むかしみち散歩
11月18日(土)
 この週末で初冬キャンプに行こうと気合で体調を戻したのに、天気予報は『日曜は雨確実』。暖かい季節なら雨のキャンプでもガマンできるけど、この季節の雨は病み上がりにはキツイ。で、キャンプを諦めて日帰りで軽くハイキングに行ってきました。この前の御岳山は紅葉の見頃までもう一歩でした。今日当たりは結構いいかも、と奥多摩へ向かいました。回復したとはいえまだ本調子じゃないかもしれないので、今回は軽く遊歩道のハイキングです。
 東京の奥座敷、奥多摩駅と奥多摩湖を結ぶ『奥多摩むかしみち』。青梅街道の裏手にひっそりと残る古道で、甲州裏街道とも呼ばれているそう。曲がりくねった古道に沿って小さな集落が点在していて、古びたお地蔵様や道祖神があったり、「どうやってこんなところに家を建てたの?」と思うような廃墟があったり。多摩川の上流の渓谷沿いの道は紅葉まっさかりの絶景でした。
 珍しく写真をいっぱい撮ったので、旅ルポ的に紹介しま~す。

c0030967_2385533.jpg

奥多摩むかしみちの案内板。本当は全行程歩きたかったんだけど、ヴィッキーも一緒だとバスに乗って戻れないので、奥多摩湖からスタートしてシダクラ吊橋で引き返すというピストンコースにしました。地図の右上、濃い青線が歩いたコースです。

c0030967_23122499.jpg



 スタートは奥多摩湖手前の水根駐車場。ここって秩父多摩国立公園だったんだ~。知らなかった。


c0030967_23135056.jpg





 国道411号線(青梅街道)を渡って、小さな沢(水根沢)沿いの脇道に立つむかしみちの案内板。むかしみちなのに案内板はピッカピカだな。


c0030967_23164711.jpg
 張り切るヴィッキーに半ば引っ張られて坂道を登っていくと、青空をバックに鮮やかに真っ赤なモミジ。そうそう、こんなのを見たかったのよ~。


c0030967_23214122.jpg


 水根沢にかかる趣のある古い橋。水の音にヴィッキーは大興奮。沢に下りられないことを確認してから、橋を渡ってみました。歩き始めなのにいきなり入水は困るし。


c0030967_23233086.jpg

 沢の反対岸からは、大麦代展望台へと至るハイキングコースが出ていました。こっちも行って見たいけど時間がないので、次回へ持ち越し。水へ入れなくて残念しきりのヴィッキー、後ろ髪を引かれる思いで橋を渡ってるのかなぁ。


c0030967_23265478.jpg


 沢を離れ案内板に沿って脇道に入っていきます。ヘアピンカーブの車道を登っていくと、聳え立つ石の壁に刻み付けられたような、狭い小道が現れます。なんとそれがむかしみちの正式ルートなのでした。案内板がなかったら絶対に通り過ぎてしまいます。
 写真の左側、恐ろしく急な斜面の上に何軒か家が建っています。うーん、どうしてこういうところに住んでいるんだろう・・・。


c0030967_23351369.jpg


 集落を抜けると青目不動尊があります。その後は急な下りの階段です。放し飼いになっている柴系MIXのワンコと鉢合わせして、ヴィッキーも私たちもビックリ。この集落の住民なんでしょうね。民家がなくなると狭い山道になります。すれ違うのがやっとくらいの道幅なんですが、崖側の路肩が脆くてちょっとコワイです。山側には『落石注意』の看板が。どこに逃げろっちゅーねん。



c0030967_23445945.jpg

 青梅街道の中山トンネルの上に、中山集落という小さな集落があります。超急斜面に張りつくように段々畑が拓いてあります。その先に小さなお墓。ここに住む人々は、いつからどうしてここに住むようになったんでしょう。
 集落を過ぎて薄暗い杉の植林地帯を下っていきます。登ってくる人は肩で息をしていました。そうか、帰りはこれを登らなくちゃならないんだ・・・。



c0030967_234189.jpg
 山道を歩いていると、やがて浅間神社という小さなお社が現れます。そこから少しの見晴らしの良い広場では、お弁当を食べている人がいっぱいいました。ここは開けていて日当たりがいいので、モミジも見事に色づいていました。
 この広場を過ぎるとググーッと下ってやがて舗装された道に出ます。




c0030967_23495314.jpg


 中山トンネルの上を通過したので、道は多摩川の渓谷沿いになります。山道はオシマイ。舗装された道なので歩きやすくてドンドンいけます。この風景、まさに東京奥座敷です。


c0030967_23522159.jpg



 道所橋という吊橋がありました。高度はあるけどワイヤーでキッチリ吊られているので殆ど揺れません。

c0030967_23534556.jpg




 知る人ぞ知るビビリ~なヴィッキーも、この吊橋はヨユウで渡ってます。でも、ヨユウでいられるのは今のうちだけなんだよね。フッフッフ。




c0030967_2355947.jpg



 道と渓谷の間の急な崖の上に身を乗り出すように建てられた廃墟がありました。なんだってこんな場所にわざわざ。周辺は小さな集落で、縁結びのお地蔵様やむし歯地蔵(笑)、昔の馬の水呑場なんかもありました。そしていよいよ折り返し地点のシダクラ吊橋に到着~。

c0030967_23583089.jpg

 こっちの吊橋は揺れます。欄干(というか金網)も低くて、しかも脇から下が覗けます。こういうところには滅法弱いヴィッキーさん。案の定思いっきり腰が引けてます。なぜだか足をパーにして歩いてます。立ち止まると後足がプルプル震えてて笑っちゃいました。


c0030967_001772.jpg
 橋の真ん中で立ち止まって見渡す絶景かな。紅葉の鮮やかさ、巨石の転がる渓谷のダイナミックさ。ここが東京だってこと、ちょっと信じられません。


c0030967_051670.jpg 吊橋を渡りきると小さなお社が祀ってあります。その脇から下に下りられる小道を見つけたのでいざ探検。段々と大きくなる水音にヴィッキーがダ~ッシュ。どうやら下までおりられるようです。
 ここは惣岳渓谷というらしいです。多摩川と支流が合流する地点です。支流には小さな滝があったりして雰囲気バツグン!ここでお昼ご飯を食べることにしました。

c0030967_091626.jpg
 ようやく水に突入できて、満面の笑みのヴィッキー。そうかそうか、よっぽど嬉しいんだね。思う存分水遊びしておくれ。って、水、超冷たいんですけど・・・。


c0030967_0111852.jpg
 おにぎりとカップスープのお昼を食べた後、さらに探検を続けます。支流を渡って斜面を慎重に下ると多摩川の河原に出ました。橋の上から見た巨石、間近で見ると想像以上に巨大です。こういうのを見ると登らずにいられないおバカさんがひとり。早速登ってみました。おお~、高い~。ヴィッキーが小さく見えるぞ。

c0030967_0143750.jpg



 巨石の間をゴウゴウと音を立てて流れていく清流。私が写真を撮っている巨石には上がってこれないヴィッキーが、下でウォンウォン癇癪を起こしてました。ヴィッキーがここでバシャバシャやった水が、明日くらいには下流のジェミキャロのところに流れていくかも。


c0030967_0174787.jpg
 河原から見上げる吊橋は、遥か上空です。人も米粒大だし。あんなところ渡ってるなんて、ちょっとお尻がムズムズするカンジ~。


c0030967_0221748.jpg


 お昼ご飯の片付けを終えて、てっちんも河原に下りてきました。この巨石たち、どこから転がってきたんでしょうね。明治時代に大水があったらしいんだけど・・・。





c0030967_024135.jpg


 ついついノンビリしちゃいました。そろそろ帰らないと日が暮れちゃう~。来た道をテクテク引き返します。往きはイケイケですごい引きだったヴィッキーも、帰りはスバラシイ脚側で歩きます。行き交う人も少なくなってきたので、オフリードで大丈夫かな。山道に入ると気分が高揚するのか、タタタ~とちょっと先まで行って、振り返って私たちを待つヴィッキーです。

c0030967_027122.jpg



 青目不動尊の柴MIX君も、おうちに帰ったようです。この辺りはちょっとゴツゴツした石畳の道です。フェンスの向こうの家は茅葺屋根でした。この集落って、面している車道ってあるんでしょうか。だって、車がなかったら買い物とかタイヘンだろうし。

c0030967_030837.jpg

 茅葺屋根の向こうに奥多摩湖が望めます。奥多摩湖はダム湖(小河内ダム)なんですが、ダムが出来る前からここにあったんですよね、この家は。その時分はどんな景色だったんでしょか。
 ここまでくればゴールまであと一息です。なんとか日が暮れる前に帰りつきました。




 往復で8kmくらい歩いたけど、やっぱり端から端まで完歩してみたいなぁ。ところどころ急な山道もあったけど、景色もバツグンだったし、ヴィッキーとしては水遊びも出来たし、なかなかに楽しいハイキングでした。これくらいだったら、筋肉痛の心配もないしね~。
 以上、奥多摩むかしみちルポでした。お休みの日の長~いお散歩のつもりで、ワンコと一緒にいかがですか?(笑)
[PR]
# by p-kom | 2006-11-18 22:57 | アウトドア
今年の風邪って胃にくる?
11月17日(金)
 先週の日曜日にてっちんのお祖母ちゃんの四十九日法要があり、そして翌月曜日が新居の現場監理と、二日続けて寒風吹きすさぶ屋外に長時間いたせいか、火曜日にダウンしてしまいました・・・。火曜日の朝、ヴィッキーのオサンポの途中で胃に違和感があり、そのあと仕事していたらジッとしていても胃が痛くなってきて。合わせて吐き気・寒気・下痢。最初は「何かヘンなもの食べたか?」と思いました。この時期に食中毒ってことはないだろうけど、腐ったもの食べちゃったとか?慌てててっちんにメール。でもてっちんは別状なしということで、じゃあ風邪なのかなぁ、と熱を計ったら7度6分でした。それほど熱がある感じはしてなかったので、ちょっとビックリ。とりあえず横になったものの、激しい胃とお腹の痛みは続き、熱はとうとう8度越え。それでも必死にヴィッキーをトイレサンポに連れて行き、そこで力尽きてダウン。
 火・水はひたすら寝て過ごし、昨日の午後にようやく復活いたしました。症状がキツい割には治りは早かったです。いったい何だったのだ?胃が痛くて二日間まともな食事ができなかったので、体重は1キロ減ったものの体脂肪率は増えてしまいました・・・。なぜだ~っ!

c0030967_10545787.jpg
 今日は3日ぶりのヴィッキーの朝サンポです。この季節は、ヴィッキーも歩くのが楽しいらしくって、ついつい長いオサンポになってしまいます。晩秋から初冬にかけて、空気がキリッと冷たくなってくる今の季節が、私は一年の中で一番好きです。でも今年は秋の冷え込みがキッチリときていないせいか、公園の紅葉も今ヒトツ。ハウチワカエデは赤くなっているけど、イロハモミジはまだまだ緑のままです。銀杏は黄緑から黄色のグラデーション。雌の木が何本かあるので、地面に落ちた果肉がクッチャイです。ギンナン拾う人が、果肉を剥いて捨てていくんで、地面のあちこちに散らばっていて歩くのも一苦労。せめて埋めていってくれればいいのに。コレを踏んじゃって靴底にへばりつこうもんなら、ワンコの乾燥ウンPライクな臭いが、歩くたびに漂ってきて『もしや?』と思うに違いないです。
c0030967_1055963.jpg


 家の近所に小さな畑があって、朝も早くからトウチャン・カアチャン・ジイチャンが3人で蕪を収穫しています。毎日、卸す分だけ収穫するんでしょうね、緑の畑が少しずつ茶色の地面になっていきます。私は蕪が大好きです。真っ白でまぁるい見た目も可愛らしいし、緑と白のコントラストも美しくてヨシ。採れたての瑞々しいヤツは、生でオリーブオイルと塩だけで食べるとほんのり甘くてジューシーで。ちょっと苦味がある葉っぱも美味しいし、ビタミンもたっぷり。和・洋・中とどんな料理にもあう蕪さんは、冬野菜のクィーンって感じです。書いていて無性に食べたくなってきた~っ。今日の晩ご飯は蕪にしようかな。
c0030967_10552121.jpg

[PR]
# by p-kom | 2006-11-17 10:58 | 徒然
晩秋?初冬?
11月13日(月)
 本日は建築中の新居の監理日でした。土台・柱・梁の接合部に取り付けた金物が、図面どおりキチンと施工されているかをチェックするのです。設計事務所の担当者と、構造設計事務所の設計士さんが来て入念にチェックしてくださいました。これだけガッチリ作ってあれば、ちょっとやそっとの地震じゃビクともしないかも。
 設計士さんや現場監督さんたちと話している時、竜巻の話になりました。北海道の竜巻のニュースはショッキングでした。建物があっという間に吹き飛ばされてしまうなんて・・・。なんとなく日本でそこまでの竜巻は起こらないような気がしていたので、本当にびっくりしました。構造設計の先生によると、構造計算をする場合、どれくらいの地震に耐えられるかということを念頭に計算するそうです。もちろん、強風による横方向の力にも耐えられるように計算されているのですが、竜巻というのは殆ど考慮外。地震は下から衝撃がくるけど、竜巻は上のほうからくるわけで、また建物の形や屋根の張り出し方によっても結果が変わり、とてもじゃないけど「計算しようがない」らしいです。地震よりもはるかに稀な災害ですもんね。それでも、どういう形にしたら強い構造になるのかを、現場監督さんが熱心に聞いておられました。

c0030967_10215830.jpg
 現場監理は3時からだったので、だんだん冷え込んできて5時過ぎには震えるほどでした。ここはかなり高台なので、下の街とは2~3度違うのかも。家の方は壁の位置に柱や筋交いが入り、床には根太と断熱材、2階の床も張られてだんだん形が見えてきました。写真は浴室からリビング方向を見た感じです。リビングは吹き抜けなので、天井高さは約5mあります。ちょうど、2階の天井がないあたりがリビングです。冬の寒さが厳しそうな土地だけど、しっかりと断熱材が入っているのを見て、ちょっと安心。私の実家もてっちんの実家も冬は底冷えがするので、なんとなく一戸建ての冬の寒さが心配だったりするのです。
[PR]
# by p-kom | 2006-11-13 09:56 | 家づくり
play here? or to go?
11月7日(火)
 久しぶりの山歩き、帰りの急登坂が効いたせいか、昨日から猛烈な筋肉痛です。特に膝上の筋肉に力が入らず、歩いていても不意に『膝カックン』状態になってしまいます。多分、フシギにギクシャクした歩きの人に見えてるんだろうなぁ・・・。
 朝のオサンポも苦行です。ヴィッキーさんは昨日はまったりしていたものの、今日は朝から絶好調です。ウンチングダッシュ(ウンPポイントを定める前に走ったりグルグルしたりする、アレです。)もいつもに増して長かったりして。筋肉痛の足を引きずりながらついていく私の身にもなってくれ~。
 朝のオサンポで毎日通る公園。この一帯が再開発された時に、屋敷林から移植された大木がいっぱいあって、ちょっと雑木林っぽくて雰囲気があります。地形も自然っぽく小山があったり。で、その小山の頂上でヴィッキー、下方になにかを発見しました。フレキシリードをシュルシュル~と伸ばしてダダダーッと山を駆け下りました。不意打ちを食らわされた格好の私は、膝をカックンカックンさせながら「ヴィッキー、待って~」とヨタヨタとついていったんですが。

c0030967_9494098.jpg
 あー、確かに魅力的なブツです。でもねぇ、それは持って帰れないんだよ。誰かが忘れていったものだからね。きっと、今日探しにくるから置いておこうね。
 オサンポの時、公園とか学校の周りとかでボールを発見すると、途端に目をキラキラ~とさせるヴィッキーですが、プカプカになったテニスボールとか、軟式野球のボールとかは、それこそ家に腐るほどあるので(みんなヴィッキーの戦利品です。)、近頃は見つけても拾うことは許してません。そしたら最近は、植え込みに頭を突っ込んで引っ張り出したボールでも、一旦足元において私の顔色を窺うようになりました。ボールキチヴィッキーとしては、もんのすご~い進歩なんです。それとも「持って帰れなくても、おうちにいっぱいあるも~ん」なんて、いっちょまえに頭を働かせているんでしょうか。
 でも、さすがにこのボールは超魅力的だったみたい。なんとか咥えようと頑張っていたけど、大きすぎて顎が外れそうだし。最後は、胸と顎の間に挟んで持ち上げる、という新たな技を開発してました。うーーん、努力は認めるけど、ダメなんだよ。そんなキラキラしたオメメで見ても、ダーメッ!
[PR]
# by p-kom | 2006-11-07 20:31 | ワンコ
のんびりと秋の山歩き(のつもりが・・・)
11月5日(日)
 3連休の最終日。予定ではてっちんは親知らず抜歯後の痛みで唸っているはずだったんだけど・・・。予約の土曜日に歯医者に行ったものの、親知らず周辺の歯茎が腫れてしまっていて抜歯できませんでした。とりあえず、患部の治療を先にすることになったようです。抜歯は先延ばしです。もっと早く方針が決まっていれば、キャンプにでも行ったのになぁ。
 お天気も良いみたいだし、どこかに行こうということになりました。デイキャンプっていうのも考えたんですが、山歩きにベストなシーズンでもあるし、近場の山を歩いてみようか、という案を採用。VICKI'sのBBSにジャスミンママさんが御岳山のケーブルカーの話題を書き込んでくれたので、『ワンコOK』というケーブルカーに乗って、そこから山歩きをスタートすることにしました。でも3連休の最後の日だし、お天気もいいし、そろそろ東京の山も紅葉シーズンだし、かなり混んでいるかも・・・。ケーブルカーの駅前の駐車場のキャパを考えて、6時半前には家を出ました。
c0030967_12465420.jpg
 奥多摩へ向かう道は予想に反して空いていました。7時半にはケーブルカーの滝本駅前駐車場に到着。登山靴に履き替え、ザックを背負ってケーブルカーに乗りました。大人は往復1090円。ヴィッキーは子供料金の往復550円です。列車には乗ったことが無いヴィッキーですが、すんなり乗り込みました。毎日マンションのエレベーターに乗っているので、同じ感覚なのかもしれません。朝7時55分発のケーブルカー『青空号』は空いていました。滝本駅から御岳山駅までの所要時間は6分、距離が約1.1km、高低差423mで平均勾配は22度です。かなり急勾配で、ケーブルカーの車体も勾配に合わせて平行四辺形をしているのが面白いです。

c0030967_12473056.jpg
 標高831mの御岳山駅の駅舎裏から御嶽神社を目指して歩き始めました。途中、面白い看板があったので記念撮影。「おいぬさまをご参拝ください」と書いてあります。紀元の昔、日本武尊が東征の際、深い霧に道を見失って万事に陥ったのを白狼に導かれたという伝記があり、そこから「おいぬさま信仰」が始まったそうです。ヴィッキーも迷った時には助けてくれるかなぁ。

c0030967_1253213.jpg

c0030967_12533367.jpg 民宿や宿坊、食堂、お土産もの屋さんが立ち並ぶ参道を歩いていると、ここが山の上だということを忘れてしまいそうになります。山門をくぐって急な石段を登ると拝殿の前に出ます。さすがおいぬさま信仰の神社だけあってか、ヴィッキーを連れて歩いていても咎める人はいませんでした。三人でお参りしてから境内のお札所でお守りを買いました。てっちんの厄除けと交通安全のステッカーです。もちろん、おいぬさまの図柄入りです。なんだかキッチュな雰囲気だなぁ。狼には見えないし狛犬とも違うし、どっちかというとハウンド系?犬飼いの間で流行らないかな。(笑)


 神社を後にして秋の山道をのんびりと歩きました。ここから長尾平を経て奥の院経由で大岳山頂を目指し、引き返して綾広の滝~ロックガーデン~七代の滝の渓谷を廻って、御岳山駅に戻ってケーブルカーで下山するというルートを設定。いろんな色や形の落ち葉を踏みながら歩きます。ヴィッキーもかなりハッスルして、フレキシリードをいっぱいに伸ばしたり戻ってきたり、無駄に体力を使って歩いてます。疲れて歩けなくなっても知らないぞ~。
c0030967_12555229.jpg
 ロックガーデン方面への分かれ道を通り過ぎ、さらにいくつかの分岐を過ぎて、大岳山荘前の広場に着いたのは11時くらいでした。大岳山頂までは地図で見るとたいした距離ではないんですが、岩場の急勾配でかなりハードでした。ところどころ現れる鎖場では梃子摺っている人も結構いたけど、ヴィッキー隊長はあっさりクリア。ヴィッキーの経験値はかなりアップしているみたいです。

c0030967_12565440.jpg
大岳山1266mを制覇♪


c0030967_12574638.jpg
 大岳山頂ではたくさんの人がお昼を食べていました。見晴らしがいい場所は混んでいるので、木立に囲まれた反対側の一角にザックを下ろしました。ジェットボイルでお湯を沸かしてカップスープを作り、おにぎりを頬張ります。私たちが座っている場所のすぐ上の枝で、ヤマガラやシジュウカラが囀っていました。ヴィッキーもカリカリフードとクッキーと干し肉でお昼ご飯。ハート型のクッキーがふたつ繋がっていたので、ちょっと遊んじゃいました。
c0030967_12575268.jpg
アナタにラブ~♪


 きっかり一時間休憩して頂上を後にしました。急勾配の山道は、登りより下りのほうがキツいです。しかも続々と登ってくる人がいるので、道を譲っているとなかなか先に進めません。急勾配ではオンリードだと人もワンコも危険なので、まず私が勾配の緩くなる場所まで行き、次にオフリードのヴィッキーを私のところまで呼んで、最後にてっちんが来て合流、というピストン方式で進んでいきます。ヴィッキーはヴィッキーなりに楽なルートをちゃんと選んでいるようです。でも人が多い山道だと、このリズムで進んでいくのもなかなか難しいのです。登る人、下る人が交互に行くのがマナーだとは思うんですが、お構いなしにズンズン行ってしまう方も結構いらっしゃるので・・・。
c0030967_1259345.jpg

 そんなこんなでちょっと時間がかかってしまいましたが、なんとか大岳山荘まで戻ってきました。ここでトイレ休憩。展望台で休んでいたら、ヴィッキーはあっという間にアイドルになってました。奥多摩の山々は公共交通機関でもアクセスしやすいので、外人さんの家族連れやカップルも多かったです。展望台のベンチでワイン2本空けている外人さんがいてビックリしました。ここまで持ってきたっていうことですよね?そこまでして飲みたいのか?
 往きに通った道を戻るときは、ヴィッキーも少し落ち着きます。さすがに疲れたのかな?と思ったんですが、ロックガーデンへの分岐まで来て渓流が見えた途端、ハッスル度合いが急上昇。水に突っ込んで行くことは必至なので、慌ててリュックを外しました。リュックの中にはヴィッキーのオヤツと水飲みボールが入っています。これを背負っていると他の登山客のウケが良いのです。たいした荷物は入っていないので、どうしても背負わなくてはいけない必然性は無いんですが、オリコウな山岳ワンコと思わせるためのマストアイテムなのです。でも、当の山岳ワンコは渓流をバシャバシャやっていて、お里が知れるってもんです・・・。

c0030967_13353324.jpg
 ロックガーデンは『東京の奥入瀬』とも言われているそうです。苔むした大木や大岩が連なり、渓流は澄み切っていて、確かにとてもキレイでした。実は「ロックガーデンなんて大したことないんじゃ?」なんて思っていたのですが、なかなかどうして馬鹿にしたもんじゃありません。ロックガーデンを一周するだけだったら、ケーブルカーの山頂駅からグルッと6kmくらいだと思うので、ワン連れハイキングを楽しむのにちょうど良いコースですね。

c0030967_13354014.jpg
 綾広の滝、七代の滝も滝壺まで下りてみました。ヴィッキーは予想通り、滝壺にも躊躇無く突入しました。綾広の滝へは、つづら折りの坂道を下りていくだけなんですが、七代の滝への道は超ハードでした。坂道を少し下った先は、かなり急な鉄の階段(というよりハシゴ)が幾重にも連なり、あるいは木の根っこが複雑に絡み合う自然の階段だったり。最初の階段の上でてっちんと相談。これはヴィッキーには無理だよねぇ・・・と。階段そのものは10段~20段くらいで、途中に地面が踊場のようにあるんですが、人間ですら両側の手すりにつかまらないと下りられないくらいの斜度だし、幅の狭い鉄の踏み板があるだけで、向こうが素通し状態なのです。諦めて引き返そうと思った時、ヴィッキーがタタタッと階段を下り始めてしまいました。そう、はるか下方から聞こえる滝の音に、『絶対行く!』モードになっちゃったようです。慌てて私たちも後を追いました。殆ど逆落とし状態になりながらも案外上手に下りて行くヴィッキーに感動~。というより唖然?
c0030967_038098.jpg

 ハシゴ階段は長短あわせて10箇所くらいもありましたが、無事に下りきって張り切って水にジャボン。居合わせた観光客の目が点になってました。ゴメンなさい・・・。滝のスケールはそれほど大きくは無いけど、ちょっと秘境っぽい雰囲気が素敵でした。さて、下ってきたということは登らなくてはならず。ヴィッキー、下るときは滝の音に気をとられて周りが見えない状態だったんですが、登る時になって事態を把握したようです。しかも、登るときはハシゴ階段の間から向こうが素通しになっているのも見えちゃったりして、急速に及び腰になってきました。昔のヴィッキーなら鼻ピーで助けを求めたと思うんですが、私たちと一緒にあちこち野遊びしまくっているせいか、かなり度胸がついたというか経験値がアップしたというか、エイヤッという感じで一気に登りはじめました。段差が大きくなる部分でたまに足を踏み外したりするものの、結局私たちの助けはほとんど借りずに踏破。あんまり速く駆け上がるものだから、てっちんが途中でストップを掛けたらそこから登れなくなってしまい、その時だけ抱えて引き上げました。勢いに任せた方がスムーズに行けるようなので、ヴィッキーのペースに合わせたんですが、着いていく私たちも大変でした。滝に分かれる元の道に戻った時には、汗だくでゼェゼェ肩で息をする羽目に。ヴィッキーは涼しい顔してるのに・・・。さすが四輪駆動は違います。
c0030967_038217.jpg


 東京の奥座敷で、思いもよらないアドベンチャー気分を味わってしまいました。この急坂一気登りが効いて、帰りの参道では舗装の下り坂がキツかったです。特に膝上がプルプル・・・。ケーブルカーの山頂駅に着いてベンチにへたり込み、時間があったのでコーヒーを淹れて一息つきました。さすがのヴィッキーも足元に伏せてコックリコックリ。そうだよね、今日は朝から夕方までずっと歩き詰めだもんね。GPSによると歩行距離は15kmくらいだけど、きっとヴィッキーは3割り増しくらいで歩いてるだろうし。コーヒーを啜りながらケーブルカーを待っていたら、真正面にまん丸のお月様が顔を出しました。そうか、今日は満月だったんだ。ちょっといい気分です。奥多摩・青梅の山々は近場なだけに今まであまり来なかったけど、これからは山歩きしたくなったら足を運んでみようかなと思います。
[PR]
# by p-kom | 2006-11-05 22:45 | アウトドア
倶楽部活動してきました
11月3日(金)
 今日から3連休です。本当は遠出orキャンプでも楽しみたいところなんだけど・・・。実はてっちん、出張中に持病の『親知らず周辺の痛み』が激化してしまい、遠地で急遽歯医者さんに行く羽目になり、このまま放っておくといつまた悪化するかもしれず・・・。で、意を決して親知らずを抜くことになったのです。その予約が3連休中日の土曜日なので、出かける予定が立てられなかったのでした。
 てっちんが家にいると、ヴィッキーの遊びに対する期待度がアップします。座っているてっちんが立ち上がるだけで、ガバッと飛び起きてハァハァするほどです。私が買い物に行こうと上着を羽織ると、ハァハァいいながら玄関までついてきます。あんまりウルサイんで、久しぶりにわんわん倶楽部に行ってみることにしました。

c0030967_2055249.jpg
 お昼くらいまでてっちんの自宅仕事がかかってしまったので、お昼を食べてから家を出ました。山中湖を目指す前に、ちょっと新居の建築現場に寄って工事の進捗具合をチェック。先週の上棟式からちょうど一週間が経ちました。屋根板が張られ、壁の内側の柱や筋交いもできていました。今日は祝日で工事はお休みなので、中に入ってじっくりと見ることができました。上棟式の時に棟の天辺に上がっていた弊串は、屋根裏にきちんと収まっていました。
c0030967_205597.jpg


-------------------------------------------------------------------


c0030967_2055349.jpg
 2時過ぎに現場を後にして、八王子ICから中央高速に乗りました。こんな時間なのにまだ渋滞の名残がありました。わんわん倶楽部到着は4時過ぎ。駐車場にはたくさんの車が停まっていました。まずはドッグランでガス抜き&トイレ。リニューアルしてから初めて来たんですが、きれいになったのかなぁ・・・。ドッグランはたしかに広くなっていたけど。
c0030967_20554119.jpg

 薄暗くなるまでドッグランで遊んで、いよいよプールに乱入。真っ白なスタプーさんが一頭、ちょっとオッカナビックリ泳いでました。ヴィッキーは他のワンコに目もくれず、ひたすらオレンジ棒をお供に泳ぐ、泳ぐ、泳ぐ!途中でバーニーズのオトコノコや巨大なニューファンさんがご挨拶に来たけど、ヴィッキーの目には入らなかったみたいです。なんたってオレンジ棒しか見てないですから・・・。愛想のないヤツでスミマセン・・・。
c0030967_20555078.jpg

 ドッグランとプールを2サイクルして、6時半頃に引き上げました。ICに向かう途中でご飯を食べて、ワインが豊富なスーパーでお気に入りのカツヌマワインを3本調達。8時直前に高速に乗りました。もちろんETC割引適用~。このパターン、いいかも~。
[PR]
# by p-kom | 2006-11-03 20:26 | ワンコ
はっ、こんなところに・・・。
10月30日(月)
 週末の土曜日、季節外れの大掃除をしました。なぜかというと・・・。新居を建築中ということは、当然いま住んでいるマンションは売却するわけで。で、先週の金曜日(上棟式の日)に不動産業者と仲介契約を結んだんですが、早速翌日の土曜日にお客さんが来ることになったのでした。なにもわざわざ上棟でバタバタする時期に、って今になれば思うんだけど。でも、売却に時間がかかるかもしれないし・・・なんて思ってコトを進めたら、予想以上に早い展開になってしまったのでした。
c0030967_958847.jpg
 和室を片付けていたてっちんが、突然「あっ、こんなところにヴィッキーが!」と言いました。我が家は和室はヴィッキーは立ち入り禁止です。もしや、ヴィッキーが和室に入った痕跡でもあったのか?と思ったら。飾り棚に並べてある青銅製の置物。以前、上海美術館に行った時に買った、紀元前6世紀頃の春秋時代の酒器のレプリカです。牛の形をしているんですが、似ているじゃないか~!ヴィッキーに!!
 いや、顔とかというわけじゃなくて(顔も似てるか?)、全体の雰囲気がですね。こう、肢を踏ん張って顎を突き出した感じが、ボールを前にして頑張っているヴィッキーに似てます。鼻の穴のおっ広がり方といい、頭のおハチの感じといい、見れば見るほど似てますねぇ。これを買ってから数年経つんだけど、初めて気付きました。

 マンションの方は、本日、最初に見に来てくれた方から正式に購入希望のお返事をいただきました。仲介契約して一週間も経たずに売れちゃった。あー、良かった。でも、仲介手数料3%プラス6万円はしっかり取られちゃうんだよなぁ。もうちょっとまかんないかなぁ。(笑)
[PR]
# by p-kom | 2006-10-30 20:39 | 徒然
てっちんのバースディ~
10月29日(日)
 今日はてっちんの誕生日です。さそり座B型で~す。日曜日なんで、どこかでディナーorランチとも思ったけど、出かけるのもちょっと億劫・・・。近所でイタリアンかフレンチ?と迷ったあげく、ぴーこの手作りメシでお祝いということにしました。てっちんの誕生日だからね。

 夕方、近所のWILD1に行ってバースディプレゼントを購入。レザーマンのツールナイフか、mont-bellのウルトラライトのダウンベストか・・・。レザーマンのツールナイフは本格的なプライヤー(ペンチ)が装備されていて、仕事でも重宝するということで、こちらに決定!WAVEというモデルで、18種類のツールが収納されてます。お値段は1万円ちょっと。充実機能の割にお手ごろ価格です。でも冬キャンプの防寒ミドルウェアとして薄手のダウンベストも必要だし。そういえば、去年私は家計費で買ったっけ。てっちんはその時はサイズ切れで買えなかったんだよなぁ。今の時期ならまだサイズがあるけど、本当に必要になる頃にはまたサイズ切れかも。ということで、結局ダウンベストも買いました。家計費で。てっちんがもしベストを選択してたらこれだけだったのに、ナイフを選択したらふたつとも手に入っちゃいました。なんかヘンだな。

c0030967_14171414.jpg
 歳と共にドカ喰いできなくなってきたので、お誕生日ディナーは冷製オードブル3種とメイン、デザートに抑えました。赤ワインを一本開けて乾杯。オードブルはいつもの通り、適当にレシピを考えた3種。サラダは作らなかったので、お野菜タップリ目にしました。『プロシュートとトマトのミルフィーユ仕立て』、『スモークサーモンの生春巻き』、『生蛸のマリネ 粒マスタード風味』です。イタリアンなのか、フレンチなのか、アジアンなのか・・・不明です。

c0030967_14182277.jpg
 どこかに書いておかないとレシピ忘れるので、簡単に。どれも短時間でできます。プロシュートは豚肉と塩だけで熟成させたパルマ産の生ハム。高価だけどメチャウマです。それにフルーツトマト、モッツァレラチーズのスライスとバジルの葉を重ねていって、最後にエクストラバージンオリーブオイルをかけてブラックオリーブを添えるだけ。プロシュートは塩気が効いているので、他の味付けは必要ありません。トマトの甘み、チーズのコク、バジルの香りが絡まってとっても美味。ぜひお試しを♪
 生春巻きはサーモン、水で戻した春雨、レタス、キュウリの千切り、プロセスチーズをライスペーパーでクルッと巻いて、スィートチリソースでいただきます。
 蛸のマリネは、生蛸のスライスにレモン汁、塩少々を振ってしばらく置きます。セロリは根元に近い部分の筋を取って繊維に沿って縦に薄切り、パプリカも縦に薄切り。こちらも塩を振ってしんなりさせてから、水で洗って絞っておきます。ブドウはピオーネ、ロザリオ、甲斐路などの大粒のものの皮を剥き種を取っておきます。ボールに粒マスタード(大さじ1.5くらい)、レモン汁(大さじ1くらい)、エクストラバージンオリーブオイル(大さじ1くらい)、白ワイン少々を入れて混ぜ、塩で味を調えて、そこに水気を拭いた蛸、絞ったセロリとパプリカ、ブドウを果汁ごといれて和えます。冷蔵庫で30分くらい寝かせて、食べる直前にイタリアンパセリを散らして出来上がり。粒マスタードの酸味とブドウの甘み、蛸の歯ごたえとセロリのシャキシャキ感が美味しい一品になりました。

c0030967_141831100.jpg
 メインはお昼前から仕込んでおいた、牛モモ肉のワイン煮込み。本当はすね肉あたりが美味しいんだけど、カロリーオフのためにモモ肉を使いました。付け合せはマッシュルームのソテーとジャガイモのガレット。マッシュルームはバターでソテーした後、お肉のソースでサッと煮ました。ジャガイモのガレットは、実は韓国料理の『いもチヂミ』を参考に作ってみたんだけど、これが大正解。とても美味しいです。
 じゃがいもはメークインだとシャキシャキ、男爵やキタアカリだとモッチリと仕上がると思います。1個は千切り、1個はすりおろします。千切りは水にさらさないで、すりおろしたものと混ぜます。(じゃがいもの澱粉だけで固めるので、水にはさらしません。)金属の下ろし金を使うと変色するので、プラスチックか陶器の下ろし金で。ここに塩・胡椒・粉チーズを適当に加えてさっくりと混ぜ合わせ、バターを溶かしたフライパンに一気に流し込んで丸く整え、蓋をして中火で蒸し焼きにします。端の方が半透明になってきたらひっくり返して反対側も焼きます。キツネ色に焼きあがったら、切り分けていただきます。
 二人分でジャガイモ2個です。付け合せにもいいし、多めにつくればおやつやブランチにもいいかも。卵や砕いたナッツを混ぜてもイケそう。簡単で美味しいから、これからも定番にしようっと。

 てっちんは今年厄年です。忙しいけど体に気をつけて、何事も無く元気に一年が過ごせますように。ぴーことヴィッキーのお願いです。
[PR]
# by p-kom | 2006-10-29 23:34 | 徒然
テンヤワンヤの上棟式
10月27日(金)
 新居建築が始まって約一ヶ月、今日はいよいよ上棟式です。一昔前は「建て前」とも言っていましたよね。私の実家の建て前では、屋根に上ってお餅やお菓子、お捻りなんかを巻きましたが、今はそういう風習はこの辺りではなくなってしまったようです。家一軒当たりの敷地が小さい現代の住宅地では、そういう昔ながらの建て前は無理ですもんね。今は上棟式も地鎮祭もいっさいやらないという家も多いそうです。工務店からはどちらでも良いですよ、と言われたんですが、上棟式は建て主が職人さん達を労う会でもあるので、ささやかながら執り行うことにしました。
 地鎮祭の時は工務店がいろいろと準備してくれたんですが、上棟式は建て主主催なので、買出しから振る舞いの準備まで全部ひとりでやりました。職人さん達へのご祝儀の準備、儀式で使うお米・お塩・お酒の準備、儀式の後の直会(なおらい)での振舞いの準備などなど。昔の直会は、それこそ宴会みたいに数時間やったそうですが、今は職人さんたちも車で来てるしお酒はご法度です。なので、会も40分程度でお料理もそれほど豪勢にはしないようです。お寿司や仕出しを取るのが一般的みたいなんだけど、ちょっと捻りを効かせたいなぁと思って、奈良の柿の葉寿司をお取り寄せして、それから笹の葉寿司と出汁巻き卵を手作りしました。さらに奮発して、松茸のお吸い物。他は枝豆・乾き物を少々。飲み物はノンアルコールビールとウーロン茶です。
 笹の葉寿司用のクマザサは、ヴィッキーの秘密基地だった多福寺の雑木林で採ってきました。そのササをキレイに洗って、軽く塩茹でして根元と先をカットして使います。柿の葉寿司が酢飯なので、笹の葉寿司は薄口の出汁醤油味のおこわにしてみました。具は『牛タタキとフキノトウ味噌』『イカの昆布〆とイクラ』『スモークサーモンにディルを添えて』の3種。各種16個ずつ握って、よく水気を切った笹の葉でひとつひとつ巻いていきます。なかなか美味しそうにできたんですが、時間に追われて焦っていて写真撮るの忘れました・・・。(涙)
 松茸のお吸い物は、材料調達に苦労しました。例の北朝鮮騒動の影響か、近所のスーパー廻りをしても松茸が売っていません。もちろん国産モノには手が出ないし、そもそも売ってないし。輸入モノは大部分が北朝鮮産だったんでしょうかね。スーパーを何軒かハシゴして、ようやく北アメリカ産のモノをGET。おお、これって一昨年てっちんとシアトル郊外の松茸狩りで大量に採取したのと同じだ~♪ということで、めでたく松茸のお吸い物が完成。吸い口の三つ葉と柚子皮の千切りもタッパーに用意しました。

c0030967_13132092.jpg
 3時ごろ現場に到着するつもりだったのに、家を出たのが殆ど3時。少しでも移動時間を短縮するために関越を使って30分くらいで到着。高速使うと結構早いです。未来の我が家は既に柱がたって棟も上がって、てっぺんに弊串(へいぐし・へごし)がたてられています。これは後で、家の最上部の屋根裏に収められる、お守りのようなものです。一週間前に基礎を見たときはそれほど大きくないなと思ったんですが、建物のシルエットが現れてみると結構なボリューム感です。ようやくここまで来ました。やっぱり感慨深いものがあります。
c0030967_13133231.jpg


 大工の棟梁、鳶の頭と私たちふたりで、家の四方に米・塩・酒でお清めをしました。それぞれの隅に、お米とお塩をちいさく三つずつ盛るんですが、棟梁から「左・右・中の順番で」と教わりました。その盛米・盛塩にお神酒を振りかけて二礼二拍手一礼。身が引き締まります。
c0030967_13135427.jpg
 お清めの儀式の後、リビングになる場所に木材とコンパネで即席のテーブルを拵えていよいよ直会です。テーブルの上にお寿司と出汁巻きを詰めたお重、おつまみいろいろが並びます。てっちんの両親と弟も駆けつけてくれました。工務店の担当さんの司会で会が始まりました。まず建て主の挨拶。この場で挨拶するということをてっちんは知らなかったのですが、(往きの車の中で私が言うと、エラく焦ってました。)急場で考えたにしては立派な挨拶でした。それから建築家さんの挨拶、工務店の社長さんの挨拶と続きます。
c0030967_13141362.jpg
 お寿司は職人さん達にも好評でした。松茸のお吸い物も美味♪でした。最後にお土産に吟醸酒の小瓶とビールをお渡ししてお開き。とっても忙しい一日だったけど、やっぱりやってよかったです。なんたって一生に一度かもしれないしね。
[PR]
# by p-kom | 2006-10-27 22:11 | 家づくり
なんと、一年ぶりであった。
10月22日(日)
 ヴィッキーが我が家に来る前は、てっちんとふたりでかなり熱が入っていたダイビング。私の実家が伊豆なので、そこをベースキャンプにして西伊豆は一通り潜ってました。それと年に1~2回は沖縄・八重山方面へ遠征。でも、ヴィッキーが来てからは、もっぱら川・山遊びが多くなって、海からは少し遠ざかっていました。だって、ヴィッキーも一緒に潜るわけにはいかないしね。で、気が付いたら、前回潜ってから1年が経ってしまいました。ありゃりゃ。
 ということで、久しぶりに伊豆の海へ。今回は西伊豆の真ん中あたり、田子の海です。田子で利用するダイビングサービスには、看板犬の黒ラブ君がいます。その名も「タンク」。ここはワンコにフレンドリーで、屋根つきの広いデッキがあるので、ヴィッキーは私たちが潜っている間はそこでお留守番です。
 久しぶりの海なんだけど、どんよりとした曇り空で海の中も暗かった~。でも魚を見ながらボーッと漂っているのは、案外癒し効果があります。カメラを持っていったくせに、ボーッとしすぎてあまり写真撮りませんでした。撮ったのは動かない魚とかエビばっかり。てっちんもビデオ持って行ったくせに、やっぱり私と同じでボーッとしていたのか、後から見てみるとやけに短くて笑っちゃいました。
c0030967_1271061.jpg
岩の裏に張り付いていたイロイザリウオ君

c0030967_1274040.jpg
ヒメイソギンチャクエビ。イソギンチャクにかくれてます。
体長わずか2cmくらいです。

c0030967_1285089.jpg
オキゴンベは動かないから好き♪目が結構カワイイです。

[PR]
# by p-kom | 2006-10-22 22:53 | アウトドア