ジャングルジム・・・?
10月18日(水)
c0030967_15114776.jpg
 先月末から新居の工事が始まってます。地面を掘ってコンクリを打って、基礎に鉄筋を入れるところまで進み、今日は基礎配筋の監理の日でした。我が家は設計・監理が建築家、施工が工務店という分担で進んでいます。工事の節目節目で、建築家による監理(設計図通りの精度で施工されているかのチェック)が入ります。大体、一週間~10日に一回のペースです。
 私もヴィッキーと一緒に見学に行ってきました。コンクリートの基礎の中に入る鉄筋の量にビックリしました。まるでジャングルジムのようでした。すご~い。周りの家の人は、この基礎を見てコンクリート造の小さなビルでも建つんじゃないか?って思ったかも。でもこれなら、結構大きな地震がきても大丈夫かも。
 基礎の段階だと思っていたより狭く感じるんだけど、柱が立つと今度は大きく感じますよ~って建築家が言ってました。上棟は今月27日です。楽しみだなぁ。
[PR]
# by p-kom | 2006-10-18 17:59 | 家づくり
癒しキャンプ~。
10月14日(土)-15日(日)
 てっちんがようやく下関から帰ってきたので、早速キャンプです。先月、ワイワイキャンプをした朝霧ジャンボリー、私は何度も泊まっているのにてっちんはこれが2回目。それだけ家にいなかったということですね。
c0030967_1433265.jpg
 ETC割引タイムは混むので、ちょっと時間を外してノンビリ出発しました。鳴沢の道の駅でお野菜を調達して、お昼少し前にキャンプ場に到着~。お天気はとてもいいのに思いのほか空いていて、各サイトに1~2組くらいしかいませんでした。お気に入りのPサイトには誰もいなかったので、奥まったところにテントとリビシェルを張りました。今回のキャンプでは、コンロストーブが初出動です。夜は10度くらいまで下がるということなんで、コンロストーブで豆乳鍋の予定。
 設営を終えてお昼ご飯食べて、ポカポカ日差しを浴びていたらうたた寝しちゃいました。ヴィッキーが出し続けていた『遊べ!』オーラで目が覚めました。まだ夕飯までには時間があるので、本栖湖に行ってちょこっとだけ水泳。かなり風があって湖は波立っているし、ちょうど日陰になってしまうエリアなので、人間はとても寒かったです・・・。
c0030967_14375880.jpg
 本栖湖から帰って来たら、ちょうど富士山が赤く染まっていてキレイでした。ストーブとランタンを点けてゆっくりご飯の支度。前菜は鳴沢の道の駅で調達した、山のキノコのホイル焼き。栽培されているキノコとは違って、香りが鮮烈で美味でした。豆乳鍋はタップリのお野菜と牛肉で。朝霧の道の駅で買ったヨーグル豚のスモークタンとチーズをつまみに、山梨の地ワインを飲んでいたら二人とも眠くなってしまい・・・。気がついたら2時間近くマジ寝してしまったようです。ヴィッキーもおとなしくお付き合い。なんだかカワイイです。10時半くらいになっていたけど、豆乳鍋の余ったおツユで雑炊を作ってシメとしました。
c0030967_1438835.jpg


--------------------------------------------------------------


c0030967_14381891.jpg
 日頃の寝不足を解消すべく、朝は7時くらいまでノンビリと寝ました。ヴィッキーも私が起きるまでグッスリ。夜の間、獣追いの空砲が遠く聞こえたけど、ヴィッキーはそういう音は気にしないようです。パジャマ着た寝起き顔のヴィッキーは、マヌケ度20%増しってカンジ。
 朝ご飯はトラメジーノでホットサンドにしました。昨日買った朝霧ヨーグル豚のソーセージとチーズをクルッと巻いて焼き焼きしたのが激ウマでした。私がアツアツのを頬張っていたら、ヴィッキーが目の前に正座してジーッと見ていました。口元には朝日に輝く粘性の高いおヨダが・・・。ちょっと風があったので、大ちゃんの涙(って、わかる人いるのか?)みたいに長く伸びてたなびいてました。
c0030967_14382518.jpg


 風はちょっと強かったけど、ポカポカと暖かい一日でした。ヴィッキーとてっちんのボール遊びもなんだかノンビリしています。
c0030967_14384364.jpg
まずは準備体操。よーくストレッチしてね。

c0030967_14391686.jpg
それっ、行くぞ~!ヨッシャー、まかせとけっ。

c0030967_14403856.jpg
次はキックだ~!蹴る前に止めてやる~っ!

c0030967_14415243.jpg
ドリームボォォォル!バビュゥゥゥン!

c0030967_1443052.jpg
ま、こんなもんでしょ。


--------------------------------------------------------------


c0030967_14472196.jpg
 まだお昼前なので、またまた本栖湖に泳ぎに行きました。少し離れたところでバーニーズさんが黙々と枯れ木のレトリーブをしていました。しずしずと水に入って、ゆったりと泳いで、のんびりと帰ってきて、まるでスローモーションのようにゆっくりと水をブルブルして・・・。それに引き換えヴィッキーの泳ぎはセワシナイです。何かに追い立てられるように、水しぶきを盛大に立てて飛び込んで、力いっぱい肩泳ぎして、フンガフンガと戻ってきます。きっと、笑われてたんだろうなぁ・・・。
c0030967_14481579.jpg


c0030967_14473134.jpg
いいじゃん、楽しければ~。


 1時過ぎにキャンプ場に戻って、それからカルボナーラを作ってお昼ご飯にしました。チェックアウトは4時なので、たっぷり2日遊べるのが嬉しいです。これが11時とかだと、朝から何かと慌しいんだけど、お昼食べてノンビリ撤収してもヨユウです。朝霧はすっかり秋模様が深まっていて、ススキに富士山がキレイでした。頂上にはうっすらと雪が。あとひと月もすれば、中腹まで雪が積もるんでしょうか。いよいよ冬キャンプのシーズン。楽しみだな~。
c0030967_23163817.jpg

[PR]
# by p-kom | 2006-10-15 23:58 | アウトドア
カモちゃん、お帰り~♪
10月11日(水)
 ふっふっふっ・・・。とうとうリアルタイムだもんね。やったーーーー!
 最近、朝晩は非常に涼しくて過ごしやすくてありがたいです。夏場は普通の歩きサンポだとイマイチ気乗りがしなかったヴィッキーも、ここんとこ張り切ってルンルン歩いてます。朝のオサンポは弁天の森っていう雑木林っぽい公園まで行きます。距離にして約4.5km、時間にして1時間強の足腰増強コースです。
 この公園を貫くように水路が流れていて、秋~春にはたくさんのカモちゃんたちが観察できます。カルガモちゃんは渡りをしないので、一年中見られるんだけど。10月に入ると、冬場レギュラーメンバーのオナガガモ・マガモ・コガモが相次いで飛来します。昨日、この三種類が全部見られるようになりました。お帰り、カモちゃんたち~。

 前にも書いたと思うんだけど、私は結構カモちゃんが好きです。キレイだし、デカいから観察しやすいし、ケンカやディスプレイなどの生態観察も手軽に出来て楽しいのです~。北から渡ってきたばかりのこの時期だと、♂カモちゃんの変身も楽しめます。ちょっとマニアックな話なんで、なんじゃそりゃって感じですが、お付き合いくだされ~。
 鳥や動物や魚って普通♂の方が派手でキレイですよね。これは♀にアピールするためだというのは、多くの方がご存知だと思います。特に繁殖期には鮮やかな色や姿になります。カモちゃんもやっぱりそうなんですね。日本に飛来する秋~冬に番を形成して、春に繁殖地に飛んで行って子育てして、子供が成長したところでまた帰ってくる・・・を繰り返してます。カモの番っていうのは、毎年その都度相手が変わります。卵が生まれると番を解消しちゃうんです。だから、カルガモさんも子育てしてるのは♀だけでしょ?オトコは子育てしないんですね~。
 で、♀にアピールするのに必要不可欠な♂の派手派手の羽も、繁殖地では外敵の標的になってしまうので、その間は♂は地味~な羽に変わるのです。これを雌化(エクリプス)といいます。でもまったく同じになっちゃうんじゃなくて、ちょろっと♂っぽい部分が残ったりするんですけど。

 さてさて、ここまで何を延々と説明してきたかといいますと、北から渡ってきたばかりのこの時期の♂は、まだエクリプスの状態なんですね~。だから、一見地味~な♀だけの集団に見えますが、実は♂♀が混じっているんです。ここ一ヶ月くらいしか見られないエクリプスちゃんなので、頑張って携帯で写真撮ってみました。

c0030967_21142191.jpg
 まずは私の好きなオナガガモのエクリプスです。↑の♂はまだまだ冬羽の気配すら見えてませんね。一瞬、メスか?って思ったんだけど、♀は嘴が黒っぽいのに較べて、♂は嘴のサイドがブルーグレーなんですね。見逃しませんよ~♪

c0030967_21143587.jpg
 ↑はちょっと冬羽っぽい感じになってきてます。でもまだ頭の色がまだらで地味~です。

c0030967_2147556.jpg
 これは去年の冬に撮った、番の写真。前が♂、後が♀です。ね、♀の嘴は黒いでしょ。オナガガモは朝のゴハンの時間、水に頭を突っ込んで一心不乱に水草を食べてる姿がカワイイです。長い尾羽が水面にピョコピョコ突き出てるの見ると、うひょ~ってなります。

 お次は一番ポピュラーなマガモちゃん♪ヴィッキーの大好きなヌイグルミのカモちゃんも、マガモがモデルです。
c0030967_21185421.jpg
 このコは典型的な初期エクリプスです。限りなく♀に近いんだけど。でも♀は嘴がオレンジで、嘴の上側に黒い斑点があるのです。カルガモにも似てるけど、やっぱり嘴が違う。この黄色い嘴は、マガモ♂の動かぬ証拠なのです~。

c0030967_21221930.jpg
 こっちのコは胴体部分がちょっと冬羽っぽくなってきています。でも、マガモのトレードマークのメタリックグリーンの頭の色がまだ来てません。これから徐々に頭のグリーン度合いが増えてくるのです。ウシシ、楽しみ。

c0030967_21472740.jpg
 これも去年の番の写真。♀の嘴はこんな感じです~。♂はヴィッキーが本栖湖で猛烈に遊び狂っていたカモっちと瓜二つですねぇ。うん、あれは実にリアルに出来てます。ちなみに最近は、マガモとカルガモのF1なんてのもいるそうです。あとは、マガモとアヒルのF1も。アオクビアヒルなんて名前が付いてるらしいですよ。

 写真撮ってて気が付いたんだけど、今日はオナガガモ、マガモ共に♂しか発見できませんでした。子育てしない♂たちが、第一陣で渡ってきたのかな。

c0030967_21274025.jpg
 「あー、もう少しこっち向いて~」とか言いながら携帯構えていたら、ヴィッキーがこっち向いてくれました。さすが写真慣れしてますわ。
[PR]
# by p-kom | 2006-10-11 21:33 | 徒然
追いついた。
10月8日(日)
 夏休みからずーッと溜め込んでいた宿題のようなダイアリー、ようやくほぼリアルタイムにまで追いつきました。9月の半ばからまた下関に行っちゃっているてっちんの帰りが遅れています。ヴィッキーとふたりで変わりばえのしない日々を送っております・・・。オンナ同士でどこか行こう!と思った先週は、嵐のようなお天気で断念。
 家の工事も雨続きで遅れているようです。と言っても、着工したばかりだからそんなに深刻じゃない筈ですが。気分転換にヴィッキーと偵察に行ってきました。今は基礎の工事中です。家の形に合わせて地面が掘られ、砂利が敷かれていました。来週には基礎のコンクリートが敷設されるのかな。

c0030967_23161040.jpg
 ヴィッキーはずんずんと丘の上公園を目指して歩いていってしまいます。かなりの急勾配なんで、ヴィッキーに引っ張ってもらいました。いつもは引っ張るのはNGなのに、こういう時だけOKっていうのはホントはいけないんでしょうけど。でもまぁ、その辺りの曖昧さっていうのも、ヴィッキー的になんとなく理解しているみたいなんでいいかな。

 来週てっちんが帰ってきたら、のんびりキャンプに行きたいなぁ。
[PR]
# by p-kom | 2006-10-08 22:42 | 徒然
燃える花
9月24日(日)
c0030967_22382749.jpg
 彼岸花って、本当にお彼岸にあわせて咲きますね。何も無い土の上に、緑の茎があれよあれよと伸びてきて、あっという間に花が開きます。最低気温が20度を切る日が数日続くと開花するらしいです。最近は白花の彼岸花が人気だけど、私はやっぱり燃える赤花が好きです。春の桜と同じで、なんとなく切なくなる花です。
[PR]
# by p-kom | 2006-09-24 22:33 | 徒然
地鎮祭が済みました
9月17日(日)
 家づくりは着々と進んでおります。思うところあって家を建てることを決めてから、すでに一年が経ちました。設計がスタートして9ヶ月、やっとこさ施工していただく工務店も決まり、地鎮祭まで漕ぎ付けました。これから工事期間が半年、来年の3月末に新居が完成する予定です。

c0030967_22161366.jpg
 少し早く現場に到着したので、準備が整うまで近くの『丘の上公園』で時間調整。小さな山のほぼ頂上にあるので、見晴らしは抜群です。遠く新宿の高層ビル群も見えます。結構広い原っぱがあるので、ヴィッキーもすでにココに来るのが楽しみのようです。

c0030967_22195985.jpg
準備が整って神主さん登場~♪


 私が高校生の時に実家の新築をしたんですが、その時も地鎮祭をやった筈なのに記憶がありません。ともかく、実質的には初めての体験なので二人とも神妙な面持ちで臨みました。静かな住宅街に神主さんの声が朗々と響いて、感慨深いんだけどちょっと恥ずかしい・・・。さらに『鍬入れの儀』で、こんもりと盛られた土に木の鍬を入れる儀式が恥ずかしかった・・・。だって、「エイッ」「エイッ」「エイッ」って三回声を発しながら鍬を振るわなくちゃならないんだもん。
 ヴィッキーの新居でもあるので、敷地の隅っこに繋いで式に参加させたんだけど、日曜日の午前中とあって犬のサンポをする人が多く・・・。案の定、ヴィッキーは度々ウォンウォンと吠えてしまいました。厳かな式なのに。うーん、失敗した。

c0030967_22311782.jpg
 最後にお神酒で献杯して、地鎮祭は無事終了しました。祭壇をバックに記念撮影しました。神主さんの衣装がブルーシートと同化している・・・。
[PR]
# by p-kom | 2006-09-17 22:10 | 家づくり
飛び込みマエストロ
 今日は10月10日です。どうもまだ『体育の日』というような気がしちゃいますね。あっ、実家のパグの誕生日です。10月10日生まれなので、『テンテン』です。ははは。かなり秋風は涼しくなってきていますが、夏の名残の思い出ということで・・・。

 下関出張が続いているてっちん、9月は2週間足らずしか家にいません。貴重な日曜日にヴィッキーを泳がせに長瀞に行ってきました。いつもの河原はきっと混み混みだと思ったので、長瀞オートキャンプ場にデイキャンプ料金で入ることにしました。老舗のキャンプ場なんだけど広い河原に直接下りられるし、デイキャンプは一人300円なのでこっちのほうがいいかも。

9月10日(日)
 長瀞にはキャンプ場がたくさんあるんですが、長瀞オートキャンプ場はその中でも古いキャンプ場です。サイトは河原から一段上がったところに区画があって、そんなに魅力的ではないんだけど・・・。でも河原は広くて気持ちいいです。こっちにテント張っている人はいなかったけど、ダメなのかな?

c0030967_2233666.jpg
 いつも遊ぶポイントは結構な激流なんだけど、ここは深いし流れもゆったりだし、600円投資した甲斐がありました。ヴィッキーも喜び勇んでオレンジ棒レトリーブに勤しんでおりました。長瀞ライン下りのコースになっているエリアなので、時々観光客をいっぱい乗せた木舟が下ってきます。それ以上にこの日はラフティングの大きなゴムボートがいくつも下ってきました。楽しそうだなぁ。

c0030967_2235297.jpg
 凄く大きな岩がたくさんあって、かなり高いところから若者たちが飛び込んでました。負けじとヴィッキーも飛び込み~。BBQしていたグループやラフティングのお客さんたちギャラリーから大きな拍手と歓声をもらって、ヴィッキーの飛び込みにますます磨きがかかってきました。

c0030967_224565.jpg
 昼間はかなり気温もあがって暑かったんだけど、長瀞の川の水はヒンヤリ冷たくて気持ちがいいです。水もキレイで、ヴィッキーが前足をパーにして水かきしてるのが良く見えます。でも相変わらず泳ぐのは遅いんだけど。

c0030967_2241718.jpg
 このキャンプ場の河原の両岸は、こんな大きな岩が並んでいます。ヴィッキーと比較すると大きさが良くわかります。この岩のかなり上の方から飛び込んでいるワカモノがいてビックリしました。さすがにヴィッキーは無理だな。

c0030967_2242689.jpg
 放っとくと延々泳ぎ続けるので、見計らって休憩させます。かなり不満そうですが。休憩しているときもオレンジ棒は離しません。何がそんなにいいんでしょうか。
[PR]
# by p-kom | 2006-09-10 21:28 | アウトドア
久しぶりのグループキャンプ
9月2日(土)-3日(日)
 てっちんは今年何回目かの下関出張でいなかったけど、オトモダチと朝霧でキャンプしました。ながたんファミリーはキャンプデビュー、そしてGeminiママんちのニューフェイス、キャロルっちもアウトドアデビューでした。ヴィッキーはどうも大勢だとどう振舞っていいのかわからないみたいで、空回りしっぱなしの二日間でした・・・。
 書いているのは一ヶ月もたった10月4日なので(爆)、お写真のみでサラッとね。

c0030967_1953564.jpg
青い空、白い雲、緑の原っぱが気持ちE~♪

c0030967_1954489.jpg
いつだって最前線のヴィッキー、有利な場所で待ち構えるジェミたん、
アイディちゃんはボール咥えて参戦?

c0030967_1956326.jpg
ベロ自慢のお三方。右からジェミたん、マフちん、ヴィッキー。


 タープの下の日陰が気持ちよくて、みんななかなかお尻が持ち上がらなかったんだけど・・・。お日様も少し傾いてきた頃、本栖湖に泳ぎに行きました。

c0030967_19584574.jpg
ジェミたんのカモっち、案の定ヴィッキーが独占・・・。

c0030967_1959343.jpg
独り占めしたいくせに、誰もチョッカイ出してくれないと寂しかったりして。

c0030967_2004318.jpg
うりゃっ、うりゃっ、こーしてやるぅ。


c0030967_2012699.jpg
三頭が前のめりで見つめている先にBBQコンロが・・・。


 二日目の日曜日もいいお天気でした。さすがヴィッキー大明神。朝からたっぶりご飯を食べて、のんびりとお喋りしたり、ワンたちとボール遊びしたり。はぁぁ、幸せ~。

c0030967_2024911.jpg
ヴィ:えー、お笑いを一席。
ジェ:暑いんだから、早くしてよね。
ア:ヴィッキーのお顔が面白い~。

c0030967_2042980.jpg
今回の黒一点&最年長のブービー君。ボカァ、眠いよ・・・。

c0030967_2053110.jpg
ブーちゃんのお洋服で即席覆面ヴィッキーの出来上がり~♪

c0030967_2062099.jpg
ちょっとアンニュイな表情のジェミニおねーさま。

c0030967_2064815.jpg
ニューフェイスのキャロちゃん。ボール遊びの楽しさを覚えたかな?


大勢でワイワイキャンプ、久しぶりで楽しかったです。今度はてっちんも行けるといいなぁ。
[PR]
# by p-kom | 2006-09-03 19:48 | アウトドア
やっと終わった・・・夏休み総括(笑)
 今日から10月ですね。・・・いい加減にしろっちゅー感じですが、どうしてもこれだけはレポしておきたかったので、夏休み総括(最終回)です。だったら、早くアップすればいいのにねー。

8月19日(土)
 一週間のお休みなんて、あっという間です。もう帰る日になっちゃいました。やっぱり一ヶ月くらいお休みが欲しいです。
 夏休み最後の夜は(本当はもう一晩あるんだけど、夜中に高速を走って車中泊となるので、キャンプはこの日が最後です。)広いキャンプ場に一組だけとなってしまいました。朝、誰もいないサイトを三人で散策しました。『野外活動基地親子キャンプ場』の詳細現場レポです。って言っても、遠すぎて誰もいかないだろうけど・・・。どこでもドア持ってたら、我が家の定宿にするのになぁ。

c0030967_2328556.jpg
 もともと広い放牧地をキャンプ場にしたそうで、場外には牛さんが放し飼いされてます。地形は結構起伏があって、場内はエリアごとに高低差があります。でもサイトそのものは基本的にフラットに整備されてます。ゲートを入ってまず管理棟、それから一旦坂を下って、も一度登ってキャンプ場の入り口です。入り口から時計回りに一方通行の車道があります。草原サイトがメインで、ブナの林間サイトと、林を背負ったボーダー部分があって、それぞれに違った雰囲気が楽しめそうです。草原サイトは遮るものが無いので、日差しが強いとキツイかも。その分、晴れた夜の星空は大迫力です。星が沢山見えすぎて、カシオペア座や北斗七星が埋没しちゃうくらいでした。
c0030967_23284568.jpg
場内サンポ。林間サイトの入り口です。

c0030967_23294751.jpg
木立を背負ったエリア。この辺りが人気でした。

c0030967_23305547.jpg
メインはこんな草原サイトです。

c0030967_23313938.jpg
池もあります。向こうに我が家のテントが。


c0030967_23323697.jpg
 広い場内にサニタリー棟が三箇所にあります。秋田杉で作られたログハウス風で、これがビックリするほど高規格なんです。まずは屋根が張り出した土間部分に、調理台付きの流しが8基。そのうち2基は子供でも使えるように低くなってます。普通キャンプ場の洗い場は、長い流しに蛇口が3~4個並んでいるのが普通ですが、ここは個別の流し台がそれぞれ背中合わせに配置されています。かなりゆったりとしたスペースで、調理台までついてるから雨の日も安心ですね。この流し台とは別に、コンロ洗い用の水栓も用意されてました。
c0030967_2333252.jpg


c0030967_23335892.jpg さて、キッチン(あえてこう呼びます)エリアの奥に、ガラス戸で仕切られたサニタリーエリアがあります。左右に男女別に設えられたサニタリー、まず洗面エリアにビックリ!真っ白なカウンターにキレイな洗面ボールが並んでいます。トイレはもちろん水洗。今は使用禁止になっていたけど、シャワーの個室も四つありました。内装はヒバの板張りで香りが良いし、もちろん虫なんていません。そして、人感センサーがついているので、入っていくと自動で次々と照明がつくのです!いやぁ、・・・凄い、凄すぎる!何度も言いますけど、タダなんですよ、ココ。でも掃除も行き届いてるし、どうやって運営してるんでしょうねぇ。こんなに超豪華設備なのに、利用する人があまりいないなんて勿体無いです。あ、人があまり来ないからキレイなのか?

ともかく、我が家のイチオシキャンプ場です。遠すぎるけどね。
c0030967_23343243.jpg


 さて、この日は朝から『比内地鶏の親子丼』を作って食べました。地鶏の出汁と地養卵、お肉タップリの贅沢親子丼です。ご飯もなかなかいい塩梅に炊けて、ンマ~イッ!思わず食べ過ぎてしまいました。それからゆるゆると撤収。かなり日差しが強くて汗だくになったので、タンクトップになって片付けていたらあっという間に日焼けしてしまいました。失敗した~。
c0030967_2334577.jpg
地鶏の親子丼、大成功~♪


 全てを車に積み込み、お昼前にキャンプ場を出発。帰途に着くのは夜中で良いので、八幡平にもう一度行くことにしました。今度は事前に犬連れOKの確認を取った、秋田側を歩きました。渓流を横切るコースだったので、ヴィッキーは水音に大興奮でした。泳ぐには岩だらけで浅すぎたけど、雰囲気はとても良かったです。コースの半分くらいで引き返し、次は大沼の周りの遊歩道をグルッと一周。色とりどりの花が咲いていてキレイでした。
 夕方、岩手側に下りて温泉に入り、晩ご飯を食べて10時ごろ東北道に乗りました。往きはかなりの渋滞で疲れたけど、帰りは順調でした。夏休み東北旅行、宮城・山形・秋田・岩手を周って総走行距離は2828km。キャンプ場とアクティビティエリアの往復で、結構距離を走りました。東北は紅葉の季節にまた行ってみたいエリアです。
[PR]
# by p-kom | 2006-08-29 23:24 | アウトドア
夏休み総括 八幡平トレッキング
ふつか続けて書いてます。ヨシヨシ。・・・あ、ブログの日付は無視してくださいね。今日は9月26日です。一ヶ月以上前の出来事を思い出しながら書くのはタイヘンです。ま、脳の老化防止っちゅーことで。

8月18日(金)
 朝からどんより曇り空。キャンプ場を出る頃にはポツポツ降ってきました。ヴィッキーの晴れオンナパワーでも、一週間ずっと晴れというのは無理みたいです。親子キャンプ場の管理棟の前で東の方向を眺めると、八幡平がまっすぐに見えます。でも雲の中。やっぱり雨なのか。
 キャンプ場からかろうじて舗装されている山道を10km下り、それから太平湖に沿ってクネクネと走って、ようやく最初の人里、比内町に出ます。地鶏で有名な比内です。町に入ってすぐ、大きなビニールハウスがいっぱい建っていました。モーツァルトがスピーカーから流れていて、何かなぁ~?と思ったら、比内地鶏の飼育場でした。ほぉぉ、クラシックを聴いてるとは、おハイソですな。
c0030967_2052640.jpg
 それぞれのハウスからゆとりをもってグルッと柵がしてあって、その中で地鶏ちゃんたちは放し飼いされていました。柵の前に車を停めて眺めていたら、ハウスの近くに三々五々いた地鶏ちゃんたちが何故か近づいてきました。写真撮っとこうと車の窓を開けたら、そそくさと離れていきました。で、窓を閉めるとまた寄ってくる。ナゾの行動です。飼育場の隣に大きな施設があって、そこが出荷場なのでした。小売はしてないよね、と車をスタートさせて少し走ると、三叉路の角にそこの看板があって、『直売』の文字が。あっ、買えるんだ。で、わざわざUターンして戻りました。(笑)シャッターの閉まった大きな倉庫の横にこじんまりとした事務所があって、そこで小売もしてました。冷凍とナマの二種類。一羽まるまるのお肉にガラが付いて、3800円だったかな?ナマの場合はレバーや砂肝やキンカンも付くそうですが、「ナマはちょっとお時間いただきますが」と言われ、ちょっとグロな想像をしちゃったんで冷凍にしました。大体これから山に行こうっていうのに、ナマは無いですよね。それから地鶏スープとか地鶏の出汁で炊いたお粥のレトルトとかも買いました。産直の地鶏ちゃん、きっと美味しいに違いないんだけど、隣で放し飼いされてるのを見ると、ちょっと涙です。

c0030967_2053448.jpg
 比内を後にして八幡平に向かいます。お昼の買出しを地元のコンビニで済ませてから八幡平アスピーテラインへ。まずはビジターセンターによって、どのコースを歩くかを決めることにしました。いくつかあるルートの中から、八幡平の頂上を通る湿原周回ルートを選択。ビジターセンターからさらに少し車を走らせて、一番上にある駐車場からスタートしました。この駐車場の標高は1500mちょっと、秋田と岩手の県境です。歩き始めた時にはかなりの雨。標高が高くて暑くないのがせめてもの救いかな。小さな沼をいくつか廻り、八幡平の頂上に到着。標高1613mなので、歩き始めて30分くらいでした。
c0030967_2055871.jpg
 そこから湿原を廻るコースなんですが、なんせ霧が濃くて辺りは真っ白。天気がよければ満開のお花畑が見えるはずなんですが、木道両側にうっすらとわかる程度。雨はどんどん強くなってくるし、お腹も空いてきたし、もう引き返そうかと思ったとき避難小屋がありました。とりあえずそこでお昼休憩。2階の軒下で半ば雨に濡れながらおにぎりをたべました。小屋の中から出てくる人たちが、「中に入って休めば?」と声をかけてくれるので、ちょっとのぞいてみました。4~5人の先客がいたので、「犬連れなんですけどいいですか?」と聞いてみると。一人のオバチャンが、「あ、私、犬ダメ。」と。まぁ、仕方ないんですけど。てっちんが、「もしオイラだったら、濡れながらおにぎり食べてる姿見たら、たとえ嫌いでもイヤとは言わないのになぁ。」とつぶやきました。一緒にいたご主人と思しきオジチャンは、「悪いね」という顔をしてたんですが、オバチャンは振り向きもせず。ああいうオトナにはなりたくないね。(笑)
c0030967_20121337.jpg


 結局そこから少し歩いたところの三叉路で、駐車場に戻ることにしました。避難小屋の脇に立っている案内板でルートを確かめてフト気付いたんですが、「ペット同伴禁止」のマークが。なぬぅ?どういうこと?ちゃんとビジターセンターで確認したのに。ちょっと腑に落ちないまま歩きました。誰かに咎められたら、「いいって言われました!」と強気に出てもいいのかな。でも、すれ違う人はみなさん好意的でした。あのオバチャンを除いてはね。駐車場に戻って気付いたんですが、もしかして岩手側は犬同伴禁止だったのかも。ビジターセンターは秋田側にあって、その周辺はOKってことなのかもしれません。
 まだ早い時間なので、アスピーテラインを岩手側に下りてどこかに寄って帰ろうということになりました。松尾~十和田までは高速で、後は米代川沿いに西に向かって比内の市街地まで。米代川もカヌーのいいゲレンデです。比内の道の駅で地鶏の卵を買おうと思ったのに売り切れ・・・。究極の親子丼を作ろうと思ったのにな。小さな畑が続く里道を走り、かなり鄙びた感じの温泉に浸かり、夕飯の買出しをしてキャンプ場に戻ったら真っ暗。空も暗いんですが、キャンプ場も暗い。3泊目にして、とうとう貸切状態になってしまったようです。60サイトの超豪華設備のキャンプ場に、たった一組というのもなかなか無いことですよね・・・。
 午後遅い時間には雨もすっかり上がって、星も見えるくらいに雲も晴れました。ユニセラに備長炭を熾して、比内地鶏と地場野菜のバーベキュー。お肉は歯ごたえがあってジューシー。ん~、ウマイッ。
c0030967_20121949.jpg

[PR]
# by p-kom | 2006-08-26 18:23 | アウトドア