2005-03-05 23:06 | 訓練
3月4日(金) この冬イチバンの雪
 またもや雪です。この冬は雪が多いです。大晦日の雪に始まり、すでに5、6回は積もってます。今回はこの冬一番の積雪で、うちの辺りは7~8cmは積もったでしょうか。昨日の夜10時過ぎのトイレサンポの時はまだ曇っていたので、未明から降り始めたのでしょう。
c0030967_10575341.jpg
 朝7時過ぎ、期待して外に出たら思った以上に積もっていたので、ヴィッキーは全身タイツ&ライフベストを着用。まずは一番近いオトウカ山公園に行きました。だーれも踏んでいない新雪の広場がありました。ヴィッキーとふたり、雪が激しく降りしきる中、雪玉キャッチをして遊びました。
 本当はトイレだけ済ませて帰るつもりでしたが、あんまりいっぱい降っているので楽しくなり、少し先の公園までザックザックと歩いていきました。こっちも綺麗な一面の雪です。雪面を良く見ると、野鳥の足跡がいろいろついていました。こんな雪でも地面を歩く鳥がいるんですね。公園横のバードサンクチュアリの人造池の鴨さんたちは、水から上がって葦の生えた中の島で寄り添っていました。やっぱり寒いのかな?
 雪の日は近所の散歩でも、いろいろ発見もあって楽しいです。桜の時期まで、あと1回くらいは積もるでしょうか。
c0030967_1151573.jpg

[PR]
by p-kom | 2005-03-04 10:54 | 徒然
3月1日(火) 春は名のみの。
c0030967_21205720.jpg
 3月になりました。でもまだまだ寒気が居座っているようです。今週末、また雪になるみたいです。でもあとひと月もすれば、桜が舞う季節なんですね~。
 風邪をひいて以来、オサンポも近場で済ませることが多かったので、今日はヴィッキーの好きな調整池回りのコースに出かけました。ここは数年前まで、田んぼの中に普通に道がある場所だったのですが、道を封鎖し盛り土をし、広大な調整池がふたつ生まれたのです。
 土手は結構高くて池の底の部分から見ると、5m以上はあると思います。上の写真に写っている私とヴィッキーの影を見ると、スケール感がわかるでしょうか。普段は水は溜まっていないのですが、大雨の時とか近隣の河川の水を引き入れて、オーバーフローを防止するようになっています。底には萱や葦が茂り、ちょっとした水場もあって、鷺や鴨のオアシスになっているようです。日が傾いてきた頃、この土手をヴィッキーとポテポテ歩くのが、私も大好きです。
c0030967_21292843.jpg このコースを歩く時は、ヴィッキーもノーリードです。土手をダーッと駆け下りていったり、先に歩いていく私を追いかけて勢い余ってブチ切れ走りになったり、とっても嬉しそうです。別に何かして遊ぶわけでは無いのですが、こうやってのんびり歩ける場所があるってありがたいです。
 こういう場所なので、もちろんオサンポワンコも多いです。この辺りはちょっと田舎な雰囲気なので、ノーリード散歩の犬が殆どです。しかも大型犬が多いです。
 だからというわけでは無いんでしょうが、犬同士すれ違ってもあまりお互い干渉しないし、ギャンギャン吠えるコもいないし、放置ウンチもあまりありません。ヴィッキーも他の犬にあまり構うことなく、私の半径5m以内くらいを楽しそうに歩きます。飼い主がのんびり落ち着いていると、犬もノンビリするんでしょうか。ほら、ヴィッキーもニヘラ~と笑ってます♪
c0030967_21373841.jpg

[PR]
by p-kom | 2005-03-01 21:19 | 徒然