<   2005年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧
錦秋キャンプ
10月22日(土)-23日(日)
c0030967_12111343.jpg
 てっちんが来週からまた下関に行ってしまうので、過密スケジュールを縫うようにキャンプしてきました。直前まで行けるかどうかわからなかったため、近場の穴場(笑)を探して決行。土曜日の朝もてっちんは仕事関係の大量の英文メールを書くのにてんてこ舞い。お昼に近くなっちゃったけど、ともかく出発です。目指すは『奥利根自然の森キャンプ場』。偶然見つけたこのキャンプ場、『キャンプ場』という名前はついてますが、実際はトレッキングする人のための駐車場で、「野営したかったらしても良いよ」という程度のものです。なのでトイレはあるけど水場は無し。でも何と無料なのです~。関東エリアで無料は貴重だ!

c0030967_12112734.jpg 関越を水上ICで下り、奥利根方面へ向かいます。やがていくつかのダム湖があるエリアを通り過ぎます。藤原湖、奥利根湖、奈良俣湖などがありますが、10年前奥利根湖でカヤックをしたことがあります。今はどちらかというと奈良俣湖でカヌー・カヤックがさかんみたいです。来年は奈良俣湖でやってみようかな。
 やがて道はだんだん狭くなり、照葉峡に差し掛かります。ここは紅葉の名所。今まさに紅葉の最盛期で、いくつもの滝が連なる渓谷に赤・オレンジ・黄色の紅葉が美しかったです。錦秋、という言葉がぴったりでした。
 高度が増すに連れて、紅葉の度合いが変化します。麓の水上ではまだ少し色づく程度でしたが、照葉峡は最盛期、さらに登ったキャンプ場周辺はすでに見頃を過ぎ、ブナの林もかなり落葉していました。キャンプ場は広い駐車場で、車が40~50台くらい停められそうなスペースのすぐ脇にテントを張れば、なんちゃってオートキャンプの体裁がとれます。到着は3時ごろでしたが、ほぼ満車状態。でも大半がトレッキングや観光客の車で、実際にテントを張っているのは7~8組くらいでした。

c0030967_1212023.jpg この駐車場から荷物を担いで小川の橋を渡ると、ブナの林の中で野営も可能です。駐車場は落ち着かないような気がしたので、エッチラホッチラ荷物を運んで、ブナの落ち葉の上にテント&タープを設営しました。駐車場から少し離れただけなのに静かで、この雰囲気が無料で味わえるのなら大満足です。水場は無いので、水は家から持参しました。
 暗くなる前にワインを開け、のんびりと夕食の支度をしているうちにだんだんと冷えてきました。小雨もパラついて寒いので、焚火にあたりながらご飯。あっという間に真っ暗になり、お腹も膨れ、薪も底をついたところでテントにもぐりこみました。時計を見たらまだ7時半。ビックリです。9時くらいかなぁ~と漠然と思っていたのに。てっちんはテントの中で仕事する、といってパソコンを開いたのに、すぐに眠くなってしまって、そのまま就寝。しばらくすると雨が激しくなって、雷も鳴り出しました。駐車場にテントを張っていたおじさんがアイリッシュを連れていたんですが、そのコがウォ~ンと吠えてました。ヴィッキーは雷には無反応で爆睡です。
c0030967_1213264.jpg
てっちん、ネズミ男みたいだ~


 雨は強くなったり弱くなったり一晩中降っていました。朝6時、ヴィッキーにオシッコをさせようとテントのファスナーを開いてビックリ!なんと雪に変わっていました。初雪です。早朝からトレッキングしようかなぁ~と考えていたのに、いきなり出鼻をくじかれて2度寝。起きたのは8時過ぎで、12時間くらい睡眠を取ってしまいました。ここんとこの睡眠不足がかなり解消されました。
c0030967_12155537.jpg
雪の重さでタープがたわんでます・・・

c0030967_12185847.jpg 雪がちらつく中、朝ごはんの準備。体を温めるため、具沢山の煮込みうどんを作りました。今回はゴミをなるべく少なくするように、野菜ものは殆ど冷凍のカット野菜を使いました。夜は冷凍ロールキャベツと豚肉、ひよこ豆の水煮パックとトマト缶でポークビーンズを作り、朝は冷凍和風野菜と夜のお肉の残りで煮込みうどん。ゴミも少ないし、冷凍食品はそのものが保冷材になっていい感じです。
 ヴィッキーはほんの少しだけ積もった雪ではしゃぎまわり、盛んに『遊ぼう!』オーラを発していました。タープに降り積もった雪を落としていたら、落ちてくる雪の下に入って大喜びでした。やっぱりアホアホ犬です・・・。



c0030967_12245358.jpg
道端に雪が残ってます

 ご飯のあと、テントを撤収。雪は氷雨に変わり、ご飯を食べているうちに止んでくれたので助かりました。片づけを全て終え、なんとか天気がもちそうだったので、少し山歩きをすることにしました。キャンプ場から森に入り、沢を越えて、ぬかるんだ山道を登ります。ヴィッキーは浮かれまくって、泥を跳ね上げながら行ったり来たりを繰り返してました。ところどころ激しくぬかるんでいるので歩きにくいのですが、色とりどりに染まった山々を眺めながらのトレッキングは気持ちよかったです。
c0030967_12261395.jpg
田代湿原に到着~

 キャンプ場から距離にして片道2.5km程度、標高差にして180m程度を、のんびりと田代湿原まで往復しました。天気がよければ田代湿原から南西方向に武尊山が望めるはずです。武尊山は標高2160mほど、来年の良いシーズンに登ってみようかな、と考えています。
c0030967_12262674.jpg

[PR]
by p-kom | 2005-10-23 23:20 | アウトドア
いいトコ、めっけ!
10月20日(木)
c0030967_21134914.jpg
 所用で朝から埼玉は日高市へ。それこそ埼玉県民でも、「日高市ってどこにあるの?」ってな感じですけど。なんだか北海道のような・・・。東京の奥多摩地区の北に位置してます。てっちんの実家の青梅市の隣が飯能市、さらに隣が日高市です。んで、この街には高麗川(こまかわ)って川が流れていて、巾着田という彼岸花の群生で有名な場所もあります。所用を済ませたあと、この巾着田にヴィッキーを連れて行きました。

c0030967_2114291.jpg なんで巾着田っていう地名かというと、高麗川がグーンとカーブして、上空から見ると巾着の形をしているのです。この、『巾着袋の内側』エリアに彼岸花が群生してるんですけどね。毎年、開花時期には何万人っていう人が訪れるらしいです。でもすでに花は終わってるし、平日なので閑散としてました。
 ここの川、水遊びに格好の場所です。川幅は狭いんだけど、適度な深さもあり、一部流れの速い場所もあり、なかなか楽しいです。川のカーブの内側が、ずーっと河原になっているので、人のいない場所を選んで犬を遊ばせられます。河原の反対側はちょっと小高くなっていて、広葉樹の林になってるから、紅葉の時期もキレイだと思います。
 端から端まで歩いてリサーチした結果、川のすぐ際まで車で降りられる場所も見つけました。またひとつ、楽しい場所がヴィッキーの脳みそにインプットされてしまったようです。
c0030967_2114102.jpg
少し休憩!と言われて休んでいるうちに眠くなっちゃったヴィッキー

[PR]
by p-kom | 2005-10-20 21:17 | 徒然
達成感!
10月19日(水)
c0030967_19494568.jpg 秋になると、街路樹も実をつけます。私は赤い実をつける木が好きです。ピラカンサ、ハナミズキ、コブシ、ナナカマドはオレンジっぽいけど、たわわに実った形が可愛いのです。写真は公園のハナミズキの実。ついつい枝ごと失敬したい衝動にかられます。
 全国的に秋晴れの日が続いているのに、何故だか関東地方だけずーっと雨。もういい加減アタマに来ていたんですが、ようやく今日晴れました。雨降りだとオサンポも近場で済ませてしまうので、今日はたっぷり歩きました。朝は弁天の森までの1時間コース、夕方は車に乗せて調整池まで行って、2周30分のコース。調整池でGRのゴンちゃんに久しぶりに会って、ヴィッキーはルンルンでスキップしてました。調整池の底は、数日の雨の影響で泥沼と化してます。そこを目掛けてゴンちゃんがダッシュ。ヴィッキーも負けじと後に続いて・・・。一昨日、久方ぶりにシャンプーした後なので、飛び込まれたら大変です。「ヴィッキー、いけない!来い~!アトへ~~!!」と大声張り上げて、すんでのところでギリギリセーフ。なんとか未遂ですみました。あー、アブナイ、アブナイ。
c0030967_19495662.jpg


 ところでタイトルの『達成感!』。何がかと言いますと・・・。すごーく久しぶりにニューコンテンツをアップしました。我が家の海・山・野遊びをまとめた『ADVENTURE』です。カヤック関連の記録をまずは載せました。ずっと前からてっちんが、「カヤックの写真とか載せればいいのに・・・」と小さい声で言っていたんですが、「忙しいからてっちんやれば?」ですませていました。でも、最近あちこちでカヌーという言葉が聞かれるようになってきたので、少しでも参考になれば、と頑張りました~。昔は銀塩カメラで写真撮っていたんで、アルバムを引っ張り出してスキャンしたり、写真があまりない部分はビデオからキャプチャーしたり、結構な作業量でした。でも、一応カタチになったので、達成感!なのです。
 よろしかったらメニューバーの『ADVENTURE』からご覧くださいね。
[PR]
by p-kom | 2005-10-19 19:53 | 徒然
ワンコの役得
10月15日(土)
c0030967_10402486.jpg
 『実戦主義道具学』や『四国お遍路バックパッキング』で知られるところの、ホーボージュン氏が、我が家の近所のWILD1にアラワれました。スライドショーやトークショーなど無料のイベントがあったので、行ってみました。オットにするなら良いダンナになりそうなシェルパ斉藤氏よりも、絶対ホーボー氏!と言って憚らない(笑)Geminiママも一緒に。
 イベント前に店内をジェミニ&ヴィッキーを連れて物色していたら、向こうからトレードマークのハットを被ったホーボー氏がやってきて、いきなり「うわ~、かわいいなぁ!」と。話をしてみると、犬を飼いたいとのことで、どうやらフラットに結構ご執心のようす。ジェミニ&ヴィッキーの熱烈股ぐら頭突っ込み!攻撃を受けて、メロメロになっておりました。ホーボー氏、気さくないいヤツです。
 トークショーもなかなか楽しかったです。ホーボー氏お勧めギアの紹介なんかもあったんですが、我が家が最近気に入って使っているジェットボイルを絶賛していて、ちょっと嬉しかったです~。実は今まで彼の著書・著作は読んだことなかったけど、今度読んでみようかなぁ~って気になりました。同い年だし。(笑)
c0030967_1582680.jpg
「まいった~」とやられるホーボー氏
この辺りはGeminiママのブログに詳しいので、そちらをご覧ください~。

[PR]
by p-kom | 2005-10-16 02:02 | 徒然
雨、降らないで~。
c0030967_1431485.jpg

てっちんとバイク2ケツで家に向かって爆走中~。雨が降ってきそうだ。
[PR]
by p-kom | 2005-10-15 14:31
里山の秋
10月14日(金)
c0030967_925532.jpg
 週間天気予報では週半ばから雨って言っていたのに、今朝も秋晴れの気持ちいいお天気。時間をかけてお散歩してると、ちょっと汗ばむくらいです。お散歩ルートの弁天の森の木漏れ日がとってもキレイでした。ここは夏場はかなり雑草が生い茂り、すぐに蚊の餌食になってしまうので避けて通ります。数日前、夏の名残の背の高い雑草が刈り取られてすっきりしました。で、このルートが復活。ここを歩くと、秋が来たなぁ~って感じます。あとひと月もすると、ケヤキや楢が落葉して、雑木林一面が枯葉で覆われます。その上をヴィッキーと音立てて歩くのも、結構楽しいんですよね。
[PR]
by p-kom | 2005-10-14 09:15 | 徒然
どこま~でも~行こう~♪
10月2日(日)
c0030967_15275311.jpg

 いったん5時半ごろ目が覚めたけど2度寝して、6時半に起床。既に太陽が顔を出していて、昨夜の夜露もすっかり乾いていてビックリ。予報では今日は一日曇りのはずだったのに、朝から快晴です。やっぱりヴィッキーの『遊びたいパワー』のお陰か?

c0030967_15252485.jpg 結構日差しが強かったので、白樺の木立の陰にテーブルを移動して、青空レストランで朝食をいただきました。パンにスクランブルエッグ、サーモンスープにシャキシャキレタスサラダ。シンプルなメニューこそ、こんなシチュエーションに似合います。白樺林の中に一際立派な楢の巨木があるのにGeminiママが気づき、「ツリーハウスが作れそうな木だね。」といいました。そう言われたら登らないわけにはいきません。(笑)でも、一番下の枝でも地上2m以上。倒木を引きずってきて立てかけたり、最後には脚立まで出してきてよじ登りました。ほら、昔から煙とナントカは高いところに登りたがるって言うじゃないですか。もちろん、てっちんも登ってきました。Geminiママはちょっと呆れた顔で見てました。きっとナントカじゃないんでしょう。私とてっちんが樹上に行ってしまったので、ヴィッキーが木の下をウロウロしてました。上から「ヴィッキー!」と呼んだら、見上げた顔が可愛かったです。
c0030967_15253592.jpg

 かなり暑くなって来たので、また川プールに遊びに行きました。やっぱり水は冷たかったけど、今日はてっちんと私も川の中を歩きました。小川を遡ってみようということになって、にわか作りの探検隊が出発~。斥候はヴィッキー2等兵。怖いもの知らずでずんずん進んでいきます。その次に私。子供の頃、相当な山猿だったので、こういう場所では血が騒ぎます。ヴィッキーに負けず劣らず、ガンガンいきますぅ。Gemini母子は慎重派で、ちゃんと足場を確認しつつ、楽なルートを選択。で、しんがりはてっちん。一応、唯一の男子ですから。
c0030967_15263811.jpg

c0030967_15265253.jpg 小川が90度左に折れた先に、第2の小さなプールがありました。水が青くてキレイです。そこから少し林の中を歩いたり、また小川を沢登のようにして進んだりしながら、少しずつ上流へ向かいます。林が開けた場所に、コンクリートの大きな土管が2本並べてありました。川の水はその土管の中を流れるようになっていて、短いウォータースライダー状態。ヴィッキーはすぐに土管くぐりができるようになったけど、ジェミたんは尻込みして駄目でした。本来はヴィッキーがビビリンで、ジェミたんは背中の毛が立ったことがないほど心臓に毛が生えているらしいのに、こういう場面では逆転するんです。何故でしょう?
 登山道のような林の中の道も探検しました。ジェミニ&ヴィッキーは楽しそうにスキップで進んでいきます。キャンプ場にいながらにして、こんなアクティビティも楽しめるなんて、すごく魅力的です。我が家は長期の休みは遠征に出ることが多く、ビブリのサポーターになっても何回来れるか・・・と正直あまり前向きではなかったんですが、こんな遊びができるんだったら、普通の週末でも足を運ぶかも?と少し考えが変わりました。(笑)

c0030967_1527783.jpg 探検を終えてサイトに戻り、ワン達は遅い朝食。そして人間はすぐにお昼ご飯。買い物に行くのがメンドウなので、昨日の残り物&あるもので『にら玉にゅう麺』を作りました。時折ザーッと強い風が白樺の落ち葉を巻き上げるようになり、山の向こうにグレーの雲が出てきたので撤収を開始。のんびりと片付けて3時ごろに撤収完了。それからメインストリートをポクポクと歩いて、山の神様の境内まで往復しました。ダラダラと続く緩い上り坂は終わりが見えず、「次のカーブを曲がったら引き返そうか・・・?」なんて話してたら、突如として鳥居が出現。ジェミニ&ヴィッキーを狛犬に見立てて記念撮影をしました。楢の大木に守られた境内はひっそりとして幽玄な雰囲気でした。

 1泊2日の体験利用にもかかわらず、かなり広範囲に遊んだ気がします。ご招待してくれたGeminiママ、どうもありがとう♪とても楽しい週末でした~。
[PR]
by p-kom | 2005-10-02 23:47 | アウトドア
百聞は一見にしかず
10月1日(土)
 本日10月1日をもって、私の住む町が隣の市と合併して新市になりました。ま、だからと言って何が変わるって訳でもないんだけど。相変わらずしょぼい小さな町だし。

c0030967_1440717.jpg
 それはさておき、とうとう我が家も『噂の』ビブリッジ体験をしてまいりました~。夏前からずーっと計画だけはあったんだけど、てっちんのシアトル出張やら下関出張やらでのびのびになってしまい、シーズンも終わりに近づいた10月第1週の今日、ようやく実現したのでした。ETCの通勤割引をしっかり使い、上信越道の下仁田で下りて国道を走りました。下仁田から佐久までの数キロはコスモス街道と呼ばれているだけあって、コスモスがとてもキレイ。でもてっちんは疲れがたまっているのか、高速下りた辺りから寝てしまったし(私が運転中~)、ヴィッキーはもう少しで目的地!と勘違いしたのか、ずーっとハァハァ煩いし、ちょっとイライラしてしまったのでした。(笑)
c0030967_14402494.jpg それでも9時ちょっと前には現地近くのスーパーでお昼ご飯を調達して、9時半にビブリに到着~。今回我が家をご招待してくれたGeminiママの待つサイトへ向かいました。サポーター1年目にして、すでに主の感がある(笑)Geminiママのチョイスは、野芝に覆われた緩やかな傾斜地に白樺林が美しいサイトでした。広ーいサイトにGemini家のチビテント&タープがちょこんとあって、実に贅沢な雰囲気。早速我が家もテント&タープの基本パターンで設営。てっちんとはGW以来のキャンプなので、REIのテントも久しぶりの出動です。私たちが設営している間、Geminiママがヴィッキーと遊んでくれていました。ヴィッキーも広い草原に脳みそハァハァ状態で、ずーっとジェミたんと爆走してました。

c0030967_14403734.jpg 準備が出来たところで、ビブリ内の地理の把握も兼ねてGeminiママに案内してもらいました。草原サイトあり、林間サイトあり、そしてきれいな小川あり、ととても魅力的です。ヴィッキーはジェミたんに先導されて、いろんな場所を探検してました。『ここがね~、私のお気に入りの場所♪』『ほぇぇ~、ジェミ姉たんったらこんないいところで遊んでたの?』なーんていう会話が聞こえてきそうでした。草原を楽しそうに走り回るワンコを見ているのは良いもんです。でも、ニッコニコの笑顔で草むらから出てきたヴィッキーを見て、一同ギョエェェ~!緑色の引っ付き虫が全身にビッチリ。最初は顔面にも付いていて、実に気持ち悪かった・・・。


c0030967_14405864.jpg
 次に天然の川プールに連れて行ってもらいました。水はとってもキレイ。でも冷たい。最初は弾けまくって泳いでいたヴィッキー、すぐに冷えてしまったらしくブルブル震えて、歯もガチガチなってました。いつもだったら木の枝でも石ころでも追いかけて水に飛び込むのに、今日は躊躇してるのがおかしかったです。なので30分程度で水遊びは終了。あとはノンビリと歩きながらサイトに戻りました。
 
c0030967_14412059.jpg お昼を食べたりお喋りをしたり、ゆったりと時間が過ぎていきます。てっちんは一応ノートPC持参でちょこっと仕事もしたんですが、会社だと真剣にじっくりと考えてしまう資料作りも、ここだといい具合に力が抜けてなかなかよろしいようです。それから夜の焚火に備えて薪拾いをしたり、ワンとボール遊びしたり。晩ご飯はGeminiママ作のビビンバと、ぴーこ作のトッポッキで、図らずもコリアンフードで統一されました。
 ご飯の後、草原の真ん中あたりの特設焚火コーナーで焚火開始。月のない空は星屑で埋められてました。都会じゃ絶対にお目にかかれない等級の低い星まで見えるもんだから、逆に星座がよくわからなかったり。オリオン座の三ツ星やカシオペア座のW型の配列の間にもいっぱい星があって、「あれってオリオン座だよね~?」なんて会話してました。流れ星もみっつ見ました。でも人工衛星は一生懸命探したけど見つからなかった~。
 私はなぜだかものすごく眠くなってしまい、Geminiママとてっちんの会話を聞きながらウトウトしてました。寒くて毛布に包まっていたんだけど、他の二人はそうでもなかったみたい。なんであんなに寒かったのかなぁ・・・。
[PR]
by p-kom | 2005-10-01 22:54 | アウトドア