<   2006年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧
やっと終わった・・・夏休み総括(笑)
 今日から10月ですね。・・・いい加減にしろっちゅー感じですが、どうしてもこれだけはレポしておきたかったので、夏休み総括(最終回)です。だったら、早くアップすればいいのにねー。

8月19日(土)
 一週間のお休みなんて、あっという間です。もう帰る日になっちゃいました。やっぱり一ヶ月くらいお休みが欲しいです。
 夏休み最後の夜は(本当はもう一晩あるんだけど、夜中に高速を走って車中泊となるので、キャンプはこの日が最後です。)広いキャンプ場に一組だけとなってしまいました。朝、誰もいないサイトを三人で散策しました。『野外活動基地親子キャンプ場』の詳細現場レポです。って言っても、遠すぎて誰もいかないだろうけど・・・。どこでもドア持ってたら、我が家の定宿にするのになぁ。

c0030967_2328556.jpg
 もともと広い放牧地をキャンプ場にしたそうで、場外には牛さんが放し飼いされてます。地形は結構起伏があって、場内はエリアごとに高低差があります。でもサイトそのものは基本的にフラットに整備されてます。ゲートを入ってまず管理棟、それから一旦坂を下って、も一度登ってキャンプ場の入り口です。入り口から時計回りに一方通行の車道があります。草原サイトがメインで、ブナの林間サイトと、林を背負ったボーダー部分があって、それぞれに違った雰囲気が楽しめそうです。草原サイトは遮るものが無いので、日差しが強いとキツイかも。その分、晴れた夜の星空は大迫力です。星が沢山見えすぎて、カシオペア座や北斗七星が埋没しちゃうくらいでした。
c0030967_23284568.jpg
場内サンポ。林間サイトの入り口です。

c0030967_23294751.jpg
木立を背負ったエリア。この辺りが人気でした。

c0030967_23305547.jpg
メインはこんな草原サイトです。

c0030967_23313938.jpg
池もあります。向こうに我が家のテントが。


c0030967_23323697.jpg
 広い場内にサニタリー棟が三箇所にあります。秋田杉で作られたログハウス風で、これがビックリするほど高規格なんです。まずは屋根が張り出した土間部分に、調理台付きの流しが8基。そのうち2基は子供でも使えるように低くなってます。普通キャンプ場の洗い場は、長い流しに蛇口が3~4個並んでいるのが普通ですが、ここは個別の流し台がそれぞれ背中合わせに配置されています。かなりゆったりとしたスペースで、調理台までついてるから雨の日も安心ですね。この流し台とは別に、コンロ洗い用の水栓も用意されてました。
c0030967_2333252.jpg


c0030967_23335892.jpg さて、キッチン(あえてこう呼びます)エリアの奥に、ガラス戸で仕切られたサニタリーエリアがあります。左右に男女別に設えられたサニタリー、まず洗面エリアにビックリ!真っ白なカウンターにキレイな洗面ボールが並んでいます。トイレはもちろん水洗。今は使用禁止になっていたけど、シャワーの個室も四つありました。内装はヒバの板張りで香りが良いし、もちろん虫なんていません。そして、人感センサーがついているので、入っていくと自動で次々と照明がつくのです!いやぁ、・・・凄い、凄すぎる!何度も言いますけど、タダなんですよ、ココ。でも掃除も行き届いてるし、どうやって運営してるんでしょうねぇ。こんなに超豪華設備なのに、利用する人があまりいないなんて勿体無いです。あ、人があまり来ないからキレイなのか?

ともかく、我が家のイチオシキャンプ場です。遠すぎるけどね。
c0030967_23343243.jpg


 さて、この日は朝から『比内地鶏の親子丼』を作って食べました。地鶏の出汁と地養卵、お肉タップリの贅沢親子丼です。ご飯もなかなかいい塩梅に炊けて、ンマ~イッ!思わず食べ過ぎてしまいました。それからゆるゆると撤収。かなり日差しが強くて汗だくになったので、タンクトップになって片付けていたらあっという間に日焼けしてしまいました。失敗した~。
c0030967_2334577.jpg
地鶏の親子丼、大成功~♪


 全てを車に積み込み、お昼前にキャンプ場を出発。帰途に着くのは夜中で良いので、八幡平にもう一度行くことにしました。今度は事前に犬連れOKの確認を取った、秋田側を歩きました。渓流を横切るコースだったので、ヴィッキーは水音に大興奮でした。泳ぐには岩だらけで浅すぎたけど、雰囲気はとても良かったです。コースの半分くらいで引き返し、次は大沼の周りの遊歩道をグルッと一周。色とりどりの花が咲いていてキレイでした。
 夕方、岩手側に下りて温泉に入り、晩ご飯を食べて10時ごろ東北道に乗りました。往きはかなりの渋滞で疲れたけど、帰りは順調でした。夏休み東北旅行、宮城・山形・秋田・岩手を周って総走行距離は2828km。キャンプ場とアクティビティエリアの往復で、結構距離を走りました。東北は紅葉の季節にまた行ってみたいエリアです。
[PR]
by p-kom | 2006-08-29 23:24 | アウトドア
夏休み総括 八幡平トレッキング
ふつか続けて書いてます。ヨシヨシ。・・・あ、ブログの日付は無視してくださいね。今日は9月26日です。一ヶ月以上前の出来事を思い出しながら書くのはタイヘンです。ま、脳の老化防止っちゅーことで。

8月18日(金)
 朝からどんより曇り空。キャンプ場を出る頃にはポツポツ降ってきました。ヴィッキーの晴れオンナパワーでも、一週間ずっと晴れというのは無理みたいです。親子キャンプ場の管理棟の前で東の方向を眺めると、八幡平がまっすぐに見えます。でも雲の中。やっぱり雨なのか。
 キャンプ場からかろうじて舗装されている山道を10km下り、それから太平湖に沿ってクネクネと走って、ようやく最初の人里、比内町に出ます。地鶏で有名な比内です。町に入ってすぐ、大きなビニールハウスがいっぱい建っていました。モーツァルトがスピーカーから流れていて、何かなぁ~?と思ったら、比内地鶏の飼育場でした。ほぉぉ、クラシックを聴いてるとは、おハイソですな。
c0030967_2052640.jpg
 それぞれのハウスからゆとりをもってグルッと柵がしてあって、その中で地鶏ちゃんたちは放し飼いされていました。柵の前に車を停めて眺めていたら、ハウスの近くに三々五々いた地鶏ちゃんたちが何故か近づいてきました。写真撮っとこうと車の窓を開けたら、そそくさと離れていきました。で、窓を閉めるとまた寄ってくる。ナゾの行動です。飼育場の隣に大きな施設があって、そこが出荷場なのでした。小売はしてないよね、と車をスタートさせて少し走ると、三叉路の角にそこの看板があって、『直売』の文字が。あっ、買えるんだ。で、わざわざUターンして戻りました。(笑)シャッターの閉まった大きな倉庫の横にこじんまりとした事務所があって、そこで小売もしてました。冷凍とナマの二種類。一羽まるまるのお肉にガラが付いて、3800円だったかな?ナマの場合はレバーや砂肝やキンカンも付くそうですが、「ナマはちょっとお時間いただきますが」と言われ、ちょっとグロな想像をしちゃったんで冷凍にしました。大体これから山に行こうっていうのに、ナマは無いですよね。それから地鶏スープとか地鶏の出汁で炊いたお粥のレトルトとかも買いました。産直の地鶏ちゃん、きっと美味しいに違いないんだけど、隣で放し飼いされてるのを見ると、ちょっと涙です。

c0030967_2053448.jpg
 比内を後にして八幡平に向かいます。お昼の買出しを地元のコンビニで済ませてから八幡平アスピーテラインへ。まずはビジターセンターによって、どのコースを歩くかを決めることにしました。いくつかあるルートの中から、八幡平の頂上を通る湿原周回ルートを選択。ビジターセンターからさらに少し車を走らせて、一番上にある駐車場からスタートしました。この駐車場の標高は1500mちょっと、秋田と岩手の県境です。歩き始めた時にはかなりの雨。標高が高くて暑くないのがせめてもの救いかな。小さな沼をいくつか廻り、八幡平の頂上に到着。標高1613mなので、歩き始めて30分くらいでした。
c0030967_2055871.jpg
 そこから湿原を廻るコースなんですが、なんせ霧が濃くて辺りは真っ白。天気がよければ満開のお花畑が見えるはずなんですが、木道両側にうっすらとわかる程度。雨はどんどん強くなってくるし、お腹も空いてきたし、もう引き返そうかと思ったとき避難小屋がありました。とりあえずそこでお昼休憩。2階の軒下で半ば雨に濡れながらおにぎりをたべました。小屋の中から出てくる人たちが、「中に入って休めば?」と声をかけてくれるので、ちょっとのぞいてみました。4~5人の先客がいたので、「犬連れなんですけどいいですか?」と聞いてみると。一人のオバチャンが、「あ、私、犬ダメ。」と。まぁ、仕方ないんですけど。てっちんが、「もしオイラだったら、濡れながらおにぎり食べてる姿見たら、たとえ嫌いでもイヤとは言わないのになぁ。」とつぶやきました。一緒にいたご主人と思しきオジチャンは、「悪いね」という顔をしてたんですが、オバチャンは振り向きもせず。ああいうオトナにはなりたくないね。(笑)
c0030967_20121337.jpg


 結局そこから少し歩いたところの三叉路で、駐車場に戻ることにしました。避難小屋の脇に立っている案内板でルートを確かめてフト気付いたんですが、「ペット同伴禁止」のマークが。なぬぅ?どういうこと?ちゃんとビジターセンターで確認したのに。ちょっと腑に落ちないまま歩きました。誰かに咎められたら、「いいって言われました!」と強気に出てもいいのかな。でも、すれ違う人はみなさん好意的でした。あのオバチャンを除いてはね。駐車場に戻って気付いたんですが、もしかして岩手側は犬同伴禁止だったのかも。ビジターセンターは秋田側にあって、その周辺はOKってことなのかもしれません。
 まだ早い時間なので、アスピーテラインを岩手側に下りてどこかに寄って帰ろうということになりました。松尾~十和田までは高速で、後は米代川沿いに西に向かって比内の市街地まで。米代川もカヌーのいいゲレンデです。比内の道の駅で地鶏の卵を買おうと思ったのに売り切れ・・・。究極の親子丼を作ろうと思ったのにな。小さな畑が続く里道を走り、かなり鄙びた感じの温泉に浸かり、夕飯の買出しをしてキャンプ場に戻ったら真っ暗。空も暗いんですが、キャンプ場も暗い。3泊目にして、とうとう貸切状態になってしまったようです。60サイトの超豪華設備のキャンプ場に、たった一組というのもなかなか無いことですよね・・・。
 午後遅い時間には雨もすっかり上がって、星も見えるくらいに雲も晴れました。ユニセラに備長炭を熾して、比内地鶏と地場野菜のバーベキュー。お肉は歯ごたえがあってジューシー。ん~、ウマイッ。
c0030967_20121949.jpg

[PR]
by p-kom | 2006-08-26 18:23 | アウトドア
夏休み総括 秋田に来た!
ああ、もう9月も終わる・・・。でもまだ夏休みだ。ま、いっか。

8月16日(水)-17日(木)
 16日は移動日ということで、吹上高原をノンビリ撤収して、併設のスパ(というより、いわゆる共同温泉って感じだけど)で昼間っから汗を流してから出発。目指すは北秋田の森吉山です。ルートはいくつか考えられるんだけど、一番シンプルな高速を使うルートにしました。下の道を走ると、ついつい色んなところに引っ掛かっちゃうからね。いつもテント設営が暗くなってからだから、今度こそ明るいうちに張れるように頑張ろう!

 花火大会で有名な大曲を過ぎ、日本海側を北上して五城目という街で下りました。今回携行していったマップルをパラパラと眺めてみると、この五城目という街は古くから鍛治で栄えたらしいのですが、今は後継者が殆どいなくなってしまったとのことでした。ところが、埼玉の若きサラリーマンがこの鍛治の職人技に心を奪われ、脱サラして遠い秋田の地に移り住み、厳しい修行の末、工房を構えるまでになった・・・と載っていました。ほぉぉ~。実は私、包丁には結構コダワリを持っておりまして。普段使っている包丁たちも、地元川越の刀鍛治が手作りしている、一丁ン万円のやつです。ははは。そんなもんだから、どうしても五城目鍛治の包丁が欲しくなってしまったのでした。早くキャンプ場へ行かなくちゃならないのに、工房を探して訪ねてみました。すべてお一人で作られているそうで、猟師が獣の解体に使うナイフなどいわゆる『業務用刃物』がメインなんですが、今はアウトドアナイフや包丁も扱っているそうです。猟師さんのナイフ、すごくカッコイイです~。通販もできるそうなので、興味のある方はのぞいてみてくださいね。
 五城目鍛治 布川刃物製作所
 私が欲しかったのは三得包丁とぺティナイフの中間くらいの小ぶりな包丁だったんですが、残念なことに販売用のものが無いとのことでした。オーダーして送ってもらうことを考えていたら、戸棚の奥からゴソゴソと見本用の包丁を出してきてくれました。これが希望のモノにピッタリなサイズ。「見本はお譲りいただけないんですよねぇ?」とさりげなく探りを入れてみると、これで良いなら、と了承していただけました。えへへ、ラッキー。

 とまぁ、こんな寄り道をしていたのと、目指すキャンプ場が想像を絶する山奥にあったのとで、到着は7時過ぎ。やっぱり暗い中での設営となりました。車のヘッドライトをたよりに設営している最中に、てっちんに緊急事態が!急激に空腹がつのって低血糖状態になったのか、力が入らずへたり込んでしまったのです。あわててクッキーとかシリアルバーとか明日のお昼用に買ったおにぎりとかを食べさせて、何とか事なきを得ました。チャッチャと設営を済ませて、急いで晩ご飯。秋田入りを記念して(笑)、キリタンポ鍋にしました。五城目の大きなスーパーで、比内地鶏のお肉やセリ・ごぼう・マイタケなどを仕入れられたんで、思いのほか美味しいお鍋ができました。雲ひとつない快晴で、満天の星空に天の川がくっきり。人工衛星も流れ星も幾つも見えました。ヴィッキーを先にテントに入れて、てっちんとふたりでずーっと空を見上げてました。

c0030967_21452488.jpg
 さて、明けて17日。本当は森吉山に登りたかったんです。ところが・・・。森吉山周辺は野生生物の特別保護区であるため、犬を連れての登山・散策は禁止されていたのでした。うわー、やってしまった。リサーチ不足だった~。栗駒とか鳥海は犬禁止というのは知っていたんですが、森吉はややマイナーだしOKだろうと勝手に思い込んでいたのです。ヴィッキー残して登るのもつまらないので、森吉山は断念しました。
c0030967_21454636.jpg
 そもそもなぜ森吉山かというと、麓にある『親子キャンプ場』でキャンプしたかったからなんです。玄人好みのキャンプ場との噂だったので、どんなかなーと思っていたんですが、朝キャンプ場を回ってみてビックリ!設備は超高規格で、サニタリー棟は大きくキレイ、芝生のオートサイトが60もあって、なのにいつも空いている。そして、なんと、タダ!無料!どーいうこと???と思っていたのですが、昨夜山道を登ってきて納得しました。なんせアクセスが悪すぎる。一番近い街(といってもこじんまりとした街だけど)から40kmくらい。周りにはお店もなし。オープン当初は3000円だったそうですが、それじゃ開店休業状態だったんでしょうねぇ。でも今は無料なのに、サニタリーとか管理棟とか、ものすごくキレイでナゾです。
c0030967_21455478.jpg
 チェックインしたのがお盆時期だったにもかかわらず、キャンパーはうちを含めて5組くらいでした。キャンプ場の中は犬もOKなので、広~い草原で朝からボール遊び。ヴィッキーもご満悦でした。

 帰りまでにどこかの山に登りたいね~、と次のターゲットは秋田駒ケ岳に設定。下見も兼ねて田沢湖方面に出かけることにしました。田沢湖までは国道を南下して約100km。親子キャンプ場から出かけるのはちょっと遠いです。秋田駒ケ岳の麓にもキャンプ場があるんですが、親子キャンプ場が夢のように素晴らしいので動きたくなーい。どうしよう・・・。田沢湖町のコインランドリーで洗濯しながら、ふたりで登山地図をいろいろ検討した結果、八幡平をトレッキングすることに。ヴィッキーと歩くことがメインなのでピークハントはそれほど重要ではないのです。でも八幡平も国立公園内です。同じ轍は踏むな!と八幡平のビジターセンターに電話して確認してみると、リード着用とフンの持ち帰りを徹底すればOKとの返事。良かった~。
 洗濯が終わったところで、ヴィッキーを連れて田沢湖に戻りました。ヴィッキー、往きも湖畔を通り過ぎたのにグーグー寝ていて、湖があるなんてこれっぽっちも思っていなかったみたいです。目の前に広がったコバルトブルーの湖に大騒ぎするのをなだめすかし、激泳ポイントを探しました。湖水浴場はかなりの人出で、その隅っこで泳ぐのも気がひけます。湖畔道路を走っているうちに、近くにキャンプ場があるエリアに浜に下りられる場所を発見しました。ちょうど車が停められるスペースもあったので、ここで盛大に泳ぎました。(ヴィッキーが)
c0030967_21462685.jpg


 田沢湖は20数年前、初めてのソロツーリングで立ち寄った思い出の場所です。まだウラワカキオトメだったので、主に民宿に泊まって旅したんですが、田沢湖では手違いで予約の宿にたどり着けず、他の宿は満室、あとは野宿か民泊か・・・という最後のところで、親切な農家に泊めていただけたのでした。まぁその頃は湖といっても眺めるだけで、特に楽しかったという記憶は無く、ただただ寝る場所を求めてウロウロした印象だけが強く残っているんですが、ヴィッキーと暮らすようになった今は、どこでも湖は特別な場所ですね~。
c0030967_21464134.jpg
 ここの浜の端っこは、水面ギリギリに大きな岩棚があって、いきなり深くなっている場所でした。ヴィッキーは大好きな飛び込みができるんで、ものすごくハッスルしてました。わんわん倶楽部でやみつきになったらしく、ヴィッキーはエラく派手に飛び込んでました。お腹痛くないのかなぁ。

 水遊びしてヴィッキーも満足したようです。ここからまた100km走って森吉に戻るんですが、同じルートもつまらないので、岩手寄りを北上することにしました。途中で南玉川温泉の一軒宿で温泉に浸かりました。ここのお風呂は通称『みかん風呂』。お湯が鮮やかなみかん色なのです。日帰り入浴の時間は15時まで(以降は宿泊客のみ)のところを、ご厚意で使わせていただきました。ちょうど空いている時間帯だったのか、ほぼ貸切状態でみかん湯を堪能しました。オレンジ色の湯の華がお風呂の中にビッシリ付いているので、足の裏やオシリがみかん色になるのが要注意です。
 この日は鹿角という街から逆ルートでキャンプ場に戻りました。太平湖というダム湖に沿ってウネウネと50kmの山道。ところどころ大きな岩が転がっていたり、路肩が崖側に陥没していたりして、かなり怖いです。車もほとんど通らないし・・・。やっぱりとっぷり暮れた頃、キャンプ場に帰還してみると、隣のサイトにファミリーキャンパーがテント張ってました。こんなに広いのに、何もわざわざ隣に張らなくても・・・と思ったんですが、あまりに真っ暗で人がいないんできっと不安だったんでしょうね。うちはヒトから離れたいんだけどなぁ。でも、離れてくださいとも言えず、諦めて在りモノで晩ご飯作って、ひっそりと焚火をしました。お天気は下り坂なのか、この日は星が少なくなってました。でも、家の辺りで見るよりずっと多いんだけど。

 まだ夏休み総括は終わりません。なんとか9月中に完了するのか・・・?
[PR]
by p-kom | 2006-08-25 19:53 | アウトドア
夏休み総括 最上川カヤッキング
8月も終わり、9月6日です。先週末はワンコ仲間とキャンプしてきました。そのレポは後日。すでに20日程経ってしまいましたが、夏休み東北旅行のメインアクティビティ、最上川カヤックのご紹介です。ブログの日付は無視してください。

最上川カヤッキング 8月14日(月)-8月15日(火)
 今まで全国各地の川を下ってきましたが、東北の川は未体験でした。今年の夏は東北へ行こう~という計画を立てた時、最初に決めたのは『東北の大河を下る』というミッションでした。誰でもきっと知っているであろう最上川。「五月雨を集めてはやし最上川」という芭蕉の句とセットで覚えられているんじゃないかな。その句でも謳われているように、日本三大急流のひとつですが、今はそれほどでもないようです。街中を流れていく川なので清流とはいかないんですが、川岸は無粋な護岸でガチガチに固められているでもなく、結構水量もあって、ファルトボートでノンビリ川下りするのにちょうど良い川でした。今回のコースは山形県大石田町~尾花沢市~新庄市~戸沢村を抜ける、中流域45kmほどです。
c0030967_11593073.jpg


 吹上高原のキャンプ場から奥の細道の史跡に沿って山形県に入り、60kmほど走って大石田河原の出発地点に10時半くらいに到着。カヤックを下ろす場所と駐車場所を確認してから、上陸予定地点の尾花沢市の舟戸大橋の様子を見に行きました。一日目はお昼スタートなので、14kmの行程です。この河原から奥羽本線山形線の芦沢駅へは1.5kmほど、歩いて20分の距離です。2日目の行程を考えると、本当はもう少し進みたいところなんですが、今回は車のデポに鉄道を使うので、『駅まで歩ける』ということが最重要項目なのです。河原まで車を下ろせることを確認して、スタート地点に戻りました。
 あっちとこっちの河原を行き来しているので、ヴィッキーはずーっと鼻ピーで「早く泳がせろ~!」と騒いでました。てっちんがカヤックを組み立てる間、ちょっとだけ入水許可。この日は雲ひとつ無いピーカンで、遮るモノの無い河原でカヤックを組み立てるてっちんはかなりツラかったようです。
c0030967_11595266.jpg

 準備整ってカヤックを川に下ろし、いつものように私、ヴィッキー、てっちんの順に乗り込んでいざ出発!と岸を離れたところで、てっちんが「あっ、GPS忘れた!」・・・んも~、なんだよー。しかたなく一旦接岸して取りに戻りました。

 後で調べたところ、最上川は山形県だけを流れる川で長さは224km、ひとつの都府県を流域とする河川としては最長なんだそうです。中流域は川幅もあり水量もまずまず、素直な瀬が忘れた頃に現れる程度で、全行程を通じてのんびりゆったりなカヤッキングが楽しめます。とはいえ、見た目以上に流速があるのと、支流との合流地点では複雑な渦が巻いていたりするので、ウカウカしているとフネの向きが変わっちゃったりします。こういうタイプの川は初めてです。渦と言ってもパッと見てわかるような渦潮ではなくて、表面はまぁるい水紋がゆらゆらとしている感じなんですが、こういうところではカヤックの前と後で流れの向きや速度に違いが出て、思いのほか簡単にクルッと回ってしまうのです。まぁ、焦るほどのことでは無いんですが、困るのはヴィッキー。なぜかこういうちょっとテクニカルな場所に来ると、突然飛び込んでしまうのです・・・。流れがあるところでは止まる訳にも行かず、渦が巻いている場合は下手な操作をするとバランスを崩してしまうし・・・。で、ヴィッキーに声をかけつつ先に行って、泳いでくるヴィッキーを回収する、というパターンになります。おそらく軽い気持ちで飛び込んだであろうヴィッキーも、私たちが先に行ってしまうと『ヤバイッ!』と思うのか、必死の形相で泳いできます。ただでさえ下手な泳ぎに拍車がかかって、まるで溺れちゃったように見えます・・・。だったら飛び込まなきゃいいのに。

c0030967_1223223.jpg
 一日目は夕方4時ごろ上陸地点に着きました。いつもは私がデポ担当なんですが、たまにはてっちんもやってみたいというのでおまかせ。ヴィッキーとペットボトルレトリーブしながら待ちました。夕方なのに日差しがかなり強くて暑いので、橋の下の日陰に避難。スタート地点の大石田河原に最寄の大石田駅までは二駅、てっちんは一時間くらいで戻ってきましたが、やっぱり待つ方が退屈です。カヤックを組み立てたままルーフに積んで、二日目のルートの簡単なスカウティングとゴール地点のチェックに行きました。すでに7時を回ってしまい、ここからまた70kmくらい走ってキャンプ場に戻るんですが、問題なのはご飯とお風呂。というのも、吹上高原キャンプ場は、場内を車で走れるのは夜10時までで、買い物してお風呂入って、果たしてその時間に間に合うんだろうか・・・。とりあえず買い物はコンビニで済ませ、ご飯はキャンプ場で飲みながら軽く食べればいいや、とお風呂を優先させたんですが。ナビで「最短距離」と出たルートを走ってみたら、どんどん山の中へ。オニコウベのスキー場の裏の峠を越えるルートで、離合も出来ないような狭い道だし、真っ暗だし、さらに追い討ちをかけるように標高が上がるにつれて濃霧が・・・。峠道好きのてっちんもさすがに引き攣る程の苦行でした。当然、ルート上に温泉もなく、結局お風呂にはありつけませんでした。汗かいてベタベタなのに~。

c0030967_1232119.jpg
 二日目は30kmほど漕がなくてはならないので、早めにキャンプ場を出て舟戸大橋下の河原に向かいました。この日も晴れて暑くなりそうだったので、クーラーボックスの中にはビール。トロ場で川風に吹かれながら飲むビールは美味しいんだなぁ。時々こうやってノンビリしながら、でも順調に距離を稼いで、お昼休憩までに15kmほど進みました。支流の小国川が合流する広い河原に上陸して休憩。小国川の水は澄んでいて冷たくて気持ちよかったです。ヴィッキーと一緒に水遊びしてしばし涼みました。それからカップ麺とパンを食べて、またまたビール。気が付いたら一時間以上も休憩してました。
c0030967_1234071.jpg


 カヤックの真ん中に乗っているヴィッキーは、パドルが立てる水しぶきとか瀬で立つ波が気になるらしくて、いつも口をカプカプさせてます。結構水も飲んでるのか、近くに上陸できそうな岸が現れると鼻ピーで「オシッコしたい~!」とアピールします。「行っていいよ!」と声をかけてあげると前足をデッキに掛け、お尻をモゾモゾさせながらズルル~ンと水に滑り込んで、岸まで泳いでオシッコして、また泳いで帰ってきます。どこでもオシッコできるヴィッキーが羨ましいです。
c0030967_1235748.jpg


 ゴールまであと数キロという地点で、最上川は西に向きを変えます。リバーマップで「本コース最大の難所、複雑な渦があり!」と注記がされていた地点を何とか通過。渦自体はそれほどでもなかったんですが、ここでもヴィッキーが突然飛び込んでしまって、ヴィッキー回収に手間取りました。そこから先は西日で水面が光ってしまい、ルート取りが難しくなりました。入り江のようになっている場所では流れが複雑にぶつかり合い波が立ち、あとちょっとでひっくり返る!というギリギリのところで立て直しました。ふぅ。その後は特に変化の無いユルユルとした流れで、この日も4時過ぎにゴール地点に到着。上陸する河原とは反対岸の取水塔らしき施設のところで私が降り、そこから土手を登って駅に向かいました。川から歩いて15分程度の陸羽西線津谷駅から新庄駅で乗り継ぎ、奥羽本線山形線で芦沢へ。津谷駅も芦沢駅も小さな無人駅なんですが、乗り継ぐ新庄駅では在来線の隣に新幹線が止まっていてビックリしました。
c0030967_1243493.jpg
 舟戸大橋の河原に停めたヴィッキー号を無事回収して、ゴール地点の河原へ。ここの河原はちょっと信じられないくらいだだっ広いです。国道から土手下の草っぱらに下り、そこからゴロタ石の河原を延々と走ってようやく上陸地点に着きました。カヤックはキャンプ場でバラすことにしてそのまま積みました。今回もいろいろと冒険したヴィッキーは、車に乗り込むとヘタヘタと伏せて、なんかボーゼンとした面持ちで川を見つめてました。
c0030967_1244537.jpg


 二日かけて下った最上川、大きなトラブルも無くなかなか快適でした。この季節なので鮎釣り師はボチボチいましたが。全行程44km、やっぱりカヤックは楽しいです。さて、次はどこの川へ行こうかな~。
[PR]
by p-kom | 2006-08-22 11:56 | アウトドア
夏休み総括 東北キャンプ旅行一日目
 うかうかしていたら、8月もあと10分でオシマイ~!おっと、ブログの日付は無視してください。書いているのは8月31日です。(某フラオーナーさんの手法をパクりました)今週末からキャンプの予定なので、その前に夏休み東北キャンプをアップしないと、訳わかんないことになるので遅まきながらレポします。まずは8月13日から。

8月13日(日) 自宅~吹上高原(宮城)
 本当は土曜日から夏休みに入っていたんだけど、いつものパターンで前日まで必死で仕事&キャンプの準備でヘロヘロになってしまい、とても夜中に出発する気力が残ってませんでした。今年のお盆休みは、12日に下りラッシュのピークがあるということなので、昼間出るのは避けたいし。というか、ETCの深夜割引を使うためには、どうしても夜中出発になっちゃうんですが。ということで、12日は二人ともそれぞれ、病院行ったりマッサージ受けたり散髪したりして、夏休みに備えました。

 家を出たのは日付が変わって13日の午前3時ごろ。目指すは秋田の森吉町です。東北自動車道、12日の昼間の渋滞はなんとビックリの100km越えでした。いやぁ、そんなの初めて聞きました。で、その渋滞地獄は一晩中解消しなくて、深夜でも那須塩原付近で20km近い渋滞。なんなんだー。さらに福島の白石付近では火災で通行止め!高速を下りて下道で行くか、それともSAで通行止め解除を待つか。とりあえずヴィッキーに朝ご飯を食べさせようとSAに寄ったんですが、ラッキーなことにしばらくして通行止めが解除されました。高速、下りないでよかった~。下りちゃうとそこで3割引がストップしちゃいますものね。
 通行止めはクリアできたんだけど、結局そのあとも断続的に渋滞していて、このままでは秋田まで行くのはシンドイね、ということで、仙台南ICで高速を下り、目的地を宮城の吹上高原に変更しました。今回の東北キャンプ旅では、秋田のどこかの山を登り、どこかの川を下るという、非常にアバウトなアクティビティを予定してました。まずは北まで行って、そこから段々に南下するつもりだったんだけど、予定変更して宮城から北上することにしました。吹上高原には広いキャンプ場があるし、山形の最上川まで何とか往復できる距離なのです。

c0030967_0303485.jpg
 ふたりともかなり疲れていたので、珍しく明るいうちにキャンプ場にチェックイン。吹上高原キャンプ場は、かなり広大です。ワンコ連れはエリアが分かれているので安心。入場料がオトナ一人350円、サイト料が700円、車1台600円で合計1泊2000円也。オートキャンプ場としてはまぁまぁの値段かな?と思ったんですが、なんと連泊の場合は入場料のみ加算される(二人分で700円)という、不思議なシステムです。場内に温泉が併設されているし、サニタリーもなかなかキレイ。ということで、お盆休み真っ只中のこの日は激混みでした。広い芝生サイトは難民キャンプ状態。他人に背を向けてキャンプしたいヒネクレモノの我が家には、ちとツライです。でもペットエリアのどん詰まりまで行くと、いい感じの林間サイトが広がってました。炊事等やサニタリーに遠いので、あまり人もいません。ギリギリ車が入る奥まった一角に設営することにしました。
 設営を終えて、林間サイトのさらに奥に広がる草っぱらでヴィッキーと遊びました。2年前の東北旅行ではアブの襲撃に閉口したので、今回ヴィッキーはアブ避けスペシャルバージョンのメッシュアンタイを着用です。ま、ただ丈が長いだけなんですけど。前回はお腹の柔らかいところにいっぱいアブがくっ付いちゃったので、ギリギリまでカバーしてます。出発が一日ずれたので、超特急で2着製作しました。ヴィッキーのニューアイテムです。(写真では裾がめくれてますが)
c0030967_0304918.jpg

 私たちのニューアイテムは、CROCSのOFFROADER。VICKI'sカラーのオレンジと、渋めのアーミーをチョイスしました。クラシックやケイマンに較べて底が厚く、ストラップもベルクロでフィットできるので、よりアウトドア志向ですね。つま先部分に穴が開いてないのも、小石が入ってこなくてGOODです。
c0030967_0305982.jpg

 
 14日からは二日に分けて最上川をカヌーで下ることにしました。温泉にも入ったし、ビールも飲んだし、早く寝ようって思ったのに、後から近くに設営したファミリーがつれているダックスがギャン吠え野郎で頭に来ました。んとにもう、もうちょっと周りの迷惑を考えてもらいたいもんです。頭に来ついでに、てっちんと命名してあげました。『ク●イジーダックスアンドアソシエイツ』。
[PR]
by p-kom | 2006-08-21 23:49 | アウトドア
最上川後半
c0030967_17333851.jpg

昨日の上陸地点からスタートして、今日は27kmを頑張って下りました。トータル40kmを漕覇!ゴール地点対岸の土手を登って、今度は私が車のデポ担当。振り返って川を見たら、ヴィッキーが『ぴーこ、どこ行くの~?』っていう顔してました。
ローカル線を新庄で降りたら、新幹線が停まっていてびっくり!さて、もう一本乗り継いで、スタートの河原に戻らなくちゃ。
[PR]
by p-kom | 2006-08-15 17:33
最上川前半
c0030967_16594059.jpg

キャンプした吹上高原からオニコウベ・鳴子温泉を抜け、奥の細道の史跡をたどって山形に入り、一時間半程で最上川に出ました。今日、明日で中流域を川下りします。最上川は日本三大急流の一つだけど、中流域は穏やかで、みちのくの大河という雰囲気です。周りに水田が多いからか、水は濁り気味でちょっと残念。でも水量は十分だし、釣り士もいないから快適でした。
今日はお昼にスタートだったので、13km程下って橋のたもとに上陸。てっちんが列車で戻って車を回収に行きました。私とヴィッキーは河原でのんびりと待ってます~。快晴の一日で夕方なのに日差しが暑いです。ヴィッキーはまだ泳ぎ足りないみたい。ハアハア音がエンドレスで聞こえてて、うるさいです~。
[PR]
by p-kom | 2006-08-14 16:59
夏休み~♪
c0030967_17331138.jpg

直前まで予定が立てられなかったけど、何とか一週間の夏休みを取って東北キャンプを決行!まずは秋田と青森の境まで行こうと夜中に出発したのに、帰省ラッシュは一晩中解消しなかったようで思いのほか時間が掛かってしまいました。なので行き先を変更。宮城・山形・秋田の県境、吹上高原といすところでキャンプしてます。お盆休みで混雑してるけど、一番奥の辺鄙な場所を選んだから、案外快適です~。
明日の天気がよければ、最上川でカヤックしまーす。
[PR]
by p-kom | 2006-08-13 17:33
ハニワ?
c0030967_115045.jpg

相変わらず超忙しいてっちん、水に浸かって放心状態。
[PR]
by p-kom | 2006-08-06 11:05
レスキュー
c0030967_1059431.jpg

湖に浮いていた瀕死のミンミンゼミをヴィッキーがレスキュー!・・・ウソです~。
羽が乾いたら飛べるようになるかなぁ。
[PR]
by p-kom | 2006-08-06 10:59